[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東京都」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:00 テレビ朝日
週刊ニュースリーダー ニッポンの仕事人 週刊リーダー列伝

富士そば・丹道夫会長は、17歳で故郷・愛媛を離れ上京。様々な職を転々としながらアルバイトで日銭を稼ぐ日々が続き、時には上野公園で寝泊まりすることもあったそう。1964年、29歳の時、友人から誘われて不動産業の共同経営を開始した。当時は空前の不動産ブームで別荘が飛ぶように売れ、巨万の富を手に入れた。丹さんは毎月30億円売れたと話した。そんな生活を捨て立ち食いそば店を立ち上げた丹さんには、どんな狙いがあったのか?

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月30日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタNスタ4
東京上野動物園はジャイアントパンダ「シンシン」に妊娠の兆候とみられる食欲の減少や体の変化がみられたため25日から公開を中止していたが最新映像を公開した。動物園によるとニンジンを避けるなど食べ物を選り好みするようになり、睡眠時間が15時間を超えたりしているとのこと。今後は乳房が張るなどの体の変化や「巣作り」などの行動が予想されるとのことだが、パンダは妊娠していないのに妊娠しているような様相を示す場合があり、出産準備を進めながら慎重に観察を進めるとしている。

2017年5月30日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.特集
スープストックトーキョーのスマイルズ本社では、今年2月、のり弁作りが始まっていた。事業部長の我妻さんは「最高級ののり弁を作ることで、のり弁の安いイメージをひっくり返したかった。」等とコメントした。会社の戦略は、安いイメージがある身近な料理に価値を付け、高めに販売することだ。のり弁の相場は300円~400円だが、1000円で売る予定だ。
開発を任されたのは、店長の木皿さんだ。木皿さんはイタリア料理のコックだったが、腕を買われ去年7月に入社したが和食作りは初めでだ。木皿さんと我妻さんは佐賀県に向かった。2人は船でのり漁へ向かった。有明海は全国の海苔の生産量の約4割を占めていて、400種類の海苔がある。2人は海苔の加工工場へ向かった。漁師さんは「1回摘みの海苔で作れば最高の海苔弁が出来る。」等とコメントした。今回決めた海苔は、一般的な値段の約3倍するという高級品で、有明海で生産される海苔の上位1%の高級品だ。木皿さんはのり弁のおかずとして、数種類を試作している。木皿さんは築地市場で激選したサケや鶏肉の照り焼き等をのり弁に添えたが、我妻さんは「見た目が美味しそうじゃない。焦げ目があった方が良い。」等とコメントした。

2017年5月30日放送 15:08 - 16:00 NHK総合ごごナマオトナの○○事情
「大学を卒業した息子が無職で家にいる。この先どうしたらいいのか?」という悩み。美保さんは「1回ガスを止めて、誰かがお金を払わないとガスがつかないとかにしたら息子が働くんじゃない?切羽詰まらせないと動かないと思う」と提案。圓楽さんは「追い詰めるのではなく相談はあってもよい。話をしないと」「前座になって、食うことと働くことが一緒。働くのが楽しかったから。それを探さなきゃ」、大石さんは「自分の食いぶちは自分で稼がなきゃダメなんだということを知らないと前には進めない」などと話した。
視聴者からのメッセージを紹介。「子どものいない夫婦です。私たちが死んだ後、誰に遺産を管理してもらえばいいのか今から悩んでいます。動物が好きなので動物保護活動に使って欲しいと考えています」。圓楽さんは「遺書を残せば。ほっといたら一番近い人にいく」などと話した。

2017年5月30日放送 15:00 - 15:08 NHK総合ニュース・気象情報(関東甲信越のニュース)
先月。厚生労働省によると仕事を求めている人1人に対して何人の求人かを示す有効求人倍率は、東京・2.07、群馬・1.63、栃木・1.36、埼玉・ 1.18、茨城・1.43、千葉・1.23、神奈川・1.11倍となり、群馬県を除いて前月を上回った。有効求人倍率は1.48倍と、バブル期の最高だった平成2年7月の1.46倍を超えるなど高水準。厚生労働省は「製造業・建設業中心に新規の求人が伸びていて関東地方の雇用情勢は改善傾向にある。一方、人手不足の影響なども注視が必要」としている。

2017年5月30日放送 13:55 - 15:50 TBSゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜(ニュース)
舛添要一前都知事は一昨年5月からほぼ毎週末に公用車で別荘に通っていて回数は約49回にものぼる。去年6月、別荘を売却する決心をしたと言っていたが、まだ別荘は売っていないとのこと。売却は当時の自民党都議から知事継続を前提に提案されたとして知事を辞めて売る理由がなくなったとのこと。舛添氏は「別荘は2015年に股関節の手術を受けて温泉リハビリのためでした。他県の知事で東京から県庁に通っている人は問題にならず私だけたたかれるのは不公平。」と述べた。さらに、「経済のグローバル化に伴って格差が拡大した。だから私のちっぽけな別荘でもたたいてやれ、となった。」などと述べた。
伊藤氏は「持てない人から攻撃を受けていると言いたいのだろうが、持てる人なら何故政治資金などを使っているかが疑問。何故こういう理屈をこねるのかがわからない。」などを述べた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.