[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「朝鮮中央テレビ」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 4:00 - 4:15 TBS
TBSニュースバード 政治クリップ

中国が主導する一帯一路構想について話し合う国際会議が中国北京で行なわれ、日本を代表して二階幹事長が出席した。 二階幹事長は全ての国に開かれたものとして、また国際スタンダードに適合した質の高いものとして推進されることを期待するものとすると話した。日本では以前から中国の海洋進出など覇権主義に繋がる恐れがあるとの懸念を示していた。しかし記者団には日本も積極的に協力する決意だと述べた。二階氏が積極的に寄り添うその理由は日本が直面する北朝鮮の核ミサイル問題の中国側からの協力を得たいと狙いもある。公演の冒頭、二階氏は北朝鮮のミサイル発射を強く非難。日本側が北朝鮮代表団に抗議しようと試みるも無視される一幕もあった。 二階氏がその後も国連のグテーレス事務総長や韓国の代表者らと精力的に会談を行い、北朝鮮の核ミサイル問題の協力を求めた。
会議が閉幕した翌日、二階氏は習近平国家主席と会談。習主席との会談が固まったことが伝えられたのは会談の6日前、序列を重んじる中国で中国のトップと日本の与党幹部との会談が早く決まるのは異例で、政府関係者は予想外の高待遇だと言う。会談は17分行なわれ、二階氏は冒頭、安倍総理からの親書を渡した。習主席はその場で開き目を通したとのこと。出席者によるとその雰囲気は終始極めて和やかだったという。二階氏は習主席に北朝鮮問題の協力を求めたほか今年が日中国交45周年という節目を迎え、先送りされている日中韓サミットなど念頭に習主席を含む政府要人の総合往来を要望した。習主席は検討していきたいと返答。 また、中国側から延期が続いている日中の与党議員交流を8月に行いたいと提案もあった。出席者の一人は日中首脳会談の地ならしはできたとするが、中国はこの秋に指導部が大幅に入れ替わる共産党大会が控えていて、習主席としては今後どこまで日本の要望に答えるのかは不透明。新華社通信は一帯一路構想を明確に肯定したと報道する一方で、北朝鮮のミサイル問題や要人往来については報じていない。
二階氏は自らの人脈を活かし、過密のスケジュールをこなした。同行した関係者は中国は今の安倍政権内に 太いパイプを持つ存在が不在で二階氏を重要なキーマンだと位置づけたのではと解説する。帰国後総理と会談した二階氏はここから先は政府がしっかりおやりをいただきたいと述べた。二階市の地ならしに対し、政府は日中首脳会談などを実現できるかどうか今後真価が問われる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月18日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
今日、北朝鮮ミサイルに備え、中国・四国地方の202市町村などを対象に緊急情報の送受信訓が行われた。北朝鮮はミサイルの発射ルートとして3つの県を予告。自治体の職員は防災行政無線で自動的に音声が流れたか確認にあたった。Jアラートの緊急情報は専用の機器を通じて島の住民や山間の人達にも。一方、トラブルも相次いだ。島根・岡山県では県の防災メールで配信されたテスト電文が文字化けして読めなかった。鳥取県米子市では、防災行政無線の音声が流れないトラブルが起きた。高知市・高知県土佐町でも同様のトラブル。また高知県土佐町、徳島県那賀町では各家庭で情報受信する端末が作動しなかったという。Jアラートをめぐっては5年前北朝鮮が事実上の弾道ミサイル発射した際にもトラブルが起きていた。一方、日米の外務・防衛閣僚協議では各国と協力して北朝鮮に圧力をかけ続けることで一致。そして今日、安倍首相はダンフォード統合参謀本部長と会談し日米同盟の強化に積極的に取り組む考えを伝えた。そして、ダンフォード氏は自衛隊の統合幕僚長とも会談し、日本の弾道ミサイル防衛の能力向上に協力していく考えを示した。

2017年8月18日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
ワシントンで日本時間きのうの午後11ごろ日米の外務・防衛閣僚による「安全保障協議」が行われ、約3時間かけて緊迫する北朝鮮問題への対応などを協議した。ティラーソン国務長官は「軍事的な準備は整っている。その道は望んでいない」と外交+経済で圧力をかけ続けるとしたが、マティス国防長官は「もし日本やグアム、アメリカ 韓国にミサイルが発射されたら瞬時に対応して撃ち落とす」と述べた。緊迫する中、北朝鮮では「米本土全域が我々の射程内にある!」などと書かれたポスターが公開され、ミサイルが相次いでアメリカに飛んでいくものや孤立や制裁などの文字を北朝鮮の戦車が踏み潰して進むものなどがある。3日後の米韓合同軍事演習に対して、まきを背負って火の中に飛び込む愚かな行動だと報じている。北朝鮮はアメリカと「本気でことを構えるつもりはない」との指摘もあり、15日放送の映像で金委員長の背後に映るグアムのアンダーセン空軍基地の写真が6年前のものだと報じられ、軍なら最新の衛星写真を持っているのが普通でグアム攻撃を真剣に考えていないという声もある。日本は専守防衛の中で盾の役割のためイージス艦のミサイル迎撃システム「イージス・アショア」という1基あたり700~800億円するシステムを、アメリカから購入し国内に配備する計画だという。

2017年8月18日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
火星12型を4発同時に発射することを発表した北朝鮮は、通過する場所として広島、島根、高知をあげた北朝鮮に対策を講じるためPAC3の配備がされる中での訓練が駐屯地で行われ、今日中国や四国地方の9県では北朝鮮のミサイル発射に備えたJアラートが鳴り、一斉訓練が行われた。しかし街の人々は防災無線が聞こえにくいと話しており、三次市では防災無線さえも流れず、島根県では防災メールが正しく表示されないトラブルがあった。3日前に発射に踏み切らないと発表した北朝鮮だが、未だに緊張状態は続いている。
アメリカのワシントンでは「2プラス2」が開催され、日米の防衛能力強化をすることなどで合意した。合意文書には「日本はアメリカの核の抑止力で守られている、さらなる協力を検討する」などとあり、安倍首相は先ほどダンフォード統合参謀本部議長と会談し、北朝鮮の対応について協議した。来週月曜からは米韓合同軍事演習が予定されているので、これからの北朝鮮の動きに注目が集まっている。

2017年8月18日放送 15:49 - 19:00 TBSNスタNトク!
北朝鮮のミサイル発射計画を受けて中国・四国地方で行われたJアラートの訓練。しかし米子市役所では防災無線が流れない、島根県では防災情報メールが文字化けするなどトラブルも発生した。一方グアムではきょう新聞の一面ではミサイル発射計画について全く触れず、関心が薄まっているという。来週21日は米韓合同軍事演習が行われる予定で、専門家は北朝鮮は毎年合同軍事演習が行われる前後に弾道ミサイルを発射しているため今回も挑発してくる可能性は高いとしている。

2017年8月18日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
ロシアが怪しい理由その3。先月28日に北朝鮮が火星14型の2度目の発射した際、ロシア国防省は”ロシアに脅威はない”と発表した。北朝鮮のミサイル発射を黙認しているとも捉えられる。今月10日に朝鮮中央テレビが「火星12型」の4発同時発射によるグアム島包囲射撃作戦を検討していることを報道すると、ロシアのラブロフ外相は「衝突が起きないよう我々ロシアはあらゆることを行う」などとコメント。すると16日に金正恩委員長が「アメリカの動静をもう少し見守る」とコメント。筑波大学の教授はロシアが北朝鮮を操っているのではとみている。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.