TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京新聞」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:00 テレビ朝日
週刊ニュースリーダー ニッポンの仕事人 週刊リーダー列伝

長時間労働や残業代未払いなど、働き方を見直す動きが進む中、従業員にやさしいホワイト企業と話題の会社がある。今回の主役は、富士そば創業者の丹道夫さん(81)。15~20席のコンパクトな店内に従業員3~4人というホワイトな勤務体制。アルバイト従業員にもボーナスや退職金を支給する超太っ腹経営の秘密は母の教えにあった。富士そばを起ち上げる雨、すでに不動産の仕事で大成功していた丹さんだが、巨万の冨を得ながら異業種ビジネスに乗り出し、日本初といわれる24時間営業の立ち食いそば店を開業。カリスマ創業者の大胆な経営戦略と波乱万丈の人生に迫る。

URL: http://www.tokyo-np.co.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年9月20日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
解散にも様々な名前がつけられていたが、今回はどのような名前が付けられるのか。かつての解散の名前には、2000年6月の森喜朗首相の「神の国」発言で内閣不信任決議案提出を受け、衆院解散となった「神の国解散」で森総理は「景気対策や沖縄サミットのこともあり、国民の信を問うために解散を決意した」と述べていた。また、2005年8月の小泉元総理の郵政解散では参議院で郵政民営化が否決されたために起きた解散だった。2009年7月の「追い込まれ解散」では解散時期を踏み切れず任期満了近くに衆議院を解散した。麻生元総理は「どの党が皆さんの生活を守り、日本を守るのか、これが争点です」と述べたが、自民党は大敗してしまった。ここでは別の命名案もあったといい東京新聞政治部記者は「そのまんま麻生解散」という案を出していたのだというが、理由はそのまんま居座っていたからであることと、自民党が東国原宮崎県知事を衆議院選挙に担ぎ出そうとして「節操ない」と受け止められたためだった。しかし、当時の東国原氏は「次期総裁候補にしてくれるなら出る」と言ったところ干されてしまったのだという。東国原さんは「2008年麻生さんが総理になったときに解散を提案したのだが、解散しないうちに支持率が落ちて追い込まれ解散となった。だから麻生さんは安倍さんに今がチャンスだと提案している」と述べている。また、須田さんは年内に解散しないと来年1月から3月まで予算案の審議をやらなくてはならないために4月以降となると追い込まれてしまうためだと述べた。

2017年9月20日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング朝刊見出しまとめ
所在がわからなくなっていた雪舟の作品が84年ぶりに見つかった。(東京新聞)

2017年9月20日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクア朝刊イッキみせ
福島第一原発の1・2号機プールの核燃料について、政府と東京電力は2020年以内の取り出し開始を断念。予定より3年程度遅らせる方針を固めた。(東京新聞)

2017年9月19日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!ひるトク!
最近の主な衆院解散総選挙の大義を解説。2000年6月は森喜朗首相の「神の国」発言で内閣不信任決議案提出を受け解散。理由は景気対策、沖縄サミットなど。2005年8月は郵政民営化関連法案が参院で否決され解散。理由は郵政民営化。2009年7月は任期満了近くに衆院解散。自民党は惨敗し政権交代。2012年は党首討論で議員定数削減の賛同を迫り解散を電撃表明。民主党が政権を失った。2014年11月は消費税10%増税再延期、アベノミクスへの賛否を問うための解散。片山善博は大義があったのは郵政解散くらいとコメント。
伊藤惇夫氏は支持率回復・民進党の失策、などで解散する大義はこれからひねり出すのではと指摘。田崎史郎は安倍首相は経済・憲法改正などで国民に信を問いたいのではと説明した。大谷昭宏は野党がゴタゴタしているからこういうことになると指摘した。片山善博は与党にとっては絶好のタイミング、本来なら4年の任期がある、田崎史郎は政治は党利党略、機会を活かすことのほうが重要だと主張した。
新聞各紙が報じた大義を分析。東京新聞は安保法制が争点、朝日新聞は消費税急造、毎日新聞は消費増税分配分見直しが争点、読売新聞は全世代型の社会保障の実現、北朝鮮への圧力強化継続、憲法に自衛隊明記という3つの争点があるとしている。大谷昭宏は読売新聞は提案、野党も提案し議論をすれば意義がある選挙になるかもしれない、片山善博は3つはほぼ争点にならないと指摘した。八代英輝は選挙は国民投票ではない、大義はこれからの4年間を任せるに値するかなどと話した。原千晶は混沌としている、野党がボロボロ、争点が見えてこないとコメント。
片山善博は解散はよほどの事がないとやってはいけない、八代英輝も乱用は許されない、大谷昭宏はやり方としては狡猾だとコメント。また片山善博は10月22日の投開票にこだわるのはトリプル補選回避とトランプ大統領の来日のためだと指摘する。トランプ大統領は11月5日前後に来日予定で職務執行内閣で迎えることになってしまう。田崎史郎は投票日から10日後に組閣、できればトランプ大統領が来る前に行いたいと話した。片山善博は解散となったら職務執行内閣で迎えるのはおかしいと語った。

2017年9月19日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビ新聞トップ記事 徹底比較
衆議院解散の動きが出てきた。安倍首相はアメリカから帰国後の25日にも解散を事前表明し国民に理解を求める方針だ。衆院選の争点は消費増税の使用方法や安保法についてだが、急ごしらえ感は否めない。安倍首相は「前世代型」社会保障などを柱と掲げている。一方で野党の動きとして民進党は共産党との協力に否定的だ。民進党を離党した細野氏は「小池氏らと月内に新党を立ち上げる」と表明した。小池氏は「解散の大義が分からない」と語っている。(産経新聞/日本経済新聞/朝日新聞/読売新聞/東京新聞)

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.