[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「旭物産 小美玉工場」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:00 - 5:50 日本テレビ
Oha!4 NEWS LIVE (ニュース)

もやし生産者で作る協会が「日本の食卓からもやしが消えるかも」と訴えている。渋谷の専門店「もやし」では、もやしとりんごをつつんで揚げたスイーツなどが人気。「スーパーイズミ業平店」(墨田区)にはもやしのセールが行われていた。「旭物産 小美玉工場」では1日20万袋を製造しており、出荷まで9日かかるという。原料の緑豆は価格は2005年に比べ3倍近くに高騰し、小売価格は10%近く下落している。もやし生産者協会・林正二理事長は、収益悪化の一方で廃業するもやし生産者が相次いでいる現状を語った。
もやし生産者が安すぎる小売価格の見直しを求めている。スーパーイズミ・五味衛代表取締役は、「みんな価格が上がってくれれば、うちもそうしたいが」と話した。一方、渋谷区の専門店「もやし」の茂垣健士店長は「価格が上がってしまうと毎日とっているものなので、きつい」と話した。もやし生産者協会は経営安定には40円程度での販売が必要としている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月19日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(特集)
秋田県の田畑が広がる一角にある工場は去年3月に閉鎖されたモヤシ工場でかつては従業員8人を抱え1日1万袋以上のモヤシを生産していた。しかし7000万円近くの負債を抱え廃業した。8年前は230社以上あったモヤシの生産者数は100移譲が廃業、倒産し今では130社以下になった。このもやしは家計にとっては低価格で救世主となっているが生産現場では悩ませていた。またモヤシは天候に左右されることがなく安定の生産が出来るため生産業者が増加し低価格競争に拍車をかけている。この工場の元社長は「売値が上がっていれば乗り切れたかもしれない」と話した。

2017年6月6日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
工場で大量栽培されるもやしは天候や気候に左右されることなく収穫が可能で価格も安定していることから物価の誘導性とも言われている。しかし、日本の食卓からモヤシが消えてしまうかもしれない深刻な事態が起きている。茨城県にあるもやしの製造工場では1日に40t、20万袋分のもやしを作っているが、年間数千万円単位の赤字になっているという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.