[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「朝鮮中央テレビ」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード 政治クリップ

中国が主導する一帯一路構想について話し合う国際会議が中国北京で行なわれ、日本を代表して二階幹事長が出席した。 二階幹事長は全ての国に開かれたものとして、また国際スタンダードに適合した質の高いものとして推進されることを期待するものとすると話した。日本では以前から中国の海洋進出など覇権主義に繋がる恐れがあるとの懸念を示していた。しかし記者団には日本も積極的に協力する決意だと述べた。二階氏が積極的に寄り添うその理由は日本が直面する北朝鮮の核ミサイル問題の中国側からの協力を得たいと狙いもある。公演の冒頭、二階氏は北朝鮮のミサイル発射を強く非難。日本側が北朝鮮代表団に抗議しようと試みるも無視される一幕もあった。 二階氏がその後も国連のグテーレス事務総長や韓国の代表者らと精力的に会談を行い、北朝鮮の核ミサイル問題の協力を求めた。
会議が閉幕した翌日、二階氏は習近平国家主席と会談。習主席との会談が固まったことが伝えられたのは会談の6日前、序列を重んじる中国で中国のトップと日本の与党幹部との会談が早く決まるのは異例で、政府関係者は予想外の高待遇だと言う。会談は17分行なわれ、二階氏は冒頭、安倍総理からの親書を渡した。習主席はその場で開き目を通したとのこと。出席者によるとその雰囲気は終始極めて和やかだったという。二階氏は習主席に北朝鮮問題の協力を求めたほか今年が日中国交45周年という節目を迎え、先送りされている日中韓サミットなど念頭に習主席を含む政府要人の総合往来を要望した。習主席は検討していきたいと返答。 また、中国側から延期が続いている日中の与党議員交流を8月に行いたいと提案もあった。出席者の一人は日中首脳会談の地ならしはできたとするが、中国はこの秋に指導部が大幅に入れ替わる共産党大会が控えていて、習主席としては今後どこまで日本の要望に答えるのかは不透明。新華社通信は一帯一路構想を明確に肯定したと報道する一方で、北朝鮮のミサイル問題や要人往来については報じていない。
二階氏は自らの人脈を活かし、過密のスケジュールをこなした。同行した関係者は中国は今の安倍政権内に 太いパイプを持つ存在が不在で二階氏を重要なキーマンだと位置づけたのではと解説する。帰国後総理と会談した二階氏はここから先は政府がしっかりおやりをいただきたいと述べた。二階市の地ならしに対し、政府は日中首脳会談などを実現できるかどうか今後真価が問われる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月23日放送 11:30 - 11:45 日本テレビNNN ストレイトニュースNNN ストレイトニュース
アメリカの複数のメディアは当局者の話として、「北朝鮮が21日、ICBMに使われる可能性があるロケットエンジンの燃料実験を行ったが、実験が成功したかどうかは分らない。」と報じた。

2017年6月22日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
ミサイルが日本に落下するおそれがあるときに政府は明日からテレビCMや新聞インターネット広告をする予定だという。そんな中韓国のムン・ジェインが平昌五輪を北朝鮮と共催検討をした。都鍾煥は平昌を訪れ平和なオリンピックのため北朝鮮のマシンニョンスキー場で一部競技の開催を検討した。直線距離にして200キロ離れたスキー場は金正恩委員長の指導で7か月で完成したとされる。北朝鮮のIOC委員は経由地の北京でマシンニョンはオープンだとした。都氏は女子アイスホッケーの南北合同チーム結成や平壌北朝鮮での聖火リレーについても言及した。かつてシドニーオリンピックで韓国北朝鮮の合同行進はあったが共同開催はしていない。最新の世論調査で83%という高い支持率を維持している。ソウル市民は賛成派反対派に分かれていた。テスト大会が終了済みなため南北開催の可能性を疑問視する声もあるが賛成の声もある。今月下旬バッハ会長が韓国を訪れる予定だ。

2017年6月21日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ630関心事
来年に韓国の平昌で開かれる予定の冬季五輪について、北朝鮮との共同開催を目指す案が浮上した。その舞台になると見られているのが、馬息嶺スキー場。広さ1400万平方メートル、5000mの長さを持つ国際的にも大規模な施設で、「将軍様のスキー場」とも呼ばれる。金正恩党委員長の指示で2013年にスキー場の建設が開始、馬息嶺速度のスローガンの元、大勢の軍人を動員し建設が進められた。その年の暮れには委員長自らがリフトに乗り、世界に誇るスキー場の完成をアピールした。金委員長が推し進めているのは
金委員長が推し進めているのが、体育強国の建設。サッカー学校を開校するなどスポーツによる国威発揚を目指している。馬息嶺スキー場は金委員長の目指す体育強国のシンボルと言える。文在寅大統領は北朝鮮に融和的で、金委員長との対話の足がかりにしようとする考えが見え隠れする。しかし韓国政府は共同開催案を完全否定したが、その一方で女子アイスホッケーの南北合同チームの検討を韓国側は行っている。

2017年6月20日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
父親は「北朝鮮による拷問まがいの扱い」と批判。またトランプ大統領も「北朝鮮は凶暴な政府」と非難した。出演者らは北朝鮮の行為にショックを受けているようだった。八代英輝は「北朝鮮の説明は意味不明」と指摘した。

2017年6月20日放送 10:05 - 10:15 NHK総合くらし☆解説くらし☆解説
ミサイル飛来の避難訓練から見えたものを解説した。北朝鮮はミサイル発射を頻繁に行っているがこうしたことから新潟・燕市で訓練などが行われていた。この地域は田んぼなどが広がる地域だったが村などでは場外スピーカーの放送などでミサイル飛来を呼びかけていて、農作業をしていた住民などが慌てて軒下などに避難していた。だが田んぼなどでは屋根や壁があるような建物はなく、隠れれるようなところも限定していることからこの住民達は農水路の下などに隠れていた。この訓練には約100人が参加したといい、大きい混乱はなかったというがこれは人数が少ないことや予め訓練が分かっていた影響が強いという。こうした訓練が行われた背景には北朝鮮が実際にミサイルを発射し朝鮮中央テレビなどで告知しているためだがこの訓練では国がとる対応を訓練を通して知ってもらうことが狙いだという。(朝鮮中央テレビ)
現状の日本のミサイル防衛などを解説。地上ではPAC-3、海上にはイージス艦で対応していて、北朝鮮からの発射の場合まずイージス艦から迎撃ミサイルを発射し、撃ち漏らしたりしたときはPAC-3で対応するという。だが完全に撃ち落とせるわけでないことから政府は「国民保護ポータルサイト」で説明しているといい、防災無線で特別なサイレン、携帯、スマホに緊急速報メールを配信することになっていた。そこでこのアドレスを公開したがこのポータルサイトでは避難の仕方が具体的にあるということで外では地面に伏せる、建物内では窓から離れるといったことを解説した。
だがこうした対応には専門家から指摘もされているということで静岡県立大学の小川和久教授に聞いた。小川特任教授だが優先順位を決めて訓練をすべきとしていて、具体的にミサイルが落下するまで約8分かかるというがJアラートでは発信するのが発射から約4分かかることを指摘していた。
こうしたことから不安にもなるが実際には北朝鮮からの脅威が高まっているわけではなく、むしろ日本にミサイルが当たるようなことになればアメリカもロナルド・レーガンやカール・ビンソンなどを展開していることから北朝鮮の体制が崩壊することになるとの推測を話した。これは朝鮮労働党の金正恩委員長も理解しているとしていて、そしてアメリカも空母を展開しているとはいえ先に行動するようでは日本や韓国に被害が出ることを理解していると解説。こうしたことから外交が重要としていて、不安になりすぎず万が一に備える心構えをしておく必要があるとしていた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.