[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「森口博子」 に関するテレビ情報

2017年3月17日放送 19:00 - 19:56 TBS
爆報!THE フライデー あの人は今…大追跡SP

森昌子の子育て本がベストセラーとなり話題を集めるなか、子育ての過ちで苦しんだシングルマザー芸能人がいた。それが元アイドルの小川真澄、20頃の頃はコント番組「志村けんのだいじょうぶだぁ」にレギュラー出演、バラドルとして活躍した。1993年に所属していたパンプキンが解散、芸能界から姿をけした。
小川真澄は現在44歳、2度の離婚、3人の娘を抱え壮絶な子育てに直面している。タイヤ販売所の経理として働き、WEBページを作成する仕事も請け負っている。次女・凛佳さん(17)には知的障害があり人とのコミュニケーションが苦手、物事の判断が上手くできずパニックに陥る事もある。養護学校に通い、漢字の書き取りや掛け算などを学んでいる。生まれつき障がいがあったわけではなく、原因は小川真澄にあった。
小川真澄は1993年、21歳で芸能界を引退。バイト先で知り合った男性と結婚した。1999年の夏、赤ちゃんだった凛佳さんは39度を超える発熱、病院に行くと風邪だと診断された。ところが夜になっても発熱が治まらず、更に翌朝、病院に連れて行くと髄膜炎にかかっていることが発覚。2歳以下にかかりやすい病気でただの風邪だと勘違いすると最悪の場合は死に至る。緊急入院した凛佳さんは一命をとりとめたが、後遺症で知的障害を患った。髄膜炎は早期治療が必要、小川は翌日ではなく夜に病院に連れていけば後遺症は無かったと悔やんでいる。
凛佳さんの障がいがわかった頃、夫と子育てを巡り対立、2002年に離婚した。34歳で再婚するものの夫の単身赴任をきっかけに上手くいかなくなり、2度目の離婚。子ども3人を養うため、週6日の事務仕事、家では育児と家事に追われた。何より大変なのが凛佳さんの身の回りの世話、そんな日々を10年以上続けている。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月11日放送 21:00 - 23:10 フジテレビお客様と10人うるさいオバサンと10人
うるさくなった瞬間は20歳、松本明子は中山秀征の勧めでバラエティに出始める。小野ヤスシらが出演したスターどっきり(秘)報告の、うるさかった松本明子の映像を紹介した。
引き続き、IKKOの年表を紹介。IKKOの本名は豊田一幸で、現在55歳。19歳、横浜元町の美容室に住み込みで修業。その頃の写真を紹介。女として見られないと前に進めない自分がいたが、カミングアウトのタイミングがなかった。3年間はずっとタオルたたみで、5年目でスタイリストになれたが、カットが苦手だったので、美容師は無理だと諦め、27歳の時に転身した。なお、25歳、店の人気ナンバーワンのスタイリストになっていた。
27歳、雑誌の世界に転身し「美しいキモノ」の表紙で、高橋ひとみらの担当をした。この時、仕事が減るのが不安で、カミングアウトはしていなかったが、ロングスカートははいていたという。41歳、テレビのヘキサゴンに出演し始めて、2007年の「わかってちょーだい!」で「どんだけ~」を言い始めた。当時、「どんだけ~」は2丁目の人たちが使っており、ダウンタウンの番組で「どんだけ~」と言った時、緊張して手が震えていた。その時あたりから「どんだけ~」を、やり始めたという。また、「スッカラケッチ~」は韓国ドラマをみて思いついたという。

2017年3月7日放送 5:50 - 8:00 日本テレビZIP!SHOWBIZ 24
「踊る!さんま御殿!!」の番組宣伝。いとうあさこが年下の陣内智則に、胸キュンしたエピソードを明かした。腰を痛めた時、我慢しているあさこへ肩を貸してくれたらしい。「こいつ私に気がある」と笑った。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.