[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「都議選」 に関するテレビ情報

2017年1月10日放送 23:00 - 0:10 TBS
NEWS23 (ニュース)

雨宮キャスターが小池百合子東京都知事をインタビューした。ファッションについて小池知事は、名刺入れも女性用は数枚しか入らないため、100枚位入るものを特注で作った、また、ハンドバックも自分で作ってしまったとこだわりを見せた。東京五輪の費用問題について、小池知事は今日、首相官邸を訪れ、安倍首相に協力を要請した。女性知事のメリットについては、しがらみがないと話し、デメリットはないとした。都議選については、しがらみを超える仲間を増やしていかなければならないと話した。小池知事は自身の政治塾などから40人規模の候補者擁立を検討している。千代田区長選挙で、石川雅己氏の対抗馬として出馬の意向を示している与謝野信氏は自民党都連に千代田区長選に対する支援要請・推薦依頼を提出した。
千代田区長選挙について小池知事は、東京大改革の流れを止めるのか進めるのか、大きなメルクマールになるんじゃないかとした。先月28日、都議会自民党の都議3人が離脱し、新会派を立ち上げを表明した。一議員から自民党の一員であるとも指摘もある自民党との関係について小池知事は、党本部には進退伺を出していると話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月23日放送 9:28 - 11:13 テレビ東京なないろ日和!新都議会スタート!東京の明日へ 東京都議会各会派代表にきく
新都議会スタート!東京の明日へ。7月2日には都議会議員選挙が行われて、新しい都議会がスタートしている。豊洲市場の移転問題や2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組み、また待機児童の問題など都民の関心の高いものばかり。都議会の新しい会派などの構成を見ていく。都民ファーストの会 東京都議団55人、都議会公明党23人、東京都議会自由民主党22人、日本共産党東京都議会議員団19人、都議会民進党5人、無所属(日本維新の会 東京都議会)1人、無所属(新風自民党)1人、無所属(都議会生活者ネットワーク)1人となっている。今日は都議会各会派の代表に集まっていただき、新しい都議会での抱負や、東京での課題などについて話しを聞いていく。各代表がそれぞれ挨拶を行った。8月8日には臨時会が開かれ、新しい議会の舵取り役となる議長と副議長が選出された。第48第東京都議会議長には尾崎大介さんが選出された。

2017年8月22日放送 23:00 - 23:56 TBSNEWS23(ニュース)
民進党代表選が告示された。新潟市で枝野幸男元官房長官と前原誠司元外相が外遊。1993年、前原氏と小池都知事は日本新党で初当選した。日本記者クラブでの会見で、前原氏は都議選の都民ファーストの会の勝利について、小池都知事の人気だとし、将来の連携に含みも見せた。枝野氏と共産党の小池晃書記局長はともに東北大学出身、去年の参院選前に枝野氏はカラオケに一緒に行くことは否定されなかったとし、カラオケは実現しなかったが参院選は共闘体制で一定の成果を挙げた。前原氏が共産党との選挙協力見直しを明言、枝野氏は継続の方針。小池書記局長は4党の野党共闘維持の考え。

2017年8月21日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング(女性議員の妊娠・出産で物議!?)
妊娠中の都議選立候補にも様々な声が…?

2017年8月14日放送 13:55 - 15:49 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
小池百合子は、6月20日に築地は守る、豊洲は活かすとし、豊洲移転、築地再開発の方針を決定。その方針決定までの検討過程の記録を毎日新聞が東京都に情報公開を請求したが、東京都側の回答は、小池百合子が外部有識者と協議したため記録がないとのこと。小池氏の側近は、戦略本部と並行した外部有識者との協議で豊洲移転・築地再開発案が検討されていたとのこと。これは専門家会議での市場の安全性と市場問題プロジェクトチームの市場の採算性をあわせ、市場のあり方戦略本部報告を集約し課題などを整理し、豊洲移転、築地売却案か豊洲移転、築地貸出案でまとまったが、非公開で小池氏が外部有識者と協議し、豊洲移転、築地再開発の最終判断を下したとのこと。先週の木曜日にこれはどういう事なのか聞かれた小池氏は、最後の決めは人工知能(AI)。人工知能というのは、政策決定者である私が決めたということで、一言で言えば政策判断だと話している。この発言に対し、伊藤惇夫は理解できないとし、これは政策判断ではなく政治判断だと指摘している。都議選に向けて最も有利な選択肢は何なのかという発想で決めたのではとも話した。
スタジオの生島は関西出身のということもあり、ギャグに近いのではなどと話した。そもそも豊洲移転、築地再開発も大枠だけ小池百合子が決めただけで、これから詰めていった場合にどういった問題点があるのか予断を許さない部分があると伊藤惇夫は話し、また、都民ファーストの会が都議選により大量当選したが、個別のアンケートには一切答えず、AIに支配されているのではなどとも話し、そろそろ活発的な議論が出てきてもいいのではとも話している。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.