[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「桑田真澄」 に関するテレビ情報

2016年2月17日放送 23:45 - 0:40 フジテレビ
LIVE2016あしたのニュース&すぽると! 今日の撮っておき!

元巨人の桑田真澄のモノマネ芸人の桑田ます似が中日のキャンプを視察。谷繁元信監督に桑田のモノマネを披露。「似てる」と絶賛された。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月28日放送 21:00 - 21:54 日本テレビ行列のできる法律相談所(オープニング)
弁護士軍団がゲストの家族にまつわる話を紹介。北村弁護士はMattの、菊池弁護士は菜々緒の、本村弁護士はブルゾンちえみの家族にまつわるニュースを紹介した。

2017年5月20日放送 17:00 - 17:30 TBSバース・デイVol.571 伝説の10.8決戦 23年目の真実
1994年10月8日、勝ったほうが優勝する史上初の最終戦決戦が巨人-中日で行われた。当時の巨人を率いていた長嶋茂雄監督は国民的行事として盛り上げた。ナゴヤ球場には3万5000人を越す観客、スタンドにはイチローの姿もあった。視聴率はプロ野球史上最高の48.4%。試合は2回、今中慎二から巨人・落合博満のソロホームランで先制、中日も追い上げて同点。巨人3点リードで迎えた9回裏、巨人が激闘を制し優勝をもぎ取った。最高の試合に押し上げた立役者こそ、敗者となった中日投手陣だった。
中日のリリーフ投手陣だったのが10.8決戦の2番手としてマウンドに登板した山田喜久夫。山田は東邦高校エースとして甲子園に3度出場、1989年のセンバツでは優勝。ドラフト5位で中日に入団、高卒1年目から1軍に登板、実績を積み重ねた。10.8決戦ではプロ2年目の松井秀喜と対戦、必殺のカーブを出したが完璧に捉えられホームランを打たれた。このホームランが決定打となり中日は勝利を逃し、最後の光景をベンチでみていた。その後、広島にトレードされるも28歳で現役引退となった。
引退から18年、山田は野球とは無縁のわらびもち屋「喜来もち ろまん亭」を営んでいる。2014年にオープンしたお店で、国産の本わらび粉を使用、美味しさが評判を呼んでいる。そんな山田は当時に戻れたら「もう一回、カーブで勝負したいと思っている」とコメント。

2017年5月14日放送 13:15 - 14:15 日本テレビたった1問で分かる!カリスマテストたった1問で分かる!カリスマテスト
テスト:星型を自由に塗ってください。ゲストの滝沢カレンらを紹介した。塗ってもらった絵をオープンした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.