[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京株式市場」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (為替と株の値動き)

外国為替市場の円相場、ニューヨーク株式市場のダウ平均、東京株式市場の終値などを伝えた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月28日放送 13:00 - 13:05 NHK総合ニュース(経済情報)
東京市場の為替と株の値動きを伝えた。

2017年6月28日放送 10:00 - 10:05 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース・気象情報)
東京市場の為替と株の値動きを伝えた。

2017年6月28日放送 9:21 - 9:28 テレビ東京Mナビ(Mナビ)
東京市場ここまでの動き。きのうの欧米株が軒並み下落した流れを受け、日経平均株価は4日ぶりに反落しているが、寄り付き直後を安値に下げ幅を縮めており、現在は53.61円安の2017.48円。直居敦は「きょうは6月決算あるいは12月中間決算の配当権利落ち日。この配当落ち分が30円弱あると推定されるので、その分を加味すると本当の小幅安ということだと思う。きのうの欧米市場はある意味大きく下げているが、反対にユーロ高あるいはドル高が進み円安となり、このせめぎ合いで実質前日終値近辺ということができるのでは。円安の風はユーロの方から吹いてきているが、ECBがポルトガルで開いている年次総会でドラギ総裁が量的金融緩和の縮小を来年にも示唆をしたということで、大きくユーロ高が進んでいる。これがドルにも波及する形で円安、欧米金利が上昇する流れになっている」と解説。主力株について「米市場では半導体あるいはハイテク株の下げが非常に目立っている。こうした流れもあり日本でもいわゆる“値嵩株”任天堂などはきょうは下落している。ソフトバンクもあまり強い動きとは言えない。キヤノンはユーロ高の恩恵を受ける銘柄だが、一方で中間決算の配当落ち分もあり下げている」と解説。タカタの破綻で銀行株に重荷があるという報道について「27日までに日本経済新聞の報道で、タカタが東京地裁に申告していた債権リストが明らかになり、返済を巡る混乱も予想されるということで主な自動車メーカーあるいは銀行などへの影響が懸念されるという内容だった。きょうに関してはある程度自動車メーカーについては引き揚げているし、銀行株の負担ということもある程度織り込んできていると思う。それよりはむしろアメリカの方で金利や金融株が上昇している流れを受けて銀行株が上昇している。タカタ株はきょうも急落という動きになっている」と解説した。

2017年6月28日放送 8:15 - 9:55 NHK総合あさイチ(ニュース)
経済情報を伝えた。

2017年6月28日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本おはBiz
ニューヨーク市場、東京株式市場、シカゴ市場などを伝えた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.