[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京都議会議員選挙」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 2:54 - 3:30 TBS
時事放談 (ゲスト:増田寛也、片山善博)

スタジオでは東京都議会議員選挙のアンケート結果では、民進党の票が小池新党に多く流れていると話題になった。民進党は組織があるわけではなく風頼みの所があるのが原因ではと増田寛也は語った。片山善博は自民党も浮動票が多くなったように感じると語った。また総理にふさわしい人で小池百合子がアンケートで3位になっていることについて話題になった。増田寛也は実際に総理になるのは難しいと思うと語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月26日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
フジテレビの世論調査で80%の方が興味があると回答した6日後の都議選。隠れた争点として、高齢化するニュータウンや団地の問題にどう対応するかが挙げられている。東京の多摩市や稲城市にまたがる多摩ニュータウンは高度経済成長を支えてきたが、1995年から高齢者の割合が増えている。東京・多摩市にある1970年代に建てられた団地は5階建てだがエレベーターがない。団地に昭和55年に入居し40年を過ごした馬嶋さんは、今後歳を取ると4階までの移動が不安だが公団ではないため工事が入らないと語る。多摩市や稲城市にまたがる多摩ニュータウンは開発から40年で高齢化が進み大きな問題になっている。
この多摩ニュータウンをどうするのか都議選の稲城市と多摩市の南多摩選挙区2議席を5人が争うことになる。自民党の小礒明候補は5期20年勤めてきた自民党の現職都議で高齢化する多摩ニュータウンには優先して高齢化に向かっている団地を対象としてエレベーターをつくるべきだと訴えた。都民ファーストの会から出馬するレゲエ歌手の斎藤礼伊奈候補は若い世代を呼び戻し活性化するという考えを示している。稲城市長を5期務めた石原良一候補は団地建て替えを進めている。共産党の新人の菅原重美候補はケアマネージャーとして高齢者に寄り添ってきた経験から高齢者がイキイキと暮らせす場所が重要であると訴えている。このほかに南多摩選挙区からは無所属の土居範洋候補が高齢者が相どの候補に託すのか判断のときが迫る。

2017年6月26日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
投開票まで1週間を切った東京都議選。テレビ朝日が週末に行った情勢調査で投票する候補者をおおむね決めている人のうち、都民ファーストと答えたのは26.7%に対し、自民と答えたのは25.9%とほぼ互角。ついで共産・公明・民進と続き、東京・生活者ネットワークと日本維新の会はそれぞれ1%前後の指示となっている。投票先を決めていない人が6割近くいるため情勢は変わる可能性がある。自民党はきょうから安倍総理が応援に入り巻き返しを狙う。都民ファーストの会の小池代表は「投票所へ行ってください」と呼びかけ、民進党の野田幹事長は「自民党の批判票は都民ファーストに流れている」とコメント。公明党も幹部が連日応援に入り国政並みの選挙戦を展開。東京・生活者ネットワークと日本維新の会は支持の拡大を訴えている。

2017年6月26日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタシリーズ 首都大決戦
最新世論調査の結果と都議選における各党の土日の動きを振り返った。6割近くの有権者が投票先を「まだ決めていない」と回答している。「決めている」とした4割の内26.7%が都民ファーストの会へ、25.9%が自民党へ投票すると答えており、互角の展開となっている。一方、小池知事を支持するとした回答は66.5%。小池知事の豊洲移転 築地は5年後めどに再開発の基本方針を評価するとしたのが54.9%となった。
告示後初めての週末を迎え、各党幹部が該当に立って支持を訴えた。街頭演説の回数をみると、自民・下村都会長が11か所、公明・山口代表が15か所、共産、志位委員長が6か所、民進・蓮舫代表が15か所、都民ファースト・小池代表が22か所、生活者ネット・西崎共同代表が15か所、維新・馬場幹事長が3か所となっている。一方、安倍総裁は街頭演説に立たなかったとのこと。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.