[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「朝鮮中央テレビ」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード 政治クリップ

中国が主導する一帯一路構想について話し合う国際会議が中国北京で行なわれ、日本を代表して二階幹事長が出席した。 二階幹事長は全ての国に開かれたものとして、また国際スタンダードに適合した質の高いものとして推進されることを期待するものとすると話した。日本では以前から中国の海洋進出など覇権主義に繋がる恐れがあるとの懸念を示していた。しかし記者団には日本も積極的に協力する決意だと述べた。二階氏が積極的に寄り添うその理由は日本が直面する北朝鮮の核ミサイル問題の中国側からの協力を得たいと狙いもある。公演の冒頭、二階氏は北朝鮮のミサイル発射を強く非難。日本側が北朝鮮代表団に抗議しようと試みるも無視される一幕もあった。 二階氏がその後も国連のグテーレス事務総長や韓国の代表者らと精力的に会談を行い、北朝鮮の核ミサイル問題の協力を求めた。
会議が閉幕した翌日、二階氏は習近平国家主席と会談。習主席との会談が固まったことが伝えられたのは会談の6日前、序列を重んじる中国で中国のトップと日本の与党幹部との会談が早く決まるのは異例で、政府関係者は予想外の高待遇だと言う。会談は17分行なわれ、二階氏は冒頭、安倍総理からの親書を渡した。習主席はその場で開き目を通したとのこと。出席者によるとその雰囲気は終始極めて和やかだったという。二階氏は習主席に北朝鮮問題の協力を求めたほか今年が日中国交45周年という節目を迎え、先送りされている日中韓サミットなど念頭に習主席を含む政府要人の総合往来を要望した。習主席は検討していきたいと返答。 また、中国側から延期が続いている日中の与党議員交流を8月に行いたいと提案もあった。出席者の一人は日中首脳会談の地ならしはできたとするが、中国はこの秋に指導部が大幅に入れ替わる共産党大会が控えていて、習主席としては今後どこまで日本の要望に答えるのかは不透明。新華社通信は一帯一路構想を明確に肯定したと報道する一方で、北朝鮮のミサイル問題や要人往来については報じていない。
二階氏は自らの人脈を活かし、過密のスケジュールをこなした。同行した関係者は中国は今の安倍政権内に 太いパイプを持つ存在が不在で二階氏を重要なキーマンだと位置づけたのではと解説する。帰国後総理と会談した二階氏はここから先は政府がしっかりおやりをいただきたいと述べた。二階市の地ならしに対し、政府は日中首脳会談などを実現できるかどうか今後真価が問われる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月25日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
明日から始まるG7サミットに向けて今日午前イタリアに向けて飛び立った安倍総理。2週続けて弾道ミサイル発射し暴走を続ける北朝鮮に対し世界のトップ達はどう立ち向かうのか?

2017年5月25日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットワイドショーニュース
今週日曜日「北極星2型」が発射し、技術力を誇示するような「ミサイルからの映像」を公開した。国連安全保障理事会は23日、2週連続となる緊急会合を行い日本やアメリカなどが北朝鮮の規制強化を強調した。発射は「プクチャン」付近と思われたが、約22km離れたヨンプン湖のほとりで行われたという。レーダーで察知されにく場所とされているが、党委員長が視察した場所近くであり、金正恩氏は「科学者のための保養所」と話したという。科学者の中にいると指摘する元韓国防衛省分析官・高永氏は「党軍需工業部・副部長というミサイル技術の天才的な能力と技術力を持つ人がと言われている」などコメントした。ロケット・ミサイル開発の総責任者で、天才科学者と呼ばれており、光明星4号の総指揮でもある。6日のミサイル発射の祝賀会では、金正恩の夫人の隣にうつし出されていた。たばこを持つ姿もあり、今月14日には火星12型が高度約2000キロ飛んだ時も一緒にいる姿がうつしだされていた。

2017年5月24日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
北のミサイル技術向上には天才科学者がいるという。5年間で40発以上の弾道ミサイルを発射している金正恩。北極星2型で実験ではいつでもどこでも発射可能と示した。急速な進歩には天才科学者キムジョンシク氏が関わっているという。打ち上げの写真にも金正恩の近くで写っている。キムジョンシク氏はNADAに所属しているという。元脱北者の北朝鮮研究センターの所長は開発の右腕で若い頃から天才だったという。大学卒業後628エンジン研究所でミサイルに使われるエンジンを研究していたという。去年4月固体燃料へ転換し金正恩の熱い信任を得たという。光明星4号の発射成功の祝賀会でジョンシュク氏の席は金正恩の妻の隣という破格の待遇を受けていた。金正恩はICBMの完成に自信を持っていた。アメリカ国防情報局のスチュワート長官は議会でアメリカ本土を脅かす核ミサイルを開発すると証言した。

2017年5月24日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタトクする!3コマニュース
今月21日に北朝鮮が発射した北極星2型。発射には高度な技術が必要な固体燃料が使われたとみられ、技術の進歩に各国は警戒を強めている。国連の安全保障理事会は23日、2週連続となる緊急会合を行い、日本やアメリカなどが北朝鮮への規制強化を強調したという。緊張が高まる中、アメリカの北朝鮮分析サイト「38North」が今回の実験の分析結果を公開した。今回の発射は北朝鮮の西部プクチャン付近で行われたとみられていた。しかし38Northによると、プクチャンから約22km離れたヨンプン湖のほとりで行われたという。確かに映像の中には湖らしき場所が映っている。ミサイルはなぜここから発射されたのか。2014年に金正恩氏がヨンプン湖付近を視察した際の映像には北朝鮮のミサイル開発を支える重要な施設があった。

2017年5月24日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
おととい北朝鮮は金正恩委員長のミサイル視察写真を公開した。写真の中にはミサイル開発の中心人物が映っている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.