[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「曽根肇氏」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:00 - 5:50 日本テレビ
Oha!4 NEWS LIVE (ニュース)

豊洲移転問題を調査する百条委員会で石原元都知事の証人喚問が行われたが、新たな事実は出てこなかった。石原元都知事の後ろには医師がスタンバイする形で百条委員会はスタートした。石原元都知事は冒頭で脳梗塞の後遺症で記憶が思い出せないことがあると語り、豊洲移転については前任者からの既定路線だったと語った。また土壌汚染については、部下や専門家の意見に従ったと語っており、巨額な汚染対策費の負担について、契約内容については「覚えてない」と語っている。傍聴した人は今回の百条委員会について「どうどう巡りな話だった」と語っている。小池都知事は百条委員会に石原元都知事が出席したことについて「前回の記者会見の時とあまり出てなかったと思う」と語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月24日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE@永田町
東京都議会議員選挙の告示まで、あと1か月に迫った。先週、神奈川県の工場では、急ピッチで選挙カーの準備が進められていた。これは、小池都知事が議会議員選挙で使用するもの。この日、選挙カーに登ってマイクを握った小池知事は、森友学園を、めぐる問題で注目された“忖度”という言葉を使い、自民党都連を猛攻撃した。日本テレビの取材でも、「忖度政治の原点と言えるのが、自民党の都連ではないかな」などと述べた。これまで自民党都連は、槍玉に挙げつつも、安倍政権の批判を控えてきた小池知事が、ついに政権批判を解禁した。一気に加熱してきた自民党vs小池知事の全面対決。
自民党内からは、「築地市場移転問題で結論を長引かせていることに批判が出ている、勢いにも陰りが出ている」との声も。都民ファーストの会は、都議選の公約で、豊洲問題の明確な方針を示さなかった。自民党はこの点を突き、小池氏を“決められない知事”と批判を強めている。都議会自民党を束ねる高木啓氏は、「(菅官房長官は)必ず行くからね」と言われたとし、安倍首相や政権幹部も次々に応援に入る総力戦を展開するとみられる。
激しい選挙戦が予想されるのが北区。自民党と都民ファーストの会の幹事長が激突。まさに命運を賭けた戦い。この日、小学校の運動会に集まったのは、北区選出の現職都議4人。北区は、今回の選挙で定数が1つ減り、3枠を4人で争うため、現職4都議のうち、1人は必ず落選する。この選挙区で、自民党・高木幹事長に対抗して出馬するのは、音喜多駿幹事長。この日は駅前で、小池都政の実績をアピールしたが、説明に追われる場面もあった。同じ選挙区で、小池知事との連携をアピールするのが公明党・大松成氏。今月始め、小池知事が応援に駆けつけた際には、全国各地から多くの公明党支持者が集まった。さらに共産党から立候補するのは、曽根肇氏。今回の選挙では、小池知事の政策に是々非々の立場。事務所では、支持者が電話作戦を開始していた。告示まで1か月、果たして都議選の行方は?

2017年5月23日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
都議選告示まで1ヶ月に迫った。小池都知事は週末、街頭演説で自民党批判を繰り返した。自民党も小池都知事に対する批判を強めており、対決ムードが高まっている。神奈川の工場では小池都知事が都議選で使用する選挙カーの準備が進められていた。小池都知事は演説で「忖度をやってきたのは自民党」などと攻撃していた。また安倍政権への批判も会見し、全面対決の様子を見せている。自民党都連幹部は築地市場移転問題で結論を長引かせているなどとも批判している。自民党の注目は豊洲移転問題であるが、都民ファーストの会は都議選の公約で豊洲問題の明確な方針を示さなかった。都議会自民党の高木啓幹事長は、政権幹部も応援に入るなどと話した。
激しい選挙戦が予想される北区。この日小学校の運動会に北区選出の都議4人が集まった。北区は議員定数が減ったため、現職のうち1人は必ず落選する。都民ファーストの会幹事長・音喜多駿都議はJR赤羽駅前で小池都政をアピールするなどした。同じ選挙区で小池知事との連携をアピールする公明党・大松成都議は、小池知事が応援に来た際には遠方から多くの公明党支持者が集まった。共産党・曽根肇都議は闇の都政を終わらせるチャンス、などと演説で述べ、小池知事の政策には是々非々の立場を取っている。事務所では支援者らが電話作戦を展開していた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.