[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京五輪」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:00 - 6:00 フジテレビ
新・週刊フジテレビ批評 ? ハテナTV

去年4月に発生した熊本地震で大きな被害を受けた熊本市の熊本城。地震の8日後に初めてドローンにより撮影された映像では、地上からでは確認できない深刻な被害の状況がつぶさに浮かび上がった。先々週放送した栃木・足利市の大藤棚もドローンによる撮影。この映像はフジテレビの中村龍美カメラマンの撮影。この日、中村カメラマンが向かったのは、フジテレビの1階でここでドローンの練習をしていた。室内で練習しているのは航空法の改正でドローンなど無人航空機に対し細かく飛行ルールが定められたため。許可なく飛ばせなくなったドローンだが、テレビの報道取材においては定められたルールに則って練習することにより事前の申請が免除されることになった。
これまでにどのような現場でドローンが使われてきたのか。2015年に千葉でおきたスクラップ工場での火災現場で、ドローンを使うことでヘリよりも低い高度でより火災現場に接近できる。袋田の滝を撮影したのも中村カメラマンのドローン撮影チーム。
そんな中村カメラマンの新たな撮影に同行した。やってきたのは、東京・青梅市の塩船観音寺。現場に到着し早速飛ばすのかと思いきや、その場でドローンの足を持って回り始めた。ドローンの飛行にはGPS機能を使うため、内蔵されたコンパスの調整が必要。飛ばしてみるが、なんだか納得行かない様子。今回の目的が「1ヶ月前の映像を合わせて撮る」だったので、少しズレているような気がすると語る。最新のドローンは一度飛んだルートを記録し、GPS機能で同じルートを再び自動飛行することが出来る。中村さんのこだわりで、何回もドローンを飛ばして調整する。こうした微調整の末撮影した映像が実際の放送ではどうなったかを見てみると、見事に季節の変化を表現していた。中村カメラマンは、ドローンについて「地上の撮影と空撮のちょうど中間ではないですけど、本当に一番いいところ、迫力のある映像を撮れるすごい武器だと思う」と語った。
そんなドローンは、オリンピック中継でも使われ始めた。ヘリコプターでは撮影が難しい地形でも空中から捉えたスピード感のある映像を実現した。去年のリオデジャネイロ五輪では、ボート競技の中継でも一役買った。そしてフジサンケイクラシックの中継でもドローンが使われた。さらに、貴族探偵でもドローンが使われていた。の特性を活かしたバラエティ番組・戦闘中などでも使われているドローンはこれからの進化にますます期待がかかる。江川紹子は、ドローンについて「高いところから低いところに行ってみるのは、前はCGでは可能だったが実際のことが撮れるのはすごい技術が出てきたが、それを習得しなければいけないのでカメラマンの方も大変」だと話した。

URL: http://tokyo2020.jp/jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月23日放送 5:00 - 6:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本おはようcheck
議論となったのは東京オリンピック・パラリンピックでボートなどの競技会場設置について。中央防波堤埋立地は昭和48年に埋め立てが始まってからどの区に帰属するか結論が出ず江東区・大田区が帰属を主張している。話し合いによる解決は難しいとして都に調停申請を表明した。

2017年6月22日放送 23:30 - 0:25 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜(ニュース)
都議選の歴史を遡ると09年に民主党が大勝すると直後に政権交代し、13年には自民党・公明党が全員当選して安倍一強体制が出来上がった。都議選の結果はその後の国政を左右するのではという見方があるなか、時事通信社の田崎史郎氏は「現在、都民ファーストが大きな風を吹かせている」と述べた。維新の会を立ち上げた橋下徹元市長は市長の椅子に座り続けた一方で維新の会は国政進出を図ったように、小池知事も同様のことをする可能性があるという。
都議選に向けた主要6党の公約の概要を紹介。「多摩格差解消」、「受動喫煙防止条例制定」など共通点がある。都政では都民ファーストと公明党が友好関係にある中、田崎氏は大阪府議会、市議会では維新の会と公明党が組んでいると話す。今回の都議選では築地移転問題も焦点とされ、自・公は推進、民進党は条件付きの推進、共産と性活者ネットは反対、そして都民ファーストは築地・豊洲の併存という立場。ロバートソン氏は国政、都議会における小池知事の自民党に対する姿勢について尋ねると、田崎氏は「小池知事の認識は都議会の自民党と戦っている」と語った。東京五輪、法人税減税を考えると知事は安倍首相とは手を携えていきたいとしていて、首相にとっても知事との争いにはメリットがないという。
田崎氏の獲得議席予測を発表。定数127のうち、都民ファースト、都議会自民党は40人台、公明党は23人程度、共産党都議団は10人前後という見立て。民進党系の東京改革都議団は最も議席を減らすとみられるという。今日発覚した豊田真由子議員の問題について、田崎氏は自民党のイメージダウンになるとみられ、早めに離党する運びとなったと見ている。

2017年6月22日放送 23:15 - 23:55 NHK総合ニュースチェック11(CHECK 社会)
議論となったのは東京オリンピック・パラリンピックでボートなどの競技会場設置について。中央防波堤埋立地は昭和48年に埋め立てが始まってからどの区に帰属するか結論が出ず江東区・大田区が帰属を主張している。話し合いによる解決は難しいとして都に調停申請を表明した。

2017年6月22日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
東京湾にある埋立地では江東区・大田区が土地所有を主張しまだ住所がない。大田区は埋立地はのりの養殖など区民の生産。生活の場だった。江東区は埋立工事中、区民はゴミの臭いや騒音の被害を受けたと主張。ここには現在、東京五輪のボート・カヌー会場が建設されている。両者は話し合いでの解決は難しいとして、都に調停申請を行う意向。

2017年6月22日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9SPORTS
明後日開幕する全日本種目別選手権 あん馬に出場する亀山耕平は4年前の世界チャンピオンで、美しい姿勢が持ち味。昨年の同大会に敗れて引退を考えたが、東京五輪に向けて現役続行を決意した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.