[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京ドーム」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 7:30 - 8:00 テレビ東京
歴史の道 歩き旅 (忍者の里から井伊家ゆかりの地・彦根を目指す旅)

三重県伊賀市。モクモク手づくりファームでは、国際コンテストで数々の賞を受賞しているハムやソーセージをつくっている。広い店内には、野菜売り場などのショップや体験教室などがある。

住所: 東京都文京区後楽1-3-61

URL: http://www.tokyo-dome.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月23日放送 1:26 - 1:56 テレビ朝日Break OutFREAK SCENE
龍雅-Ryoga-の特集。三谷怜央は、東京ドームを目指すところからはじまっている、と話した。井出卓也は、僕らが信じていなければ確実に行けない、と話した。「SUPERNOVA」などが流れた。

2017年6月22日放送 12:00 - 12:30 テレビ朝日徹子の部屋本日のお客様 松平健
マツケンサンバについてトーク。黒柳徹子は大ヒットから13年で相当な出で立ちだと話し、松平健は自前だと語った。年末には紅白に出ていてるなどを振り返り、東京ドームでのコンサート映像を振り返った。映像では楽屋にいる松平健へインタビューも行われていた。映像を振り返り、黒柳徹子は踊っていると気持ちいいかと質問、松平健はアイドルになった気分だと語った。黒柳徹子と松平健は運動会でも使われるようになったと振り返った。マツケンサンバは4まで出ていて4はサルサになっている。

2017年6月21日放送 8:00 - 9:50 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!(トップニュース)
築地から豊洲へ中央卸市場を一旦移し、築地はオリンピック後の五年後をめどに再開発し市場機能を確保した食のテーマパークとする小池知事の案は、「築地は守る、豊洲を活かす」として今後事業者や都民と広く検討して活用具体案を探っていくことなどが盛り込まれている。築地市場では一日の入場者数は四万人を超え、CNNが選ぶ「世界の生鮮市場ベスト10」第2位に入るなどしており市場としてブランド価値が高いため、小池知事のプランでは築地を前面に出している。
プラン反対派築地の仲卸業者やプラン推進派の築地市場協会会長、また自民党や民進党などから様々な意見が出た。オリンピック大会組織委員会の森会長は、工事の止まっていた環状二号線が当初の予定通り開通し築地が車両基地となるためほっとしたというようなコメント。時事通信社特別解説委員の田崎氏は、豊洲に移転するという言葉がどこにもないため豊洲に行きたくないような印象を受ける、小池知事にしては歯切れが悪いと評した。獨協大学の深沢氏は、築地の業者らは今と五年後に移転する決断を強いられている、将来市場を分断するのは効率が悪いなどとコメント。また、築地市場は機能特価した市場であり、小池知事が表現した「テーマパーク化」することは望ましくないとも述べた。
小池氏の案は都議選の前に発表したもののため期日や資金プランが無く内容が曖昧になっているのではないかとコメント。デーブ・スペクターは、東京駅など民間の不動産が再開発に成功している例があるため、築地・豊洲にも民間企業が参入ができるよう市場法を改正する必要があると述べた。豊洲は土壌汚染の基準値を超えており、築地に市場を戻した場合党が全ての資金を出すべきという意見があるが、税金を使うのはどうかという意見もある。小池氏は税金は使わないとしているが、資金源の問題が残る。
新プランに対しての昨日の会見で小池都知事は質問に対し、スケジュールはオリンピック日程に合わせ現実的な案に結びつけたいとしたが具体的な日時は述べず、また財源に関しては税金を投入しない方策を検討中と回答。質疑応答は5分ほどの時間しか無かったため、3問のみ行われた。会見終了後、小池都知事が次の公務に向かうため退出する際に記者から「大事な問題なので質疑応答をもう少しやらないか」との声が上がった。時事通信水産部の川本氏は、築地再開発の詳細が不明のためスケジュールも不明、財源確保については新プランの運用などがうまく行けば可能性があるとした。
小池都知事の支持率は少しずつ下がっており、自民党を離党して巻き返した部分もあるが現在約66%。4月に行われた都議選投票崎調査では、都民ファーストの会は自民党を10%ほど下回っていたが、6月の調査では同率となっている。新プランの発表は都知事選の後が良いとの意見も出ていた。

2017年6月20日放送 11:40 - 12:40 テレビ東京昼めし旅沖縄県南大東島
沖縄県南大東島のサトウキビ畑へ。そこで作業する男性に声をかけた。除草剤をまいていたという農家の比嘉憲政さんは85歳で、畑の広さは東京ドーム約1個分。南大東島でサトウキビの栽培が始まったのは明治33年で、実業家の玉置半右衛門氏が製糖業を始めた。昭和40年頃には人口の半分近くがサトウキビ栽培に携わるように。比嘉さんも父親の跡を継ぎサトウキビ農家になったという。比嘉さんは一度心臓の手術をしただけだと言い、健康にはカカアの食事が良いなどと話した。そこで比嘉さんにご飯調査を依頼すると、承諾してくれた。

2017年6月20日放送 9:50 - 11:25 フジテレビノンストップ!ノンストップ!タブロイド
吉幾三さんの長女・KUさんがおととい歌手としてメジャーデビューすることを発表した。20年間音楽活動を続けてきたKUさん。イベントでは1986年の吉さんの「雪國」を英語版にアレンジした「YUKIGUNI」を披露した。吉さんは「勝手に英文にしてしまったのは大きな問題だと思う」「娘が私の歌を受け継いでいくって気持ちがあればそれだけでもうれしい」などと語った。「俺ら東京さ行ぐだ」はカバーしない?と聞かれKUさんが「これは難しいよね」と答えると、吉さんは「今度またちゃんとしたラップを書きます」などと話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.