TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京パラリンピック」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 2:21 - 2:51 テレビ朝日
アップデート大学 (アップデート大学)

パナソニックから新発売された拡声器「メガホンヤク」の機能について、クイズを出題。正解は、翻訳機能。メガホンヤクは、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックで、外国人観光客が増加することを見込んで開発された。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月24日放送 6:20 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(関東甲信越のニュース)
東京パラリンピックへ向けて機運を高めようと、埼玉県川越市の中学校でシッティングバレーボールを体験する催しが行われた。シッティングバレーボールは座ったままの姿勢で行うバレーボールで、東京パラリンピックの競技にもなっている。催しには約70人が参加。中学生たちは座ったままプレーをする難しさを実感していた。

2017年8月24日放送 0:54 - 1:09 日本テレビ24時間テレビ40 カウントダウン(24時間テレビ40 カウントダウン)
「150人同時バック転」では現在の記録140人に挑む。一般の6~45歳までの149人を選出し、最後に東野幸治が挑戦する。槍ヶ岳にイモトと江口舞さんが挑戦する。舞さんは3年前、通学中に貧血で倒れ線路に転落し、列車にはねられた。左足膝下が切断され義足生活となった。だが事故後に始めたアーチェリーで1年で全国大会出場を決め、東京パラリンピックを目指している。

2017年8月23日放送 22:54 - 23:00 フジテレビPARA☆DO!〜その先の自分(ヒーロー)へ〜(PARA☆DO!〜その先の自分(ヒーロー)へ〜)
柔道選手の内山輝将は先天性無虹彩症であり生まれつき弱視のため室内競技の柔道を始めた。内山は力に自信がないため相手の力を利用して勝つ技を磨いてきた。そして現在では「静」の世界を知って自分を知る心の強さを獲得した。そんな内山は2020東京へ向けて背中で語れる選手を目指している。
「PARA☆DO!」を検索。
「お台場BEYONDフェス Producsd By TOKYO GIRLS COLLECTION」が8月24日にお台場みんなの夢大陸にて開催と告知テロップ。

2017年8月23日放送 9:28 - 11:13 テレビ東京なないろ日和!新都議会スタート!東京の明日へ 東京都議会各会派代表にきく
橘正剛は「2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会は、どちらかというと会場の整備問題や費用負担の問題、課題部分だけがクローズアップされてきたような気がする。気運が盛り上がらないと言った要因にもなっているかと思う。東京五輪は世界に対して復興五輪というアピールをしてきたし世界もそれを期待しているという面もある。復興五輪という面をもう一度クローズアップして、明るい未来志向の気運を醸成していきたいと思っている。特に我が党はパラリンピックに力を入れている。2012年のロンドン大会がパラリンピックを通して障害者に対する国全体、ロンドン市民全体が配慮が深くなったと言われているので、東京大会もそうした大会にしたいと思っている」と話した。秋田一郎は「私たちは都議選においてオリンピック・パラリンピック大会の準備の加速を緊急に提言させていただいた。オリンピック大会の成功は国際公約でもあるので、国・組織委員会、関係自治体との連絡を蜜にして必ず成功に導いてまいりたいと思う。東京はパラリンピックを2回開催する初めての都市となる。傷害を持つ皆さまに優しい社会というのはおそらく高齢者のみなさんにとっても、あるいはお子様をお持ちの家庭にとっても優しい社会だと思う。パラリンピックの成功に向けてもしっかりと取り組ませて貰いたいと思う」と話した。大山とも子は「オリンピック・・パラリンピックを本当に都民の生活と両立させていくというのがますます求められていると思う。費用負担の問題などどこでどう決まったのかわからないじょうきょうでは都民の皆さんは納得できない。組織委員会や国が果たす責任も求められている。国立の施設である新国立競技場の整備費まで負担することを法律まで変えて東京都に押し付けてきた。これはひどい話になる。ロンドンオリンピックのときにはイギリス政府が公的負担の64%を負担した。ロンドン市は10%だった。リオ五輪のときは民間資金が大きな役割を果たした。東京の場合スポンサー企業は日本経団連加盟企業の4%でしかない。大企業や富裕層の協力もさらに求めることなども大切だと思っている」と話した。中村ひろしは「オリンピック・パラリンピック大会の成功は言うまでもない。都民の皆さまも経費の問題には高い関心を持つ。その透明化を目指し、民間活用の効率化を目指して誰もが納得できる運営をすることだと思う。またオリンピックはスポーツの祭典でも有るが平和の祭典でもある。この大会が世界の平和につながり、多様性を認め合う社会になる取り組みも必要。オリンピックと同時に行われるパラリンピックも東京都は2度目の開催。ユニバーサルデザインの町作りや心のバリアフリーを推進し、年齢や性別、国籍や個人の能力などにかかわらず誰もが暮らしやすい共生社会を目指していくことも成功の1つになると思っている」と話した。増子ひろきは「2020年のオリンピック・パラリンピックは未来に向かって東京が飛躍する重要な舞台だし、成功が100年先の東京の礎を開くことだと思う。準備を加速していかないと思うし、開催地の皆さんや国民全体が感動を分かち合えるような大会を目指してスピード感を持って対応していきたい。経費の縮減、透明化も意識を持つことが課題だと思っているし、パラリンピックについては多くの皆さんが会場に足を運んでいただけるような気運の上昇性も目指していきたい」と話した。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.