[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京ガス」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 8:00 - 10:25 日本テレビ
スッキリ!! (ニュース)

東京都と東京ガスの土地売買契約で注目されるのは瑕疵担保責任の放棄である。東京都は東京ガスに追加の土壌汚染対策費を求めないという条件がついていた。土壌汚染の費用分担は東京都が約782億円、東京ガスが約78億円となった。契約当時の市場長は「石原氏・浜渦氏に報告した」と話し、報告を受けていないという石原氏の主張と食い違っている。

URL: http://www.tokyo-gas.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月28日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング池上彰のニュース大辞典
去年4月の電力自由化につづき、来月からはガスの自由化も行われる。これについて池上彰氏は「電力自由化で契約先を変えた家庭は全体のわずか3%。ただ今回のガス自由化に際して、価格競争が強まるとみられ、さらにお得なプランが出てくる可能性もある」とコメントした。これまでは都市ガスによる地域ごとの独占提供だったが、4月からは電力会社も参入してくる可能性が高く、関西では昨年の電力自由化に際して25万件の契約を獲得した大阪ガスと、「ガス料金は当然”大阪ガス”より安くする。新規参入者なので安くしなければ選んでもらえない」(朝日新聞デジタル版)と名指しで顧客の奪還を宣言した関西電力による値引き合戦が苛烈を極めている。一方、「(ガス販売は)できるだけ安くする」とした東京電力に対し、迎え撃つ東京ガスの広瀬社長は「ガス事業は機器のメンテナンスといったサービスが重要。安易に同じ土俵には乗らない」と値下げを見送る構えだが、「実質的にはお得になるようにする」とも話している。

2017年3月27日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(特集)
去年食卓に大打撃をあたえた台風の余波がこの春の野菜の価格に及んでいた。こうした野菜の価格高騰に加え、春から始まる値上げも家計を直撃。日清オイリオはこの4月からオリーブオイルなど家庭用油の値上げを決定。オリーブオイルの値上げはイタリアなど主な生産地で天候不良による不作が原因。さらに今月農林水産省が輸入小麦の「政府売渡価格」の値上げを発表。「CONA渋谷店」は激安価格で大人気のピザ専門店、全20種類のピザが税込み500円。果たして価格を維持できるのか。味に影響をあたえない程度にオリーブオイルにひまわり油をブレンド。小麦粉などの大量仕入れを行ってきたが、今後原材料費のコストを抑えていくと大手製紙メーカー2社が原料の高騰と円安などからトイレットペーパーなど家庭紙全商品の10%以上の値上げを発表。相川さん夫婦の値上げ対策・ティッシュの大量備蓄をしていた。さらに家計を直撃するのは電気代、ガス代の値上げ。電力会社10社とガス会社4社は4か月連続となる値上げを発表した。永濱利廣氏によると今回の値上げの原因は「下がりすぎた原油価格が戻ってきた影響が1つ。円安が急激に進んだため輸入品の値段が上がるということで値上げに結びついた」とした。
原油高はゴム製品や、燃油サーチャージなどの値上げにも反映。エネルギー資源を輸入に頼る日本の弱点が露呈した形となった。柏木理佳氏は「100社以上の多くの電力会社から選ぶことができるようになったが5%の人しか乗り換えていない。電力会社を見直してみるとかなり安くなることもある。」とした。去年4月に電力自由化、今年4月にはガス自由化もスタート。「エネチェンジ」では電気・ガスの事業者選びができる。さらに通信も値上げする。日本郵便は6月から人件費上昇を理由にはがきを52円から62円に値上げ。はがきの値上げ分は封筒の変わりにミニレターで上手に節約できる。大手生命保険会社では終身・学資保険など一部保険が値上げを発表。さらに税制改正を受け、4月から国産たばこ6銘柄が30円の値上げ。

2017年3月27日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
不適切な手法が豊洲移転における混乱の根源ではないのかと音喜多駿議員が質問。濱渦氏は、どこに責任があるのかと激昂した。スタジオの濱渦氏は、今でも、なんで責任論が出て来るのかわからないという。記録を残すことが必要だとは思わなかったという。情報公開の時代であり、行政が何をやっているのか記録しなければならない。交渉事では残さなくていい場合もあり、それをわけて考えるべきだとスタジオトーク。
水面下で質問したら答えてやるよと、あえて発言したという濱渦氏。当時、濱渦氏に物を聞きにくること自体が怖かったらしい。未だにその怖さが影響しているだろうとジャーナリストの鈴木氏。
2000年12月の東京ガスの記録では、要求は全部言って。それを完了に指示するのが私達政治家の役割だと濱渦氏は発言したという。土壌Xで~を迎えれば、土壌問題が噴出し、東京ガスが所有する土地の価格が下落する。石原知事が安全宣言で救済するから早く結論を出すようにと濱渦氏は東京ガス側に言ったという。JNNの取材に対し、そんなこというわけないと濱渦氏。政濱渦氏は、まったく不可解だと述べた。豊洲晴海の計画を上書きをするということでアプローチを始めたと濱渦氏はスタジオトーク。東京都政策報道室の赤星氏は知っていることだという。大物政治家の名前を出したこともあったが、今回の豊洲のことにはまったく関係のなっことだという。
自分だけでできることなので、大物政治家の名を出しても意味はない。土地の価格 が下落するなんてことは言うわけがないと濱渦氏はいう。東京都と東京ガスの2者間の合意の確認書がある。基本合意からわずか12日後にそれが交わされている。この確認書を濱渦氏はまったく知らないと百条委員会で言った。スタジオでは、東京ガスの役員など知らないという。基本合意は6月に出来上がっている。7月から新し人事があるから、基本合意があったことで、この仕事は終わり新し体制になる。だから自分の知るところではないと濱渦氏はいう。野村寛氏は、ポイントであり、百条委員会に呼ばれているので、なんと言うか、注目される。野村氏がどういう人か覚えていないと濱渦氏。印象が薄いという。赤星さんへ取材をしていたので、野村さんは取材していないと鈴木氏はいう。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.