[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京オリンピック」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 2:21 - 2:51 テレビ朝日
アップデート大学 (アップデート大学)

パナソニックから新発売された拡声器「メガホンヤク」の機能について、クイズを出題。正解は、翻訳機能。メガホンヤクは、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックで、外国人観光客が増加することを見込んで開発された。

URL: http://tokyo2020.jp/jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月26日放送 9:00 - 10:15 NHK総合日曜討論日曜討論
続いて「テロ等準備罪」を新設する法案を取り上げる。共謀罪の構成要件を改めるもので、犯罪目的の集団であること、計画した犯罪が重大であること、準備行為があることを条件とし、犯罪の種類を絞り込むなどして法案化した。
「テロ等準備罪」の法案について聞く。共産党・小池晃は、犯罪行為がなくても処罰することが刑法の原則に反する、テロ対策は口実であり現行の刑法でも対処できるなどと批判した。自民党・下村博文は、法案は2000年に国連で採決された「国際組織犯罪防止条約」を締結するための条件である、2019年のラグビーW杯や2020年東京五輪に向けてもテロ対策が重要であると説明した。社民党・福島みずほは、東京新聞が政府はマフィア対策として該当法案を位置づけていると報じたと指摘し、テロは法案提出の口実にすぎないと批判した。公明党・斉藤鉄夫は、対象を明確な犯罪集団に限定する、準備行為を条件とするなどの条件に加え、裁判所の令状を必要とすることで一般人が対象となるのを未然に防いでいると説明した。
「テロ等準備罪」の法案について聞く。自由党・森ゆうこは、条約の締結は現行法でも可能と述べた上で、組織の認定を捜査当局が行う過程で偽造や捏造の懸念があるなどと答えた。維新・浅田均は、法案が必要と考えると述べた上で、海外では計画段階で捜査と逮捕を行ってテロを未然に防いだ例が多く法案は有効であるといえる、日本の法案では著作権法や特許法なども対象としているのが不可解であり修正を求めると述べた。日本のこころ・中野正志は、テロ行為を防ぐための限定された法案であり賛成する、中身はこれまで野党が対案として通そうとしたものとほぼ変わらないはずと述べた。また特定秘密保護法、安保法についても野党が不安を煽っていたと批判した。
「テロ等準備罪」の法案について聞く。民進党・福山哲郎は、日本のテロ対策では国連の他のテロ対策条約に日本はすべて批准している、伊勢志摩サミットについては法案の必要性が叫ばれなかったと指摘し、法案では傷害罪など明らかに民間人どうしの犯罪に対しても対象となる、これが計画をもとに処罰の対象となれば民間人の多数が対象となりうると述べた。公明党・斉藤鉄夫は、条約の締約国となるために法律は不要と指摘したのは当時の民主党であるが国際社会からは認められなかったと指摘し、国内法の整備が必要であると述べた。民進党・福山哲郎は、その指摘こそが印象操作であると述べ、法案の対象法には明らかな不備があると述べた。
「テロ等準備罪」の法案について聞く。自民党・下村博文は、過去に共謀罪の法案が可決しなかったのは犯罪すべてを対象としたものである、一般人は対象となりえないものであり不安を取り除く取り組みを行っていると答えた。共産党・小池晃は、法案は日常的な行為が対象に含まれており当局が幅広い監視を行うことにつながると批判した。自民党・下村博文は反論について聞かれ、対象を限定したことで一般人が対象とならないことは明らかであると述べた。維新・浅田均は、個人が行うことがほとんどである特許や実用新案などが対象に含まれるのはおかしいと述べた。民進党・福山哲郎は、法案を事実として解釈すれば民間人が対象となり監視社会につながるのは明らかと答えた。自民党・下村博文は反論を聞かれ、条件に当てはまる前提ならばそれは犯罪集団とみなすべきで問題ない、法案は五輪などのために今国会での成立が不可欠であると答えた。

2017年3月26日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニングスポーツに喝!あっぱれ!週刊・御意見番
第4回WBCは観客動員数108万6720と過去最高を記録した。現在WBSCには143国と地域が加盟。今回の大会で準決勝したプエルトリコはアメリカの自治区で面積は鹿児島ほどしかない。しかしこの島には5つのプロチーム&48のセミプロチームがある野球大国。ベスト4のオランダではキュラソー島出身のバレンティン選手やバンデンハーク選手を始めとする長身の投手が多いのが特徴。オランダでは1922年に野球連盟が作られ日本職業野連盟よりも歴史が古い。またイタリアでは2010年に野球のプロリーグ、フランスでは吉田義男監督監督が代表監督を務めていた。イスラエルは登録選手28人の内、27人がユダヤ系アメリカ人。今回のイスラエルの活躍によって国内にはスタジアム建設計画が動いている。南アフリカでも選手が育っている。東京五輪では野球が復活する。

2017年3月26日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(関東地方のニュース)
午前7時から千葉県知事選の投票が始まった。立候補者は、角谷信一、竹浪永和、森田健作、松崎秀樹の4人。選挙戦では、千葉県内の競技場で行われる東京オリンピック・パラリンピックに向けた選手・観光客への整備、子育て支援の充実、経済活性化の取り組みなどを巡って論戦が交わされた。投票は午後8時に締め切られ、即日開票される。

2017年3月26日放送 6:00 - 6:15 NHK総合ニュース・気象情報(全国のニュース)
障害者による芸術活動を支援するため、自民・公明両党と民進党の国会議員で作る議員連盟の役員会は法案を提出することとなった。議員連盟がまとめた法案では障害者による芸術活動を幅広く促進することなどを基本理念としている。その上で国と地方自治体には作品の海外発信に取り組む、スムーズな作品販売など支援体制の整備などを求める。国際的な芸術イベントへの障害者の参加促進や障害者向けに劇場などでの手話・音声を使った説明など増やすことを上げている。議員連盟は2020年東京五輪・パラリンピックに向けて活動を広げていきたいと今国会に法案を提出する。

2017年3月26日放送 0:35 - 1:15 フジテレビスポーツLIFE HEROS(スポーツニュース)
リオ五輪・柔道男子90キロ級で日本初の金メダルを獲得したベイカー茉秋は、東海大学を卒業して社会人となる。ベイカーはオリンピック2連覇へ、東京五輪出場の決意を表明した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.