[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京都議会議員選挙」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 2:54 - 3:30 TBS
時事放談 (ゲスト:増田寛也、片山善博)

スタジオでは東京都議会議員選挙に向けて、前回の都議選のデータや総理大臣にふさわしいと思う人をランキングで載せたデータが紹介された。そこで今回の都議選を関心の高まりを踏まえて、投票率を53%として試算すると小池新党は47議席と第一党になると伝えた。投票率を60%にすると単独過半数になる。また総理大臣にふさわしいと思う人ランキングで小池百合子氏は3位にランクインしている。増田寛也は東京都議会議員選挙では「小池旋風」が起こると思うが、何を求めているかはわからないままではないかと語った。片山善博は自分に対してやかましい人が多いほうがチェック機能が働くのではと語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月27日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ4時です!Nスタ 日刊3コマニュース
締めくくりの総括質疑が行われた都議会予算委員会では都議会自民党・山崎議員が「市場のあり方戦略本部」が築地・豊洲以外の第3の道を議論するのか追及。小池知事は戦略本部の議論踏まえ総合的に判断する考えを示す。また、7月の都議選へ向けきょう女性局員を集め総決起大会を開いた自民党東京都連は小池知事への対決姿勢を強めている。

2017年3月27日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
浜渦氏の経歴をスタジオで紹介し、今月19日・20日の百条委員会・証人喚問に浜渦氏・石原氏が呼ばれたと伝えた。浜渦氏はテーマに沿わない内容が多く、知らないものは知らないと当時を振り返り、限界もあるし、迫力もないと批判した。
水道橋博士は浜渦氏と石原氏が庇い合っているように視聴者的には見ますよねとコメントし、鈴木明子は先に悪者を決めかかっていたのでそれでは質問がそこに至らないだろうなという印象は受けたと話した。
浜渦氏は百条委員会前に石原氏からお前も一緒に参加しないか?と連絡があり、その話を断って、知らないことは知らない。覚えていないことは覚えていないと言ったほうがいいと伝えたと暴露した。また石原氏は脳梗塞を患ってから記憶力が低下し、安定していない状態だと告白。そのうえでダンディーな人なのでいい男っぷりを見せようとしてリハビリに励んでいて、そんな中で百条委員会に呼んで議論するのはけしからんと思うと石原氏を擁護した。さらに浜渦氏は作家として情熱を返ってきてると明かし、都政の頃の記録はないと強く否定した。

2017年3月27日放送 5:00 - 6:30 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
民進党は自民・公明両党に太鼓する勢力の結集を目指し、当時の民主・維新の党が合流し結党。民進党結党から1年、この間に参院選で議席を減らした他、政党支持率向上せず、自民党との差がある状況が続き、蓮舫代表は危機感を示す。原発ゼロ実現のための法案や教育無償化進める法案を国会へ提出を目指す方針。更に国会審議で国有地が森友学園に鑑定価格より低く売却されたことへ追及を続ける。テロ等準備罪の新設法案に強く反対など7月の都議選もにらみ政党支持率低下中、政府与党との対決姿勢を明確にし、存在感を高め党勢回復に繋げたい考え。

2017年3月26日放送 11:55 - 12:55 テレビ朝日ビートたけしのTVタックル(政界に吹き荒れる嵐 ”新年度”を前に白黒つけろ!SP)
豊洲市場問題をめぐり、地下水の最新の検査で最大環境基準の100倍ものベンゼンが検出されたことがわかった。検査は今回を含め10回行われたが、はじめの8回は異常なしだったとされている。これについて専門家会議の平田健正座長は「地上は大丈夫。今測っていても、築地あるいは都内の濃度とくらべて遜色ない」と説明する。地下水はあくまで飲み水や食品の洗浄には利用せず、食品を扱う建物は地下空間とコンクリートで隔てられているため安全性問題はないとの見解だ。
土地取得の問題に安全性の問題と、豊洲市場問題にはまだ問題が山積している。しかし移転を延期したことで見込まれる豊洲市場の維持・管理費は1日およそ500万円。都は業者への補償額について50億円を計上。22日には小池知事が「都民の皆さまの意見を参考に総合的に判断していく。安心は消費者の理解と納得によるもの。そのためにも都民の判断に資する情報公開を進める」と述べるなどしていて、日本経済新聞によれば、都庁周辺では住民投票案も持ち上がっているという。今回は、豊洲市場問題の落とし所について議論する。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.