[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「松野文部科学相」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:15 - 6:30 TBS
JNNニュース JNN NEWS

松野文部科学相は、内部文書とされる分書について調査をし、文書の存在は確認できなかったとした。幹部の7人とも、文書に記された「総理の意向」などの文言を内閣府から言われた記憶はなしとしていて、職員使用のパソコンの共有フォルダーにも文書は存在しなかったという。ただ、文部科学省は職員個人のパソコンは調査しておらず、今後も調査の予定はないとしている。文書に実名で登場する北村直人元衆議院議員は、調査結果について「不可解だ」としている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月27日放送 5:30 - 6:15 TBS上田晋也のサタデージャーナル(オープニング)
加計学園問題の最近の動きを紹介。当時文科省のトップだった前川前事務次官が会見し、報道されている文書は本物であると述べた。文書では学園の獣医学部新設について「総理のご意向」との記述があり、真偽が争点となっている。菅官房長官は、文書は出所不明であるとの考えを示した。国会でも野党議員から文科相への質問が行われた。

2017年5月26日放送 23:58 - 0:55 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜ユアタイム NEWS
加計学園問題で、前文部科学省事務次官が異例の告発。菅官房長官は8つの文書に信ぴょう性が欠ける、と前事務次官の主張を全面否定。前事務次官の出会い系バーの出入りについては、調査なら1回2回だと指摘。麻生副総理兼財務相は「退職した人がどう言おうと私に関わることではない」とした。「総理のご意向」など書かれた文書について、衆院文科委員会で、民進党の今井議員が追及。松野文科相は再調査の必要はないと否定。自民党の二階幹事長は誰の意見を伺うより、総理や官房長官を信用したいと話した。ある省庁幹部は「役人として会見は共感するものは多かったが、官邸批判する人はいない」とした。田崎史郎氏は3年前に内閣人事局が設置され、総理と官房長官が人事権を握る形になっているので官邸を見て仕事をすると指摘。石破前地方創生相はゆがめられたとされる国家戦略特区における獣医学部新設で満たす4条件について、満たせば認めなければいけないと指摘。山本幸三地方創生相は4条件は満たしているとした。野党側は証人喚問を求めたが、与党が拒否。

2017年5月26日放送 23:15 - 23:55 NHK総合ニュースチェック11(CHECK 政治)
大学の獣医学部の新設をめぐり、文部科学省の前の事務次官が「総理の意向だ」等と記された文書は文部科学省で作成されたと主張したことについて波紋が広がっている。これに対し、松野文部科学相は、再調査する考えはないと示した。菅官房長官は、出所不明で信ぴょう性も欠けるなどと述べた。野党4党は、前川氏の証人喚問と首相が出席しての集中審議開催を求めることを決めた。山井氏が前川氏の証人喚問などを求めた事に対し、竹下氏はいずれの要求にも応じられない考えを示した。

2017年5月26日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
きのう、国家戦略特区での大学の獣医学部新設をめぐり”総理の意向だ”などと記された文書について前川喜平前事務次官が「確実に存在していた」と文部科学省で作成されたものだと主張し、国会でも証言するとの意向を示した。これを受け国会では”文書の存在を再調査をすべき”と野党が追求した。対する与党は再調査する必要はないとした。野党は追求を強めている。自民党は「総理のご意見を信用したい」との声が上がる一方で石破氏は「決定が公平公正か問われるべき」とした。野党4党は前川氏の証人喚問などを与党に求めるも、自民党は応じられないとの考えを示した。また29日に「テロ等準備罪」法案が審議入りし、30日に衆院法務委で安倍首相の出席を求め質疑が行われることが決定した。
国会ではテロ等準備罪を始め重要法案の審議が多く残っている。会期末も近づいているなかでこの問題がどう扱われて行くか政府与党の対応は変わらないのか?野党はどこまで追求するのか?

2017年5月26日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
前川前事務次官が文科省で作成されたと主張したのは、学校法人加計学園が運営する獣医学部新設をめぐり作成されたとされる文書である。今日の衆院文部科学委では野党からの追及に対して、松野文科相は再調査する考えはない考えを重ねて示した。松野氏は担当部局職員が文章作成・共有していないことが明らかになり確認されていないため、前川前事務次官にヒアリングを行う必要はないとし、職員が真摯に調査に対応したと考えているとした。特区制度の下で今治市と加計学園が選考されたいきさつについて、前川氏は極めて薄弱な根拠のもとで規制緩和が行われ公正公平であるべき行政のあり方が歪められたと認識しているとした。また、政権中枢からの意向、要請に逆らえない状況があるとした。文書の中に総理のご意向、官邸の最高レベルが言っていると書かれていたことについては、最高レベルは誰かわからないが総理か官房長官のいずれかだと思ったとした。二階幹事長は意見を述べる立場ではないが、真意を確かめてみる必要があると思うが我々から進んで踏み込むつもりはないとした。公明党の井上幹事長は責任持っていた組織に何か瑕疵があったかのように言うのは理解できないとした。民進党の蓮舫代表は前川氏の言葉には非常に重いものがあると受け止めた、証人喚問要請をしっかりしていきたいとした。共産党の志位委員長は行政がゆがめられた疑惑があれだけ明瞭になっている以上与党は証人喚問の要求にただちに応じるべきとした。日本維新の会の遠藤国対委員長は証人喚問・参考人招致を是が非でも呼ぶべき状況にはないのではないか、国民に説明を果たしていくのは必要ではないかとした。
国会でも経緯を証言する意向を示した前川氏。野党4党は国会対策委員長が会談し、前川氏の証人喚問と首相出席し衆院予算委の集中審議を開催することを与党側に要求することを決定した。民進党の山井国対委員長は自民党の竹下国対委員長と会談し、前川氏の証人喚問などを行うよう求めたのに対して竹下氏は現時点ではいずれの要求にも応じられないという考えを示した。山井氏は国会には今回の加計学園問題の真相を究明する義務があるとし、竹下国対委員長は政治の本質に何も関係ないと前川氏は明確に断ったとした。菅官房長官は出所不明で信ぴょう性も欠けるため昨日の会見があっても変わらない、手続きにおいても国家戦略特区法に基づき行政がゆがめられたとの指摘は全くあたらないとした。更に、会見では女性の貧困問題調査のためにいわゆる「出会い系バー」に出入りし、かつ女性に小遣いを渡したということには強い違和感を覚えたとし、教育行政の最高責任者がそうした店に出入りし小遣いを渡すようなことは到底考えられないとした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.