TVでた蔵トップ >> キーワード
「桑田真澄」 に関するテレビ情報

2010年12月20日放送 0:15 - 1:05 TBS

S☆1 間違いだらけの野球の常識 桑田真澄 野球を学問する。

桑田真澄が投球フォームの新常識、勝利のテクニックを伝授する。これまでコントロールを良くする投球フォームを身につけるにはボールを離すときの指先の感覚が大事だと言われてきたが、桑田真澄は指先の仕事は100あるうちの1でよいと話す。逆に手先でコントロールしようと思うとコントロールはつかないという。
本当のコントロールは体全体で大きな筋肉を使い覚えていくと主張する桑田が、たらいを使った仰天のトレーニング方法を伝授していた。重い物が入っているのをイメージしてやると体重移動がしやすくなるという。また肩を下げることで全身を使った投げ方ができるようになり、球威も増すという。
桑田が投げる直前にキャッチャーを見てしまうと顔が前に出てしまい、バッターにボールがすぐ見えてしまうので、左の肩甲骨に目があると意識して、その目を使って投げるように特訓していた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2016年4月21日放送 23:30 - 0:30 テレビ朝日アメトーーク!ゴールデン延長戦(3) 芸人体当たり シミュレーション
ぬるぬるローション三段跳びの未公開を紹介。永野はファールで失格だった。ファラオは記録40cmだった。ファラオはらっきょさんを目指していると話し、小峠はどちらかと言えば俺だよと話した。あばれる君は桑田さんに似てるとPerfumeにも見せた。

2016年4月19日放送 15:53 - 19:00 TBSNスタ4時です!Nスタ 日刊3コマニュース
今日勝てば14年ぶりの勝ち点獲得となる東大野球部。東大野球部は1981年に1シーズン6勝を上げる快進撃を記録したが、それ以降は去年までの6年間で94連敗を記録した。最難関の入試にスポーツ推薦もないため、強豪選手を受け入れることも難しかったが、それでも野球部は有望な高校球児をスカウトし、入試対策合宿を敢行した。また2013年には桑田真澄さんを特別コーチに招き入れた。こうした成果が、この春に一気に開花。3年生の宮台康平投手は早大戦で13奪三振を記録し、明大戦では逆転勝ちを収めた。
きょう行われた東京六大学野球の明大と東大の試合。東大は3回裏で3失点するも、8回には反撃ののろしをあげる3欄ホームランを放った。
東京六大学野球で好調の東大野球部。きょう行われた明大との試合では、3-12で敗戦。エースの宮台投手も3回で降板し、14年ぶりの勝ち点獲得はならなかった。東大野球部は1919年に創部され、六大学野球ではリーグ最多の94連敗を記録。六大学で唯一、スポーツ推薦がない。14年ぶり勝ち点獲得のため、去年2月には沖縄キャンプを実施。バッテリーの強化のため、1日15kmを走り込んだ。浜田一志監督によると、体を作るため食事を重視し、1人5000キロカロリー摂取を目標にしているという。

ガラポン リンク

© 2009-2016 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.