[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京オリンピック」 に関するテレビ情報

2017年1月7日放送 18:30 - 20:54 テレビ東京
家、ついて行ってイイですか? 終電後の新宿! 波乱万丈!7人の人生ドラマ

VTRで紹介した女性について、ギャルサーのときから将来のことを考えていたんだねなどとトーク。また収録に部屋を貸している山本さんについて、夫は去年病気で亡くなったが演技の仕事をしていて「真田丸」なんかにも出ていた、夫の親は山口で名士だったので保証人が佐藤栄作だった、東京オリンピックの開会式など大きめのイベントは必ず行っている、「ベルトクイズQ&Q」の曜日チャンピオンにもなったとトークした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月28日放送 19:58 - 20:54 テレビ朝日人生で大事なことは○○から学んだ人生で大事なことは 原宿から学んだ
多くの若者が竹下通りに憧れを抱く。わずか350mほどの通りに130軒以上のショップが軒を連ね年間約3600万人が訪れる。原宿が若者の街となったのは東京オリンピックがきっかけで、代々木公園には駐留軍の住居施設だったワシントンハイツがあり、東京オリンピックを機に返還され選手村となり外国の雰囲気を残す街が人気になり若者が集まるようになった。1960年代の原宿族から始まり竹の子族など発展した。原宿のKAWAII文化は世界中に広がりKAWAIIは辞書に載るほど。

2017年5月25日放送 23:10 - 23:15 テレビ朝日あなたの駅前物語(あなたの駅前物語)
京成立石駅の駅前商店街には昭和の時代を思い出させる店が並ぶ。前進は終戦後にできた闇市で東京オリンピックの頃に今の形になった。店の人は商店街が家庭の冷蔵庫代わりと思っていると話した。今週の一句に黛まどかは「夕凪に混み合ってくる街の音」とした。

2017年5月24日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットビビットプラス
埼玉・狭山市に住む伊波富美代さんの実家は築25年の4LDK2階建て。富美代さんが高額買取を期待しているものは亡くなったお父さんの趣味「切手収集」。1972年以前に使われていた“琉球切手”や東京オリンピック寄付金付き5円切手、大正時代の1銭切手などがあった。また、20年以上前に貸衣装のために買ったパーティードレスなど約80着も高額買取が期待できる。出張買取24時の松井さんが査定開始するとレコードは1枚10円だったが、本間留五郎作のこけしは1個数十万円になることもあるという。ドレスはデザインが古すぎるため全部合わせて4000円、着物は6000円だった。切手は消印のついたものや大量発行されたものばかりで2冊合わせて500円だった。こけしも昭和20年代の作品でこけしとしては新しいため1000円にしかならなかった。20年前に通販で買った三線は1万円と以外に高額買取だった。合計は3万円だった。

2017年5月23日放送 9:28 - 11:13 テレビ東京なないろ日和!(特集)
知って得する冷凍食材ということで、トマト・玉ねぎ・木綿豆腐・しらたきをあげた。

2017年5月22日放送 9:50 - 11:25 フジテレビノンストップ!愛すべきモノがたり
1940年代、雨傘はすでに普及していたが素材の主流は綿で、長時間使用すると色落ちするという問題があった。そんな中、ホワイトローズという傘店がビニール素材に着目。傘の上にテーブルクロスを重ね、ビニール製の傘カバーを開発した。しかしその後色落ちしない素材の傘が出始めると人気が効果、今度はビニール素材そのものを傘に貼ってしまおうと考えた。発売当初は格好悪いと思われていたが、1964年の東京オリンピックの際、アメリカのバイヤーが軽くて丈夫なビニール傘に感激。アメリカで大量生産されて世界に広がった。現在ではさらに進化し、傘の先に車輪がついた「コロガサナイト」というビニール傘も登場。また、通常の逆方向に開くことができる傘も。これは何のためなのか?

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.