TVでた蔵トップ >> 番組 >> ジャンル >> アイテム
桑田真澄

2010年12月20日放送 0:15 - 1:05 TBS

S☆1 間違いだらけの野球の常識 桑田真澄 野球を学問する。

桑田真澄が投球フォームの新常識、勝利のテクニックを伝授する。これまでコントロールを良くする投球フォームを身につけるにはボールを離すときの指先の感覚が大事だと言われてきたが、桑田真澄は指先の仕事は100あるうちの1でよいと話す。逆に手先でコントロールしようと思うとコントロールはつかないという。
本当のコントロールは体全体で大きな筋肉を使い覚えていくと主張する桑田が、たらいを使った仰天のトレーニング方法を伝授していた。重い物が入っているのをイメージしてやると体重移動がしやすくなるという。また肩を下げることで全身を使った投げ方ができるようになり、球威も増すという。
桑田が投げる直前にキャッチャーを見てしまうと顔が前に出てしまい、バッターにボールがすぐ見えてしまうので、左の肩甲骨に目があると意識して、その目を使って投げるように特訓していた。

ココで探す!

Wikipedia
Wikipedia

から探す

Bing

から探す

他にもこんな番組で紹介されています…

2014年10月22日放送 15:53 - 19:00 TBSNスタ日刊 中吊りニュース
あすに迫ったプロ野球ドラフト会議で桑田真澄さんの息子の桑田真樹選手が運命の指名を待つ。真樹選手は外野手で俊足が最大の武器である。息子の活躍は真澄さんにとって大きな喜びであり、真樹選手はみんなにプレーで見せていきたいので頑張っていきたいとコメントした。ドラフト会議はあす午後4時53分、夢を追う親子の壮絶人生ドキュメントお母さんありがとうはあすよる7時放送。
2014年10月19日放送 18:00 - 18:55 日本テレビ真相報道バンキシャ!真相/「名門」に何が…PL学園野球部
大阪の山本球場では地元の八尾フレンドボーイズが野球の練習を行なっている。PL学園に多くの選手を送り込んだ名門で桑田真澄も所属していた。このチームの野球少年の目標はPLで野球をすることであった。名門PL学園は春夏合わせて7度の優勝経験を誇る。だが今月PL学園は硬式野球部の新規部員受入停止を決定した。
きのう、PL学園野球部は京都市内の野球場にいた。来年のセンバツの参考になる大会である。PL学園野球部は去年2月に部内暴力で当時の監督が辞任した。そして急遽監督を務めたのは野球経験のない校長でありサインを送るのも部員であった。だが昨日の試合では校長先生がサインを出していた。よく見るとコーチのサインに合わせて校長がサインを出していたのである。この様な状況で出された来年度の新入部員受入拒否は保護者だけでなくOBにも衝撃を与えた。OBの立浪氏は非常に寂しいとし、PL野球部の復活を願うと話した。また入部予定だった中学3年生もゼロから学校選びをしなければならないそうだ。
そもそもPL学園はパーフェクトリバティー教団が母体となっている。そんため選手はPL教団に入信することが求められ、教団は学校運営に強い影響力を持っている。そこで監督にもPL教団信者としての信仰心を求めていてなかなか決まらないのである。またPL教団の一部で野球部に興味がなくなっているのも要因だと考えられる。番組は取材を要請したが教団側は一切答えられないとの回答をよこした。
2014年10月18日放送 22:00 - 23:24 TBS新・情報7daysニュースキャスターニュースワードランキング!
クライマックスシリーズファイナルステージ第4戦・巨人対阪神戦が行われ、8対4で阪神が勝利して日本シリーズ進出が決定、道頓堀では恒例の飛び込みが行われた。
PL学園野球部消滅の危機について紹介。長らく野球経験のある監督が不在であり、現在も野球経験のない正井校長が監督を務めている。PL学園はこれまで清原和博や桑田真澄、橋本清などを輩出している。
2014年10月16日放送 15:53 - 19:00 TBSNスタ4時です!Nスタ 日刊3コマニュース
高校野球の名門PL学園は1983年からの3年間、桑田・清原のコンビが大活躍。優勝経験もあり、応援の一文字も話題であった。その後も数々の伝説を残してきた。しかし、昨年2月には部員による暴力事件が発覚し、当時の監督が辞任、その後も監督不在が続いており、廃部の危機にある。地元では「野球部がなくなってしまうと寂しい」と話した。
スポーツジャーナリストの生島淳さんは、PL教団が監督になる人の条件として教団への信仰心を挙げており、それに見合った候補者がいないということで、信仰心ということがクローズアップされていると話す。近畿大会への出場を決めた野球部は来年春の選抜出場を目指して明後日の1回戦に望む。スタジオでは、監督がいないと隠れた才能を見逃す可能性があるなど監督の必要性を話した。
製品情報
 
ガラポンTV購入はこちら
TVでた蔵

「TVでた蔵(TV DATA ZOO)」は、放送されたテレビ番組で紹介された情報をご紹介するサイトです。


© 2009-2014 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.