[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京ガス」 に関するテレビ情報

2017年3月20日放送 5:50 - 8:00 日本テレビ
ZIP! NNN NEWS ZIP!

浜渦元副知事は、石原元知事の側近で東京ガスとの交渉初期に中心的役割を果たした。証人喚問での質問は東京ガスとの「水面下の交渉」が焦点となっており、そのことについて「東京ガスの提案で丁寧な交渉をした」とし、裏の取引などははっきりと否定した。自分の役割は用地の取得交渉までで基本的合意後は土壌汚染対策にかぎらず豊洲の開発に関わってないと主張。土壌汚染対策については、「東京ガスがやると口頭で合意していた」と繰り返し、都が負担することに「勝手なことをしてくれた思う」と証言した。きょうは石原元知事の証人喚問は、体調考慮して1時間で行われる。

URL: http://www.tokyo-gas.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月26日放送 11:55 - 12:55 テレビ朝日ビートたけしのTVタックル(政界に吹き荒れる嵐 ”新年度”を前に白黒つけろ!SP)
混迷極める豊洲問題においても百条委員会が行われ、石原元都知事が登場。今回の問題は小池都知事の不作為の責任が問われるべきではと主張していた。しかし自身の責任が問われる場面では浜渦元副知事に一任したなどと逃げ腰になっていた。また、浜渦元副知事は、水面下交渉を持ちかけたのは東京ガスだと主張していた。
土壌問題が噴出した後は東京ガスが所有の土地価格は下落する。結論さえ出せば都知事が安全宣言を出し、救済するので早急に決断を出すようにという、浜渦元副知事が東京都職員に指示したと見られている内容が紹介された。また、東京ガスに伝えたとされる内容には、亀井氏の名前もあった。これらが事実なら政治的圧力が存在したことになる。

2017年3月26日放送 8:00 - 9:54 TBSサンデーモーニング(一週間ニュース)
20日、豊洲移転問題で東京都議会・百条委員会で石原元知事の証人喚問が行われた。石原元知事は移転を最終的に了承した自らの責任は認めたものの、汚染された豊洲を移転先と決めた理由については、都庁全体の流れとして決まっていたとして従来の主張を繰り返した。土壌汚染対策の費用負担については、覚えていないと述べた。19日、東京ガスとの水面下の交渉を担ったとされる濱渦元副知事の証人喚問が行われ、東京ガスからの提案で水面下の交渉を行い事業を推進させたと述べた。百条委員会では4月にも交渉にあたった都庁の元幹部3人の証人喚問が行われる予定となっている。石原都政についてのマスコミの責任、汚染物質は高濃度で検出され、小池都知事は豊洲移転の決断について早急に判断しなければならないと、与良さん。

2017年3月25日放送 16:30 - 18:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル週間ニュースランキング
8位は月曜日、百条委員会に石原慎太郎元都知事84歳が証人喚問に呼ばれた。自宅前で石原慎太郎元都知事は「天気晴朗なれども 波高し…君ら教養がないから分からないだろう」と述べ、車に乗った。この言葉は、日露戦争で日本海軍が決戦を前に日本に送った電文の一説と伝えられた。そして都議会 百条委員会で石原慎太郎元都知事は冒頭で「2年ほど前に脳梗塞を患いまして残念ながら私 全ての字を忘れました。ひらがなさえ忘れました。非常に記憶を引き出そうとしても思い出せない事が多々あります」と発言。その中で喚問スタートすると、石原慎太郎元都知事は「当時、最終的に報告を受け全体の総意とし決裁を致しました。その責任は認めます。青島知事からの引き継ぎ文書に豊洲地域に移転するという文言があった。これは私が青島さんから引き継いだ事項の懸案のひとつだと思っている。市場を豊洲へ移すことは大きな流れとし決定しているということで逆らいようもありませんでした」と語った。元中央卸売市場長 大矢實さんは「青島都知事の時代に豊洲移転を決めた。既定路線だったというのはちょっと違う…」と語っている。また石原元都知事の証人喚問を受け「びっくりしました。脳梗塞を患われて…そういう影響もおありだと思いますけども、豊洲はひとつの候補地である、そういうレベルの話であったと記録に残っています」と説明した。
もう一つの焦点…東京ガスの土地の売買契約について、最終的に豊洲の土壌汚染対策費用は858億円、東京ガスの負担は78億円と発表され、それ以上は求めないという書類に石原慎太郎が捺印している書類も公開された。石原慎太郎元都知事は「担当から そういう報告を受けた記憶はございません」と述べ他の質問にも「記憶にございません」、「覚えておりません」と発言した。

2017年3月25日放送 6:00 - 8:00 テレビ朝日週刊ニュースリーダー(街の人が選んだ 今週のニュース!気になる人物トップ10)
豊洲市場問題について今週東京都議会 百条委員会に浜渦武生元副知事が証人喚問された。豊洲の土地取得交渉の責任者である。焦点となるのは「水面下交渉」(資料提供 共産党都議会)の真相だ。土壌汚染のあった土地の売買を巡ってどのような話し合いが行われたのか。浜渦氏の証言によると、“豊洲の土壌汚染対策は東京ガスが対応することになっていた”という。しかし土壌汚染対策費858億円のうち、東京ガスの負担は78億円だった。東京都と東京ガスの間では、瑕疵担保責任を免除することで合意されていたのだ。これについて浜渦氏は一切関知していないと証言し、「都民ファーストの会」音喜多駿 都議から交渉過程についての責任を問われても強気の反論を展開した。そして着席したあと、「水面下で質問したら答えてやるよ」 と意味深の発言をした。

2017年3月24日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワーク(ニュース)
豊洲市場の問題で小池知事は、石原元知事だけでなく移転に賛成した都議会側の責任も問われるべきだという考えを示している。こうした中、当時の都議会議長が取材に応じた。小池知事の姿勢について、安全だという専門家の判断を基に、安心してください、と説明の先頭に立つのが知事の取るべき行動と述べた。元都議会議長は、議長を務めていた平成22年に都議会で築地市場を豊洲へ移転させるための関連予算を可決させた。元都議会議長は、我々の世代で道筋をつける、等とコメントした。移転先は東京ガスの工場跡地で、土壌から高濃度の有害物質が検出されていた。東京都は、法律を上回る水準で安全性を確保するとして、敷地全体に盛り土をする等独自の対策を進め、費用は総額で860億円に上った。元都議会議長は、この860億円は風評被害の抑制の対策費、等とコメントした。一方小池知事は豊洲市場について、安全性は確保されているものの安心とは言えない、としてきた。元都議会議長は、豊洲市場の維持管理に毎日500万円が使われていることや風評被害が拡散していることに懸念を示している。また、小池知事の姿勢を批判した上で、問題解決に向け小池知事は明確な姿勢を打ち出すべきと主張した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.