[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「都議選」 に関するテレビ情報

2017年1月10日放送 23:00 - 0:10 TBS
NEWS23 (ニュース)

雨宮キャスターが小池百合子東京都知事をインタビューした。ファッションについて小池知事は、名刺入れも女性用は数枚しか入らないため、100枚位入るものを特注で作った、また、ハンドバックも自分で作ってしまったとこだわりを見せた。東京五輪の費用問題について、小池知事は今日、首相官邸を訪れ、安倍首相に協力を要請した。女性知事のメリットについては、しがらみがないと話し、デメリットはないとした。都議選については、しがらみを超える仲間を増やしていかなければならないと話した。小池知事は自身の政治塾などから40人規模の候補者擁立を検討している。千代田区長選挙で、石川雅己氏の対抗馬として出馬の意向を示している与謝野信氏は自民党都連に千代田区長選に対する支援要請・推薦依頼を提出した。
千代田区長選挙について小池知事は、東京大改革の流れを止めるのか進めるのか、大きなメルクマールになるんじゃないかとした。先月28日、都議会自民党の都議3人が離脱し、新会派を立ち上げを表明した。一議員から自民党の一員であるとも指摘もある自民党との関係について小池知事は、党本部には進退伺を出していると話した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月25日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
小池百合子都知事は「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。そんな小池氏の都民ファーストの会と対立しているのが都議会自民党である。きのうは都議選の候補予定者向けの研修会を開いた。自民党は全ての候補予定者を決定した。注目は引退した内田茂都議の地元・千代田区。この区の公認候補になったのは27歳会社員の中村彩氏である。中村氏は希望の塾の元塾生だった。一方、都民ファーストの会の候補は樋口高顕氏。都民ファーストの会は公明党や東京・生活者ネットワークなどと選挙協力をする。

2017年4月25日放送 5:00 - 6:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
都議選候補の離党が相次ぐ民進党。既に36人中11人が辞め、きょうも2人辞める予定。そのいずれも、小池知事率いる「都民ファーストの会」へ。民進党内からは「蓮舫執行部の責任問題では」という声も。また「離党容認し都民ファーストと共に推薦しよう」と提案まで。執行部は辞めた議員の扱いを検討中。

2017年4月24日放送 23:00 - 23:56 TBSNEWS23(ニュース)
おととい、自民党本部で、内田都議が自身の後継者である千代田区候補者の最終選考を行った。結果は27歳の中村彩氏だった。東京都連の下村博文会長は将来性、新たな魅力を換気できるとした。千代田区長選では、小池知事の推薦する現職に大敗した。対するのは都民ファーストの会の公認候補は樋口高顕氏、樋口氏は元警視総監の樋口建史氏の長男で、小池氏の政治塾の塾生。自民党都連は候補予定者向けに研修会を開いた。下村会長は流れを変えるとした。おととい、八王子市で、民進党の蓮舫代表が都議選公認候補の応援演説した。しかし、公認の現職都議、山下太郎都議と小山有彦都議が離党届を提出。民進党は公認候補の36人中、11人が離党届を提出した。向かう先は都民ファーストの会が多い。小池百合子都知事は東京大改革ができる方か否かはかっていきたいと話した。

2017年4月24日放送 20:45 - 21:00 NHK総合首都圏ニュース845(ニュース)
東京都議会選挙をめぐり、民進党の公認候補である現職の都議会議員2人が離党届を提出した。またさらに2人が提出予定で、これにより民進党の公認候補の3分の1超が離党の意思を示すことになる。これらの議員は都民ファーストの会との連携を目指すのではないかと伝えた。連合東京は候補との関係を考慮して支援を継続する考えだと伝えた。

2017年4月24日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワーク(ニュース)
告示まで2ヶ月を切った東京都議会選をめぐり、民進党の公認候補である現職の都議会議員2人が今日離党届を提出した。明日にもさらに2人提出の予定で、これで民進党が擁立した36人のうち3分の1を超える13人の公認候補が離党の意思をしめす見通しだ。これらの候補は無所属で活動し、都民ファーストの会との連携を目指すこととしている。民進党の支持団体である連合東京は候補との関係を考慮し、支援を継続することにしている。野田幹事長は離党届が相次いでいることに対し「残念とかなんとかというレベルではないことは間違いない。そうは言いながら歯を食いしばって党の旗をたてて頑張るという人達が、残ってよかったと思ってもらえるよう結果を出すことがわれわれの仕事。」と述べた。民進党都連は離党届の取扱対応を検討していくことにしているが、離党届が止まらない現状に危機感を募らせている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.