[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「東日本大震災」 に関するテレビ情報

2017年3月17日放送 20:00 - 21:30 テレビ東京
ニッポンの技で世界を修理 世界!職人ワゴン セルビア(2カ国目)

日本の職人らはセルビアを訪れた。セルビアは西欧と東欧が交わる「中央ヨーロッパの玄関」と言われてきた。また首都ベオグラードはヨーロッパ最古の街の1つとなっている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月23日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
普通出荷までの牡蠣の成長期間は2年以上だが、宮城・南三陸町の生産者らが国と共同で開発した「あまころ牡蠣」は10ヶ月で出荷できる。良い稚貝だけをかごに入れて育て、かご内の個数を少なくすることで早く成長するのだという。去年は約2万個だったが、今年は5倍の10万個を出荷した。10ヶ月の養殖期間で産卵をしないため栄養豊富で甘みも強い。貢献者不足で悩む生産者は期待を寄せている。

2017年5月23日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビOH!めざめエンタNOW
ディーン・フジオカが7月15日に生まれ故郷の福島・須賀川市にて初ライブを行う。東日本大震災があった2011年には台湾を中心にアジア圏で活動していたが、世界で感じたたくさんのことを震災を経験した子どもたちに伝えたいと強く希望した。(スポーツニッポン)

2017年5月23日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクア朝刊イッキみせ
東日本大震災で被災した自治体が、津波の浸水域に建っていたり、耐震性に問題があったりする施設を相次いで避難施設に指定している。 代替え場所がなく、安全面に課題があっても避難施設にせざるを得ないのが実状となっている。

2017年5月23日放送 4:10 - 4:11 NHK総合明日へ1min.(明日へ1min.)
福島・いわき市で端午の節句の風物詩となっていた「いわき絵のぼり」。絵のぼり職人・高橋謙一郎は、「のぼりの目は、生まれた子どもを優しく見守ると思って描いてるんです。」と語る。しかし、東日本大震災・原発事故を受け、のぼりの注文は激減した。それでも高橋謙一郎は今、子どもたちの幸せを願いのぼりを作り続けている。

2017年5月22日放送 10:50 - 10:55 NHK総合あの日 わたしは〜証言記録 東日本大震災〜あの日 わたしは〜証言記録 東日本大震災〜
住宅のおよそ半数が津波の被害に遭った岩手県陸前高田市長洞地区。震災後この場所に作られた工房にはここを拠点に活動するなでしこ会の女性たちがいた。彼女たちはここで月に数回集まり地区の冠婚葬祭に欠かせないお菓子ゆべしを作る。なでしこ会の会長戸羽八重子さんは津波で自宅を失い仮設住宅で暮らしている女性たちとともになでしこ会を立ち上げた。震災前、戸羽さんの自宅は海のすぐ近くにあり、家族は無事だったが自宅は津波で跡形もなく流された。戸羽さんを始めとした自宅を無くした住人たちは仮設住宅に身を寄せた。慣れない仮設住宅の暮らしに引きこもりなどを防ごうとなでしこ会で集まるようにした。なでしこ会の絆を深めることになったのが地区でおなじみのゆべしづくり。そのキッカケはこの場所に集まったボランティアにゆべしを振る舞ったところ、販売してほしいという多くの声が寄せられたことから。こうして本格的に始まったゆべしづくりはなでしこ会を代表する活動になっている。そんな戸羽さんは義理の父親が体調を崩し、亡くなるまでの1年間は介護に専念した。心身ともに疲れる中、メンバーの励ましが心の支えだった。平成27年3月、地域の再建も進み仮設住宅は無くなった。離れて暮らすようになったなでしこ会は活動を続けることで絆を更に深めていきたいと戸羽さんは考えている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.