[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「桑田真澄」 に関するテレビ情報

2010年12月20日放送 0:15 - 1:05 TBS
S☆1 間違いだらけの野球の常識 桑田真澄 野球を学問する。

桑田真澄が投球フォームの新常識、勝利のテクニックを伝授する。これまでコントロールを良くする投球フォームを身につけるにはボールを離すときの指先の感覚が大事だと言われてきたが、桑田真澄は指先の仕事は100あるうちの1でよいと話す。逆に手先でコントロールしようと思うとコントロールはつかないという。
本当のコントロールは体全体で大きな筋肉を使い覚えていくと主張する桑田が、たらいを使った仰天のトレーニング方法を伝授していた。重い物が入っているのをイメージしてやると体重移動がしやすくなるという。また肩を下げることで全身を使った投げ方ができるようになり、球威も増すという。
桑田が投げる直前にキャッチャーを見てしまうと顔が前に出てしまい、バッターにボールがすぐ見えてしまうので、左の肩甲骨に目があると意識して、その目を使って投げるように特訓していた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月20日放送 4:25 - 5:25 フジテレビめざましテレビ アクアスポーツ紙イッキみせ
スポーツニッポンは現在23歳の畠投手は去年の秋のドラフト後、右肘の手術を受けたため2月のキャンプは3軍スタートだったと報じた。「リハビリ中はしんどかったけど絶対に復帰できると信じていた」と振り返るものの先の見えない日々を送っていた4月上旬、畠投手のもとに憧れの先輩・桑田真澄が訪れ室内練習場で一緒にノックを受けるなど夢のような時間を過ごした畠投手は改めて桑田のような投手になりたいと思いを強くしたという。

2017年7月17日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタトクする!3コマニュース
清宮選手についてホランさんは、落ち着きと貫禄が高校3年生とは思えないと話した。西東京大会4回戦で早稲田実業は14対0で都立芦花高校を下した。この試合は4回戦だが注目され、観客は4600人、試合開始3時間前に約300人の行列ができていた。報道陣は34社111人が集まった。清宮選手は公式戦7試合連続ホームラン。今日は満塁ホームランで高校通算105号となった。さらに今日は父であるラグビー・ヤマハ発動機監督の克幸さんの50歳の誕生日。試合後「父の誕生日は分かっていたので最後の最後に出てホッとしてます」と答えた。ハセンさんは、メディアにも注目されているしこういうこともあるのに打てるのはものすごいメンタリティと話した。ホランさんは、芦花高校も頑張りましたけどねと話した。
高校通算ホームランの記録では、清宮選手は現在105本で2位。1位107本を打った山本大貴選手に2本までと近づいた。プロ野球のホームランバッターをみると、中田翔選手が87本、中村選手が83本とホームランバッターが高校の時からよく打っていることがわかる。山本大貴選手は現在23歳。兵庫県淡路島出身で神港学園に進んだ。高校野球史上100本以上ホームランを打ったのは山本選手が最初だったが、甲子園出場経験はなく県大会ベスト4が最高。卒業後は社会人野球に進みJR西日本で活躍したが去年現役で引退し現在は広島・西条駅の駅員として働いている。ホームランを打てた理由は、プロ並みのスイングスピードがあったこと、チームの転がすより打球を上げろという方針。井上さんは、チーム野球を求められるのでゴロでと良く言われる、これは珍しいなどと話した。さらに自身で学校のグラウンドが狭かったなどと話した。神港学園のグラウンドはセンター105メートル、右翼90メートル、左翼100メートル。甲子園球場は両翼95メートル、センター118メートルとなっている。
高校の通算ホームラン記録は、公式戦と練習試合を足したもの。メディアが選手への取材で調べたもので、記録はPL学園のKKコンビから始まったなどと説明した。清宮幸太郎選手の早実は甲子園まであと4勝しなければいけない。

2017年7月5日放送 11:55 - 13:55 日本テレビヒルナンデス!ギンザシックス 3時間体感ツアー
4月20日にオープンした「GINZA SIX」。延床面積は約15万平方メートル、241店舗が入っている。きょうは6カ所でギンザシックスを満喫するおいしいところだけ3時間ツアーを紹介。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.