[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京都」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 20:54 日本テレビ
内村カメラ 通行人が街頭大喜利&有名芸能人も多数参戦

東京・よみうりランドでジェットコースターに乗っている方に「腹の底に溜まっているものを思いっきりはきだして下さい」と出題。定点カメラが付いたヘルメットをかぶった人が、働きたくねえ、ハイスペックな彼氏が欲しいなどと答えた。このブロックの優勝者は婚約破棄された女性に決定した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月27日放送 23:56 - 0:55 TBS友だち+プラス芸能界マル秘人脈大公開SP
渡部建が友達だという、全国の食べログNO.1のお寿司屋さんを7軒紹介。1軒目は宮城県の弘寿司。オススメの四貫盛り合わせを番組D吉原が食レポすることに。彼はクラシックフレンチの重鎮、吉原満を父に持つ人物。寿司を食べて「卵の渋みがアクセントになっている」と語った。
続いて愛知県の「寿しの吉乃」を紹介。看板メニューは、しんこ八枚握り。食べた吉原Dは「あんまり魚の味がしない」とコメントした。続いては静岡県の「末廣寿司」で、マグロの一頭買いによる珍しいメニューが売り。特にオススメなのが「マグロのはがし」で、吉原Dは「邪魔になるものがない」とコメントした。続いては秋田県の「すし匠」。おすすめは「おはぎ」。米をマグロで包んだ一品。吉原Dは「やわらかいけどコリコリのアクセント」と語った。続いては熊本県の「鮨 仙八」で、番組司会の有田も訪れる名店。アオリイカの握りを食べた吉原Dは「ネチョッとしている」とコメントした。続いては東京都の「鮨さいとう」。渡部とは7年来の付き合いがあるという。最後は宮崎県の「一心鮨 光洋」。のどぐろの蒸し寿司を食べた吉原Dは「色んな味が入っている。幸せ」と話した。
スタジオで吉原Dは、領収書を渡部に渡した。

2017年6月27日放送 22:00 - 23:24 フジテレビイガイ星人ジャパパパーンイガイ星人ジャパパパーン
82歳の若宮正子さんは未婚の独身女性。シンプルな部屋に暮らし、豆なら何でも好きだという若宮さんのイガイな姿を目撃した。

2017年6月27日放送 21:00 - 22:54 日本テレビザ!世界仰天ニュースザ!世界仰天ニュース
2008年東京都で児童が水筒の回し飲みを行ったところ、6人にめまい、吐き気、頭痛の症状が出た。その症状の正体は急性銅中毒だった。銅はレバーやカキなどに含まれる必要な成分で銅は胃と小腸で吸収され肝臓に送られタンパク質にくっつき全身の赤血球や骨の形成を助ける。しかし、急激に大量の銅を摂取すると胃や小腸の粘膜を荒らし腹痛や嘔吐を引き起こす。これが急性銅中毒の初期症状。肝臓は銅を処理しきれず蓄積され、めまいや痙攣、肝硬変の症状を引き起こしひどい場合は死に至る場合もある。原因は水筒にあった。病院に運ばれた後、先生が水筒の中を見ると中のものが青緑色に変色していた。この水筒は母親が朝洗ってスポーツドリンクを入れ子どもに持たせたものだったが、使用していた水筒の内側はステンレスに穴が空き内部の銅が露出していた。そこに酸性のスポーツドリンクを入れた事で銅が溶け出した。家を出て6時間半後に飲んだ時には高濃度の銅が溶け出していた。酸性の飲み物はオレンジジュース、乳酸菌飲料、炭酸飲料がある。古い水筒や一部海外製品には注意が必要。

2017年6月27日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
片上六段は過去に2回佐々木五段と対局した事があり2回とも負かされたとのことで、ポイントは面白い手がどんどん飛び出してくること、用意周到な性格とのこと。佐々木五段が藤井四段の対局を視察にきていたことについては将棋界では珍しいとのこと。将棋では投了後に感想戦という将棋について話し合う場があるとのこと。佐々木勇気五段と藤井聡太四段の対局は7月2日午前9時半からとのこと。

2017年6月27日放送 16:50 - 18:10 NHK総合ニュース シブ5時シブ5時女子会
家畜の獣医師は採用困難で、どこの県も定員割れしているという。小渕さんは「うちの県(群馬)は管理職で退職された人にポストは外れて普通の職員として入ってもらわないと定員割れ」だと語る。東京や横浜などの大きい病院を勉強できる場所として就職の第一選択肢にしている人が多いという。家畜担当の獣医師の不足に拍車をかけているのが鳥インフルエンザや口てい疫などの感染症で、いつ発生するかわからないため24時間態勢で電話がつながるようにしていて獣医師は気の休まる暇もないという。感染症が発生すれば獣医師は家畜の処分を指示しなければならず、命を助けるためになった獣医師としてジレンマを抱えながらも感染拡大を抑えるため行うという。「日本を守っていると言ってもいい。買ったお肉を安心して食べられるのは先生方の努力があってのこと」だと伊藤さんがコメントし、それに小渕さんは「続けていくうえで乗り越えなきゃいけないことだが、伊藤さんのような理解者がいれば後に続く人もいる」とコメントした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.