[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「朝鮮中央テレビ」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 6:30 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (ニュース)

米ティラーソン国務長官が対北朝鮮政策の見直しを巡り、武力行使も排除しないと姿勢を示したことで北朝鮮外務省は昨夜報道官の談話を発表し非難した。談話は起業家出身のアメリカ当局者らが我々を驚かそうと考えたらならそれは通じないことを知るだろうとトランプ政権を強く牽制。また一昨日発表した新型の大出力エンジンの燃焼実験に触れ、世界は実験の成功がいかなる意義をもつかまもなく目にすることになると主張し、弾道ミサイル発射の可能性を示唆、トランプ政権を威嚇した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月25日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!情報まとめ
ボートに乗り救助に向かう国境警備隊。その先には膝まで泥水に浸かった北朝鮮市民の姿が。これは北朝鮮側からの救助要請を受けたもので救助隊は国境を超え、北朝鮮に入国。洪水で取り残されていた北朝鮮市民20人を救助した。北朝鮮では最近、洪水被害対策のための治水工事の様子を放送していた矢先のことだった。

2017年7月23日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(ニュース)
20日、アメリカを挑発するような報道を朝鮮中央テレビは行った。一方でアメリカのCNNテレビは「情報機関の見方としてICBMは大型弾道ミサイルか中距離弾道ミサイルの発射を2週間以内に行う可能性がある」と述べ、韓国の公共放送KBSは「金正恩党委員長が8日間公の場に現れていない。過去にもミサイル発射直前に同じようなことがあった」と指摘している。北朝鮮発射のミサイル脅威が高まり、韓国国防省の徐柱錫次官は「南北軍事当局階段を7月21日に北朝鮮側の統一閣で開催することを北側に提案します」等とコメントしている。提案として21日に板門店での軍事階段と、来月1日に赤十字会談を挙げるも、北朝鮮からの返答はなかった。文在寅政権は「引き続き対話を求める」と姿勢を見せている。一方で、トランプ政権は「今の状況は対話の条件と明らかにかけ離れている」と支持は表明しなかった。だが、文在寅大統領は北朝鮮との対話に前向きな姿勢を見せ、「条件が整えば平壌にも行く」と述べている。その中で専門医江は文在寅大統領の考えは問題があると指摘している。

2017年7月23日放送 4:00 - 5:00 TBSTBSニュースバード(ニュース)
北朝鮮の核ミサイル発射に備え、21日、アメリカ・ハワイ州緊急事態管理局が避難の方法などを示したガイドラインを公表した。大学研究チームや軍事専門家は、北朝鮮のICBMがハワイとアラスカを射程圏内に収め、12分から20分でハワイに届くと試算している。

2017年7月22日放送 20:45 - 21:00 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
アメリカ・ハワイ州は将来、北朝鮮のミサイルが飛来した際の、住民や観光客向けの対処マニュアルを公表した。今月、北朝鮮はICBMの発射実験に初めて成功したと発表。アメリカの研究グループはハワイ・アラスカが射程に入り、今後2年以内に核弾頭を搭載し米西海岸を攻撃する能力を獲得する可能性があると指摘した。

2017年7月22日放送 17:30 - 18:00 フジテレビFNNみんなのニュース(ニュース)
アメリカハワイ州は21日、北朝鮮がICBMを発射したことを想定した住民の避難などに関する指針を公表。指針では、外出中の人は建物の中に入る、家にいる人は安全宣言がなされない限り2週間は家の中にとどまる、などが呼びかけられている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.