[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「松山市(愛媛)」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日
グッド!モーニング (オープニング)

愛媛・松山市できのうから道後温泉まつりが行われている。イベントを盛り上げるため4体の女神輿が登場。まつりはきょう夜まで行われる。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月23日放送 0:15 - 1:00 NHK総合ファミリーヒストリー友近〜見つかった亡き父の書き置き 70年前の真実〜
友近さんの本名は友近由紀子。友近家のルーツで気になっていたのは満州に渡った武雄の真相を知りたいという。おじいちゃんの死に方を知らなかったという。友近さんの実家を訪れお父さんの遺品を見せてもらった。祖父武雄はもともと中川姓で友近家の家督を継いだ。22歳の時松山地方裁判所で働き始めた。武雄は満州国に向かった。満州では実務経験のあるものが求められていた。昭和11年12月に武雄が新京、今の長春の地方法院の書記官として勤務され始めたという。満州各地の裁判所で書記官をしていた。昭和17年満州に見合い写真が送られてきた。13歳年下の野本ハツ子さんだ。ハツ子の叔父三好守は武雄の仕事場の先輩で見合いを勧めたという。ハツ子の親戚が思いでを語ってくれた。ハツ子は乗り気ではなかったという。叔父の守がハツ子を説得させたという。昭和17年2人は結婚し満州に向かった。満州のピーナツをよく食べていたという。18年ハツ子は勝之を出産した。
昭和19年瓦房店の裁判所に転勤した。大連から北に100キロほど行ったところの街だ。2人は公務員宿舎で暮らしていたという。現在そこにはバスターミナルがたっている。この頃日本本土には激しい空襲があったが満州では穏やかな生活だった。1945年8月9日ソ連軍が満州に侵攻し8月19日瓦房店にやってきた。ソ連軍は暴徒のように物を盗んだという。友近家の近くに住んでいた池田さんはその日生活するために持ち物を売って食べ物に換えていたという。10月になると中国共産党軍がやってきた。共産党は強くコントロールするため生活は窮屈になったという。終戦から7ヶ月後郁子が生まれる。ハツ子は栄養不足のため母乳を与えられなかった。引き上げることも出来ず終戦から1年がたち武雄は隣の家に用事があるとし出かけたが、直後共産党軍の兵士がやって来た。武雄を探しているため隣の家にいると話した。ハツ子は呆然と見送ったという。

2017年3月20日放送 6:30 - 6:53 NHK総合インタビュー ここから(ここがもう1つのふるさと 歌手 坂本冬美)
中島へ向かうフェリーでは「白いかおりの島へ」が流れていた。この曲は坂本さんが22歳あたりの頃歌った曲だという。「この景色の中でこの船に乗って瀬戸内海で聞くからこそこの曲が生きるんだろうなと思います」と話した。初披露されたのは平成元年に開催された中島ばんざいまつり。その後時報や運動会などに使用される曲として島に定着した。沢山の島民が坂本さんの到着を「おかえりなさい」の言葉と共に歓迎した。
一昨年には「白いかおりの島へ 」の歌碑が建てられた。坂本さんは若い時に歌った曲がここまで愛される曲になるとは思っていなかったという。若いころの思い出のひとつだったという坂本さんだが、その記憶も薄れるほどの多忙な日々を送る。年間に200本近いステージ、テレビやラジオなどで心身ともに疲弊していった。デビューから15年で体調を崩し突然の休業、1年後に復帰をしたが歌手としてやっていけるのかどうか不安と戦っていたという。
松山市との合併で町の名前が消えてしまう、その前に中島に来てほしいという多くの手紙が寄せられ、坂本さんは平成16年に再び中島を訪問した。当時コンサートを行った中島総合文化センターを訪れた。500ある席は満席となり坂本さんにとって大きな転機となったきっかけだった。その時に「白いかおりの島へ」をずっと島民が歌っていたことを初めて知ったという。訪問した時に「おかえりなさい」と歓迎された時は涙が溢れてきたと語った。そしてやっと観客とのキャッチボールができるようになったと話した。
中島の方の温かい声援のおかげで歌手としての気力など取り戻した坂本さんは度々中島を訪問し島民と交流を深めてきた。久々に中島を訪れた坂本さんに島民は昼食を共にと誘った。そこで3月の終わりが誕生日の坂本さんのために島民によるケーキが用意された。
坂本さんは3月からデビュー30周年のコンサートツアーが始まり全国を飛び回る日々を送っている。島民との絆の大切さ、ありがたいという思いを沢山の人にお返ししたいとステージに立っている。コンサート中坂本さんは観客に次々と話しかけ、感謝を届けたいという。独りよがりな歌ではいけない、と話した。30周年を記念し坂本さんはふたつの新曲を発表した。ひとつは本格的な演歌、もうひとつは全くテイストの違う2曲で現在の坂本冬美を披露している。30周年はがむしゃらに走り続けなきゃならないが来年からはゆったりとしたスケジュールでやっていけたらいいな、と話した。白いかおりの島へが繋いだ絆は坂本さんにとって深いものとなった。

2017年3月16日放送 8:15 - 9:55 NHK総合あさイチピカピカ☆日本
きょうは愛媛県松山市の”さくふわ”な食べ物を紹介。

2017年3月16日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングお天気検定
愛媛・松山市の様子。天気予報と乾燥注意報を伝えた。

2017年3月15日放送 19:00 - 21:54 日本テレビ「悪い奴らは許さない!」直撃!怒りの告発スペシャル「悪い奴らは許さない!」直撃!怒りの告発スペシャル
愛媛県松山市の松山市役所に生活保護費の不正を調査する専門チームがある。メンバーは役所の職員と警察OBで構成され彼らは不正受給の疑いがある人物を追跡、その実態をあぶり出す。彼らが調査する50代の女性は介護の仕事をしているが収入が約4万円しかなく生活が苦しいと深刻、足りない生活費として月約8万円を受け取っていた。だが匿名の通報で役所に登録している住所に住まず車を乗り回しているという。保護費のうち約3万円は家賃として支給されている。女性が借りているマンションへ行くとポストに入ったチラシは雨風でボロボロになっていた。電気メーターも回っていなかった。女性の実家は貸店舗で父親は家賃収入を得ていた。親族から援助が可能であれば生活保護を受ける理由はない。職員は実家の前で張り込みを行った。2時間後、女性が実家から出てきた。そして停めてあった車を運転しだした。松山市では事故などの賠償が出来ない恐れがあるため受給者の車の運転は原則禁止にしている。車の行き先は行列のできる人気店だった。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.