[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「維新」 に関するテレビ情報

2017年5月19日放送 10:25 - 13:55 TBS
ひるおび! JNN NEWS

衆議院法務委員会で共謀罪法案採決へ。金田勝年法相は「一般の方々や団体を監視することはない」「捜査機関が権限を乱用することはない」と述べたが、民進党は反論。与党側は間もなく採決に踏み切る方針で、維新を含む賛成多数で可決される見通し。23日に可決して参議院に送りたい考え。

URL: https://o-ishin.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月25日放送 15:00 - 15:08 NHK総合ニュース・気象情報(全国のニュース)
衆議院憲法審査会が開かれ教育の無償化を憲法に盛り込むべきかについて、自民党が検討に値するという考えを示した他、日本維新の会は無償化を恒久的に実現するため盛り込むべきであると主張している。これに対し民進党は法律事項としての議論を深めることが重要だとして、必要はないという認識を示した。

2017年5月24日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
2時間遅れで始まった23日の“テロ等準備罪”を新設する法案の採決の結果、法案は自民・公明・維新の会の賛成多数で可決され衆議院を通過した。その頃、国会の外で約1300人のデモ隊が法案反対を訴えた。野党側は「数の力で押し切った」と抗議する姿勢を鮮明にした。一方、国連特別報告者のジョセフ・ケナタッチ氏は今回の法案について「適切にプライバシーを保護するための新たな特定の条文や措置が盛り込まれていない」と注文をつけた。これに対し官邸側は不快感を露わにしたが、参議院での採決に待ったをかけたい野党側の共産党の志位和夫委員長は「TOC条約批准を最大の錦の御旗にしながら、その肝心の国連から強い懸念、質問が寄せられているのに関わらず、問答無用の態度をとっている」と批判した。この法案は法律の専門家の間でも賛否が分かれている。衆議院で、採決を強行したい与党。審議時間が足りないとする野党。反対派の意見として、日弁連の海渡弁護士は、マンションの反対運動で、みんなで集まったときに、その時点で組織的な威力業務妨害罪などになりかねないという。市民の活動が狙われる可能性が高い。賛成派の日弁連の木村慶次郎弁護士は、一般市民は、捜査対象になることはないという。重大犯罪と認定されない限りは捜査は始まらないという。この法案は、今回の国会で成立するのか。

2017年5月24日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(ニュース)
きのう、テロ等準備罪法案が自民・公明などの賛成多数で衆議院で可決された。しどろもどろの答弁で批判された金田勝年法相は、引き続き丁寧に説明していきたいなどと述べた。民進党・蓮舫代表は、とても納得できないなどと批判。参議院での審議は民進党が応じないため、来週以降にずれ込む見通し。

2017年5月24日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
「テロ等準備罪」の新設法案は自民・公明・維新などの賛成多数で可決となり参議院に送られた。これを受け、自民党は今日の参院本会議での審議入りを提案したが、民進党は参院法務委員会では別の法案が審議されてるとして拒否。与党側は安倍首相がG7サミットから帰国後、来週29日にも参院本会議で審議に入り、今の国会で確実に成功させる方針。自民党の竹下国対委員長は「来月18日が会期末。厳しい日程の中で参院の皆さんに懸命の努力をしてもらい、何としても今国会で可決・成立をさせる」と発言。安倍首相は「衆院通過は節目だが、まだ半分だ」と述べ、緊張感を持ち参院審議に臨む考えを示した。これに対し民進党の蓮舫代表は「熟議は不必要だという姿勢が非常に残念。審議が深まらなかったのは金田法相の答弁能力の無さ。参院では慎重に審議するべき」と語った。野党側は「国連特別報告者からも懸念されるもので、法案は人権侵害に繋がるものだ。徹底した審議を通して廃案に追い込みたい」として、来月18日の会期末もにらみ、与野党の駆け引きが続く見通し。

2017年5月24日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!朝刊まるわかり
共謀罪の趣旨を含む新法案が衆議院本会議で自民・公明・維新の賛成多数で可決され、衆議院を通過する。参院での審議入りについて自民・松山政司参院国対委員長は民進の榛葉賀津也参院国対委員長に24日を提案したが、榛葉氏が拒否し29日になった(朝日新聞)。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.