[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京都議会」 に関するテレビ情報

2017年3月20日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日
グッド!モーニング 7時のニュースまとめ

きょう石原氏が証人喚問される。事前の会見で展開した持論を、都議会はどこまで切り崩すか。焦点は移転決定時期と、対策費の増した理由。石原氏自身は「就任直後に豊洲移転することを福永元副知事から聞いた」など述べている。しかしその福永氏は「豊洲に決まったなんて言ってない」と証言。当時の市場長も「複数案提示した」など明かす。一方、対策費について「新たな汚染を東京ガスは費用負担なし」と契約。これも「私は無関係」と主張するが、元市場長から「知事に報告した資料が残っている」と否定された。なおきょうの質疑時間はわずか1時間のみである。スタジオ出演者は「もう小池知事が移転可否を判断しなければ」などコメントした。

URL: http://www.gikai.metro.tokyo.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年4月27日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
豊洲市場移転をめぐる東京都議会の百条委員会で、浜渦武生元副知事と赤星元理事の2人の発言について、委員会が偽証であると認定する見通しとなった。理事会で自民党を除く全会派が認定することを確認したといい、来月の委員会採決で認定する。刑事告発するか否かは6月の本会議で議論される。

2017年4月26日放送 16:50 - 18:10 NHK総合ニュース シブ5時(ニュース)
豊洲市場移転をめぐる問題で浜渦武生元副知事・赤星經昭元理事の証言に偽証がなかったか理事会で詰めの協議を行った。その結果、自民党を除くすべての会派が両名の証言を偽証と認定することを確認した。浜渦元副知事は平成13年7月以降は交渉に一切関与していないと証言していたが、都の元幹部が異なる証言をするなど食い違いが指摘されている。また赤星元理事は確認書の存在を知らないと証言したことなどが偽証にあたる。来月に開かれる百条委で2人の証言が偽証と認定される見通し。

2017年4月24日放送 23:00 - 23:56 TBSNEWS23(ニュース)
おととい、自民党本部で、内田都議が自身の後継者である千代田区候補者の最終選考を行った。結果は27歳の中村彩氏だった。東京都連の下村博文会長は将来性、新たな魅力を換気できるとした。千代田区長選では、小池知事の推薦する現職に大敗した。対するのは都民ファーストの会の公認候補は樋口高顕氏、樋口氏は元警視総監の樋口建史氏の長男で、小池氏の政治塾の塾生。自民党都連は候補予定者向けに研修会を開いた。下村会長は流れを変えるとした。おととい、八王子市で、民進党の蓮舫代表が都議選公認候補の応援演説した。しかし、公認の現職都議、山下太郎都議と小山有彦都議が離党届を提出。民進党は公認候補の36人中、11人が離党届を提出した。向かう先は都民ファーストの会が多い。小池百合子都知事は東京大改革ができる方か否かはかっていきたいと話した。

2017年4月21日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!(ニュース)
「世界で最も影響力のある100人」に小池都知事が選出。しかしいま逆風が吹き始めている。知事のブレーンで市場問題PTの小島敏郎座長が、参考人招致されることになった。原因は「豊洲ヒルズ」案、小島氏提案の築地改修提案に反発が寄せられている。

2017年4月21日放送 11:55 - 13:45 フジテレビバイキング1週間の注目ニュース総ざらい
安倍内閣では毎月、国会で閣僚による失言等の問題が相次いでいる。民進党の野田幹事長は「政権としての緩みがあるのではないか。」等とコメントした。しかし、内閣支持率は1・9ポイント上がっている。有本さんは「野党が、国民が望むことをしていない事がこの結果に繋がっている。」等とコメントした。自民党の支持率は上がっているが、民進党の支持率は下がっている。東国原さんは北朝鮮問題等があると、国民は強い政権を求める。」等とコメントした。東国原さんは「このまま行ったら民進党は崩壊する。」等とコメントした。
民進党の長島議員と細野議員は離党届と辞表を提出している。有本さんは「本質的な議論になっていない事を国民は感じている。自民党には若い層の支持が厚くなっている。」等とコメントした。東国原さんは「国民1人1人が考えて投票行動を行うことに尽きると思う。安倍政権を崩すのは難しい。政権はあまり緩んでいると大きくしっぺ返しをくらうので、自戒を求めたい、」等とコメントした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.