[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京都議会」 に関するテレビ情報

2017年3月20日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日
グッド!モーニング 7時のニュースまとめ

きょう石原氏が証人喚問される。事前の会見で展開した持論を、都議会はどこまで切り崩すか。焦点は移転決定時期と、対策費の増した理由。石原氏自身は「就任直後に豊洲移転することを福永元副知事から聞いた」など述べている。しかしその福永氏は「豊洲に決まったなんて言ってない」と証言。当時の市場長も「複数案提示した」など明かす。一方、対策費について「新たな汚染を東京ガスは費用負担なし」と契約。これも「私は無関係」と主張するが、元市場長から「知事に報告した資料が残っている」と否定された。なおきょうの質疑時間はわずか1時間のみである。スタジオ出演者は「もう小池知事が移転可否を判断しなければ」などコメントした。

URL: http://www.gikai.metro.tokyo.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月26日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタシリーズ 首都大決戦
選挙期間中唯一の日曜日となった昨日、各党の党首らが舌戦を繰り広げた。都内各地で応援演説を行う小池代表に、未だ多くの人気が集まっている。都民ファーストの会と都議会第一党の座を争う自民党・菅官房長官はこの週末、強気な姿勢で小池知事を猛批判。一方で低姿勢を現していたのは石破茂前地方創生相だった。都民ファーストの会と選挙協力を結ぶ公明党と生活者ネットワークは、小池知事とのパイプ役をアピール。是々非々の態度をとる共産党と民進党は小池知事批判よりも自民党批判に重きをおいた。

2017年6月26日放送 8:00 - 9:55 TBSビビット(ニュース)
小池都知事の就任後、初めてとなる都議選。焦点は、小池都知事率いる都民ファーストの会が都議会の最大会派になれるかどうか。金曜日の第一声から、自民党を痛烈に批判した小池都知事に対し、自民党も対決姿勢を強めており、各党選挙戦初日から、国政選挙並に党の幹部達を応援演説に投入する力のいれようである。16年ぶりに都議会の議席獲得を目指す社民党の党首は、小池都知事の豊洲移転の発表は、選挙のためだと批判した。
都議選で番組が注目したのが、1人区。1人区は、都内全部で7つあり、1人区を制した党が都議会第一会派になるといわれている。とりわけ、小池都知事と自民党の対決の象徴となるのが千代田区となる。千代田区は、都議会のドン・内田茂氏の地元だが、去年7月の都知事選、今年2月の千代田区長選と小池陣営に敗れている。千代田区の応援演説には、麻生財務相が駆けつけ、中村彩候補が小池都知事を批判した。中村彩候補は、希望の塾の元塾生であったが、今回の都議選では内田氏の後継者として自民党から立候補した。中村候補にここまでの手応えを聞くと、街の人達も声をかけて下さったりすることが増えたのでその点は良いと思っています等と話した。一方小池都知事は樋口高顕候補を千代田区の議席を奪うべく送り込んだ。樋口高顕候補は、街歩きをしたり、輪が広がっている実感がありますなどと話した。千代田区には須賀和男候補や後藤輝樹候補などが立候補している。有権者は豊洲移転の問題や候補者のマニフェストなどを基準に投票すると話していた。

2017年6月23日放送 18:10 - 18:52 NHK総合首都圏ネットワーク(ニュース)
都議選北区は都民ファーストの会幹事長・公明党・共産党・民進党の候補で3つの議席を争う。都民ファーストの会音喜多駿は「都議会を変えるには長年牛耳ってきた古い勢力ではなく、都民ファーストの会のような改革勢力に圧倒的力を与えてもらう必要がある」と発言。 他の候補らは「安倍自公政権が国政を私物化し戦争に向かってひた走る暴走政治に歯止めをかけたい」「小池氏の味方をするような人を多く当選させたらスピーディーな都政になるかもしれないが、議会軽視の政治が行われる可能性がある」「豊洲市場は安全が担保された市場。築地も豊洲も利用する案は絵に描いた餅になる。自民党に未来の都政を託してほしい」「都民の皆様方の暮らしを豊かにする実行力が問われている。小池知事と協力をして都政を前進させて頑張っていく」など、小池都政や政府への批判を交えて有権者にアピールした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.