TVでた蔵トップ >> キーワード

「日本維新の会」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 1分でわかる最新ニュース

テロ等準備罪新設の法案は昨日衆議院法務委員会で与党と日本維新の会の賛成多数で可決された。与党側が来週23日に衆議院通過させたいとするのに対して野党側は採決は無効と反発を強める。

URL: https://o-ishin.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月24日放送 4:00 - 5:25 TBSはやドキ!NEWSアイキャッチ
愛知・刈谷市で元自民党市議4人の会派が8月10日、「市民ファーストの会」に名称変更をした。所属する神谷まさひろ市議は「市民の声を届けることが原点。市民第一という名前に改変する中で「ファースト」という言葉があちこちで聞かれていた」などと話した。「都民ファーストの会」とのつながりはないという。同じ「ファースト」の文字を掲げ、政治活動を行う動きが全国で急増している。仙台市議会議では市議5人が8月17日に新会派「市民ファースト仙台」を結成。所属する我孫子雅浩市議に話を聞くとマネしたわけではないなどと話し、「都民ファーストの会」とは無関係だと説明した。JNN調べでは「都民ファーストの会」からの公認や連携をしていない”ファーストの会”は全国で少なくとも46設立されている。
国政政党「日本維新の会」とは関係のない地域政党「日本維新の会」を立ち上げ、先月選挙に出馬し物議を醸した”維新の松ちゃん”こと松下幸治さん。国政政党「日本維新の会」の松井一郎代表から「こそくな手段」と批判されるが当選した。松下氏は選挙ポスターには「維新の会」以外にも「小池塾1期生 奈良市民ファースト」の文字があった。急増する「ファーストの会」に「都民ファーストの会」は「一般の有権者の皆様に誤解を生じさせているとすれば残念」などとコメントしている。

2017年8月23日放送 9:28 - 11:13 テレビ東京なないろ日和!新都議会スタート!東京の明日へ 東京都議会各会派代表にきく
大山氏は「都民の暮らし・福祉を充実させることについて。国民健康保険料が毎年値上げされ深刻。自営業者で営業所得が370万円の方の保険料は年間60万円で、負担が大きい。都が支援して引き下げるようにしたい。国民健康保険は、社会保険に加入している方も退職すれば加入するので、全ての都民の問題。収入がない人も均等割があるが、子供は減額してほしい要望は当然。前期高過ぎる保険料を引き下げる条例提案をした。他会派の賛同も得て、今期は実現させたい」などと言った。中村氏は「教育・子育て政策。待機児童問題も深刻。子供の安全の確保、児童虐待やいじめや自殺など、取り組んでいきたい。子育て世代が経済的に厳しく、支えていく。学校給食の無償化。社会全体で支えて、次の世代を育てていく。支え合いの考えで政策をやっていく必要がある。高齢化対策を考えると、まず少子化対策も必要」などと言った。増子氏は「スモークフリー社会。いわゆる受動喫煙対策。罰則を伴うものだと関係機関との協議が必要で、一定期間要する。子供の受動喫煙対策に取り組んでいる。子供は自らの意思で避けられないので、保護の必要性が高い。措置が講じられていない施設には子供を連れて行かない、車などでタバコを吸わないなど啓発的内容を持った条例を提案したい。家庭内なので努力義務として理解できる内容にしたい」などと言った。橘氏は「豊洲市場の移転。食の安心・安全が最優先。安全対策を講じた上で、早く移転すべき。小池知事は都議選前に移転すると決断。高く評価したい。今回の補正予算において、安全対策を講じる、移転準備費用に講じられ、実行に移されるようにしたい」などと言った。秋田氏は「臨時会において共産党・民進党・維新と共に豊洲市場移転問題特別委員会設置を求めたが、否決。問題の重要性は変わらない。都議選3日前に知事から築地市場・豊洲市場両方生かす発言があったが、今日まで議会には報告・説明なし。都民だけでなく、全国的に関心が高い。オリンピック・パラリンピックに影響を及ぼす事象。あらゆる機会を通じて取り組みたい」などと言った。
増子氏は「20期最初の本会議で、議会改革委員会の設置を提案し、スタート。今回の検討会は公開。公用車や政務活動費問題の他に、知事が議会に反論できるものを含んだ議会基本条例や、議員の口利きを禁止するものなど進めたい。各会派の協力を賜りたい」などと言った。橘氏は「受動喫煙防止条例の制定を推進したい。WHOによると、最低レベルの判定。2020年の東京大会がある中で、真剣に考えるべき課題。まずは子供の受動喫煙防止に取り組む」などと言った。秋田氏は「地方議会の仕事は何か。知事を始めとする行政機関へのチェック機能を果たすこと。誰が知事でも、どの党・会派でも変わらない仕事。当たり前を謙虚に愚直に取り組みたい」などと言った。大山氏は「議会改革について、できることは進めていく。議会質疑の活性化の点で予算特別委員会の常設。補正予算も特別委員会で審議しようと。知事が出した基本方針は、都民に約束した無害化、土壌も地下水も環境基準以下にすることを撤回する、これは基本問題。知事と一問一答できる予算特別委員会を提案。合意できなかった。スウェーデンとほぼ同じ予算を持つ東京都なので常設は必要。特別委員会も含めてネット中継できるとか、都民から請願や陳情があり、意見を聞く場を設けるのも必要」などと言った。中村氏は「都議会・都政の改革を進めたいと思っている。仕組みだけでなく、都民生活の向上にある。超高齢社会問題がある。元気で永く暮らせる社会を実現できる、世界一を目指すのは東京都に住んで良かったと思える街を作ること。議論を活発にすることで、都民が幸せになれるよう取り組みたい」などと言った。
この後、都議会の臨時会が今月28日~9月5日開かれる。豊洲新市場での安全対策を盛り込んだ補正予算などが審議される。小池知事はこの1年種を蒔いてきたと、これからは芽吹かせていく段階と言っていた。佐藤氏は「2年目で猶予がない。どう太い幹にしていくのか注目。都議会の熱意にかかっている」などと言った。

2017年8月21日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
スタジオトークが展開された。小池派新党も含めて民進党の代表選は絡んでくる。前原氏や枝野氏の共通項として挙げられるのはリアリストということだ。そのためどの党がどう組むかは分からないという風に見たほうが良い。有権者からしたらリアリストなのはどうなんだ。問題は受け皿という言葉がブームになっていることで、その受け皿が何の受け皿になるのかということがはっきり見えれば有権者は支持をする。そしてリアリストの人たちがその受け皿を作って1つになるという可能性もゼロではない。などとコメントした。

2017年8月21日放送 5:45 - 7:05 テレビ東京Newsモーニングサテライトプロの眼 MONDAY
幼児教育の無償化の問題点として、メインとなりそうなのが、企業からの拠出金とこども保険をあげた。広く負担をしてもらい不公平感を無くすような制度設計に変更する話もでてくるか。大学無償化の問題点として、授業料、財源、導入の是非、をあげた。現状、進学率80%、定員割れもおきている。教育無償化の話がでてきたのは、日本維新の会が改憲項目にあげたから。現政権は、日本維新の会を取り込むため、無償化に道筋をつけたいのかもしれない。

2017年8月16日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
国会・地方議員年金は廃止後も年間600億円を超える税金が使われている。議員年金を復活させる法案が次の国会にも提出される見通しになっていて、さらに税金の投入が懸念されている。議員年金が批判されていた訳には受給額の高さがあり、制度廃止後の60年間で1兆3600億円もの税金が必要だと言われている。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.