[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京都知事選挙」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 2:54 - 3:30 TBS
時事放談 (ゲスト:増田寛也、片山善博)

東京都知事選挙当時の小池百合子氏について伝えられた。そこで番組に出演したときの小池百合子氏の様子が伝えられた。小池百合子氏は都議選の候補者選びでは女性候補者を意識すると語った様子が伝えられた。また希望の塾でも素晴らしい経歴の女性は多いと語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月24日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
去年、東京都知事選で落選した鳥越俊太郎は、週刊文春に女性問題を報じられ公正な選挙が違反されたとして、公職選挙法違反などで刑事告訴していた。しかし、東京地検は嫌疑不十分で不起訴とした。

2017年3月23日放送 16:54 - 17:45 テレビ東京ゆうがたサテライト(ニュース)
明日の証人喚問についてのスタジオトーク。明日参考人招致される元理財局長について出演者は「淡々と粛々と堂々と答えると思う。有能な官僚のため、安心して見ていられる」とコメント。明日の証人喚問での質問の切り口について出演者は「八億円の値引きの根拠。国交省の方で算定したと言って逃げるだろう」と予想。値引きが決まったスピードについて司会者が言及すると、出演者は「何らかの行政が忖度していることがあり得る。忖度は刑事事件になり得る要素だ。高級官僚の数千万の忖度でさえ刑事事件になるのだから、忖度して大きな金額が定価から差し引かれているのであれば刑事事件になるだろう」とコメント。他の出演者は「大阪府の件もそうだが、問題は記録が残っていないこと。かつてのHIV事件のように、後から記録が出て来ることもあるため記録の有無はしっかり調べて頂きたい」と語った。一連の問題を最初に追及した大阪豊中市議会の木村真市議は「誰が見ても不自然な値引きがどうまかり通ったのか。そこが聞ければ、と思う」とコメント。野党所属の出演者は「理事長にはまだ聞かなければならないことがある。国交省や元理財局長の話を聞いて再び理事長に話を聞くことになるだろう」と語った。与党側の出演者は「違法性がある状況がどこにあるのか、もしそういう状況があるのだとすれば既に司法に告発されているため司法の場で解決してほしい。理事長の偽証を疑う声も出ているため、そういった場合には与党側から理事長を告発すればいい」とコメントした。

2017年3月13日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワーク(ニュース)
今年7月の東京都議選に向け、23人公認全員の当選を目指す公明党と、都議会第1党を目指す小池知事率いる都民ファーストの会が政策合意、相互の選挙協力を行うことを発表。東京都庁では、中嶋義雄議員団長、野田数代表が記者会見を開いた。都政改革や、五輪・パラリンピック成功など10項目の政策合意を結び、公明党が定員が1、2人の選挙区で都民ファーストの会の候補を推薦し、都民ファーストの会が公明党の公認候補23人全員を推薦することにしている。中嶋議員団長は、国政とは次元を異にしている判断で自民党との協力はないという。会見後、都議会公明党の幹部らは小池知事と会談。一方、自民党都連の下村幹事長代行は、国政における態勢の流れで都民ファーストの会のほうにいくのは厳しい、国政での公明党との関係に与える影響にはわからない、これからの流れ次第などと話した。
西浦によると、連携による双方の狙いは、公明党は人気のある小池知事の支援を、都民ファーストの会は組織票がある公明党の支援を受けたい狙いがあるという。公明党は、去年7月の都知事選で自民党と足並みをそろえ小池と別の候補者を推薦したが、小池知事の就任後は距離を縮め、去年12月に自民党との連携を解消している。今回、都民ファーストの会が候補者全員の推薦で、公明党としては知事の人気を追い風に、全員当選を確かにしたい思惑がある。一方、都民ファーストの会は、自民党がほとんどの議席を確保している定員1、2人の選挙区で公明党の推薦を受けることで、無党派層だけでなく組織票も手に入れたい狙いがある。今後の都議選の影響には、小池知事が支援する現職が、自民党推薦の候補に3倍以上の差をつけ当選するなど強さを見せており、自民党、民進党から都民ファーストの会へ流出する動きも出ているといい、各党の選挙政略にも大きな影響を与えると見られる。

2017年3月12日放送 9:54 - 11:30 TBSサンデー・ジャポンサンジャポ的ワイドショー講習
石原元都知事、小池都知事は豊洲市場移転問題を巡り互いに牽制しあう。その最中文藝春秋に石原元都知事が小池知事へ向けた手記を寄稿。逃げ回っているという小池知事の批判に対し、都庁に自ら電話をかけ一対一で会って説明する旨を伝えていたと明かす。更に自分を批判する理由について2014年の都知事選で知事から応援を頼まれ承諾したが後に応援をやめたことにあるとあげた。それを受け知事は定例会見で都知事選出馬に応援して下さいとお願いしたことはないと反論。石原元都知事の証人喚問は今月20日に行われる。

2017年3月11日放送 6:00 - 8:30 フジテレビめざましどようびNEWS
東京都の小池知事は、10日発売の雑誌に掲載されている石原元知事の手記について、事実ではないと批判した。手記には、2014年の都知事選挙への出馬を検討していた小池氏が、石原氏に応援を求めたという内容が掲載されており、小池知事は「小説だなと思った」とし、「むしろ都知事にならないかと誘いを受けた」と批判した。また、反論記事を掲載する可能性についても言及した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.