[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「松浦亜弥」 に関するテレビ情報

2017年3月18日放送 18:10 - 18:45 NHK総合
歌う!SHOW学校 青森県 三沢市

五木ひろしがピコ太郎の「PPAP」を披露した。
出演者らが”春といえば”をテーマに自己紹介した。
はるな愛が松浦亜弥の「Yeah!めっちゃホリディ」に合わせパフォーマンスを披露した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月22日放送 0:35 - 1:05 テレビ東京欅って、書けない?みんなで澤部さんをお祝いしよう!
澤部の出身地である原市にやってきた。地元を案内してくれるのは岩井。原市駅前公園では子供の頃はよく遊び、大人になってからはネタ合わせしていた場所。澤部が1日だけバイトをしていたいなげやを紹介。お店にお祝いコメントの交渉をしたが、1日しか働いてない人と関わりたくないと断られたという。続いて幼稚園に向かうが授業中のため撮影NG。
一行が次に向かったのは澤部も岩井も中学時代から通うらーめん正直もん。ハライチがオススメのラーメンを注文し店長に当時を振り返ってもらうと、テレビとそのままと話した。中学時代の澤部は、付き合っていた女性がいたが、近所の同級生の男の子に取られた。携帯の彼女からの着信音を松浦亜弥「100回のKISS」にしていて、鳴らない着信音を待っていたと岩井が明かした。ここで澤部の思い出のラーメンが登場しラーメンを堪能。澤部の家族について、父親は寡黙で澤部も家ではしゃべらないので暗い家、遊びに行くとちょっと暗い気持ちになると岩井が話した。らーめん正直もんの店長から澤部への誕生日のコメントをもらった。

2017年5月8日放送 23:56 - 0:55 TBSMomm!!俺の人生チャート~歴史に歌あり~
澤部佑の人生年表を元に、彼の人生に影響を与えた歌などを紹介していく。ツッコミ能力が高く、テレビ出演も多い澤部だが、9歳の時に初めて買ったアルバムはSMAPの「SMAP 007~Gold Singer」だという。「KANSHAして」などが収録されたアルバムで、 澤部は将来SMAPに入りたいほど大好きだったとのこと。渡辺麻友は初めて買ったCDが、AKB48の「桜の花びらたち」だと話した。
13歳の時の澤部の思い出の曲は、BAADの「君が好きだと叫びたい」。中学時代の友人、國司壮太郎さんによると、当時の澤部はよくモテたようで、卒業までに何人かに告白されたという。
澤部佑は14歳で初めて、木村カエラ似の彼女が出来たという。当時の思い出の曲は、松浦亜弥の「100回のKISS」。澤部はファーストキスの思い出について、前日に電話で彼女に予約したと語った。しかし16歳の時に、幼馴染に彼女を奪われてしまったという。その時は松浦亜弥の「LOVE涙色」をよく聞いていたという。
しかし17歳の時に、高校のマドンナと仲良くなった澤部。修学旅行で「2人で抜け出さない?」と手紙をもらったが、悩んでいるうちに寝てしまったという。それ以来連絡はとれなくなったとのこと。その当時よく聞いていた曲が、Kinki Kidsの「薄荷キャンディー」。横澤夏子は、自身の失恋ソングがHYの「366日」だと話した。三四郎小宮の失恋ソングは、中島みゆきの「糸」。
澤部の相方、岩井勇気へのインタビュー映像を紹介。岩井は、漫才は澤部としかできないと愛情を語った。スタジオの澤部も、婚姻届の証人は岩井に書いてもらったと話した。そんな澤部の、23歳の時の思い出の曲がFoo Fightersの「Monkey Wrench」。このころドラマで共演した岡田将生と仲良くなり、フェスなどに行くほどの親友になったという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.