[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「明治天皇」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 7:30 - 8:00 テレビ東京
歴史の道 歩き旅 (忍者の里から井伊家ゆかりの地・彦根を目指す旅)

滋賀県甲賀市・土山宿本陣跡。お殿様たちが宿泊した部屋には、明治天皇が宿泊し、この場で17歳の誕生日を迎えられたことも。土山基さんは、ここがリングに見えて友達とプロレスごっこをして叱られたなどと明かした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月25日放送 1:00 - 2:22 NHK総合NHKスペシャル私たちと「象徴天皇」
徳永圭一キャスターは125代続いたとされる歴代の天皇が記されたパネルを紹介し、明治天皇以降は前の天皇の薨去により即位したと説明。先週、政府の有識者会議は最終報告をまとめ、来月にも「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案」の審議が行われる。法案が成立・施行されると天皇陛下は退位し、上皇になられる。そして皇太子さまが次の天皇に即位される。御厨貴氏は「上皇、天皇陛下、皇嗣殿下が皇室を担っていくのが明確化、分かりやすく言えば皇室はよりカラフルになる」と考えているという。高森明勅氏は「国民に問われているのは2つの天皇像の対立。国民に寄り添う天皇像なのか、それとも憲法を窮屈に解釈した、ロボットのように書類に判を押すだけの天皇像なのか」と語った。
有識者会議によるヒアリングで退位に反対の立場だった八木秀次氏は「終身在位制がとられた1つに当事者の意志による退位を認めてしまうと、当事者による即位拒否、短期間の退位を認めることになる」と話し、皇位継承権が数人しかいないなかで皇位の安定性などを揺るがしかねないと懸念している。片山杜秀氏は「昭和天皇がやられてきたことをお子様である今上天皇は大変実践されてこられた。それをやれなくなったら摂政ですむという理屈をとらず、天皇というのは国民と触れ合っていないと天皇ではないからやめるという思想的なご意見を表明された。戦後民主主義における天皇像の1つの究極の回答」と話した。河西秀哉氏は「退位をきっかけに象徴天皇とは何か、象徴天皇に何をしてほしいのか、これから根本的に国民が考えていかなければならない」と語った。
昨年の1年で天皇陛下がお務めの数は「1700余」で、憲法で定められている天皇のお務め「国事行為」は法律の公布、勲章の授与などが該当。宮中晩餐会といった「公的行為」、「その他の行為」には宮中祭祀が当てはまる。交流する国の数が増加するに比例して、公的行為は平成に入って増加している。

2017年5月10日放送 11:55 - 13:55 日本テレビヒルナンデス!都バス窓際旅
日本最古の鉄船・重要文化財の明治丸の船内を見学した。作りは洋風で歩く音が響かないよう階段は鉛製。細かな気配りが随所に散りばめられ、気品漂う豪華な作りとなっている。テーブルはマホガニーを使用している。そして長イスは通路を確保するため背もたれが動く。また1本のろうそくでサロン・船室の照明を担っている。明治丸の開館日は火曜・木曜・第1・3土曜日。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.