[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「機動戦士ガンダム」 に関するテレビ情報

2017年1月9日放送 19:00 - 21:48 テレビ朝日
人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP 人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!

人気声優200人にアンケート調査を実施、合計ポイントが高い順にランキングを発表する。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年1月21日放送 14:35 - 16:25 テレビ朝日ホワッツ!?となりの外国人What’s!?となりの外国人
ステファン・フシェさんは、東京・月島のタワーマンションで友人とルームシェアしている。3月になるとベランダから屋形船と桜が楽しめるという。ステファンさんはハーバード大学で、鉄腕アトムなどを見ながらデザインやマーケティングの関係性を学んだと熱く語った。ステファンさんは「魚菜はざま」で良く一人飲みをしており、この日は熱燗とエイヒレを頂いた。

2017年1月18日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
神奈川県小田原市役所の生活保護受給者を支援する部署で職員が仕事中に着ていた不適切なジャンパーについて。胸元のエンブレムのデザインは、イギリスのサッカーチームリバプールのエンブレムに酷似しており、「HOGO NAMENNA」「悪」など書かれている。そして、その背中には、SHATと人気アニメ「機動戦士ガンダム」からの名台詞を引用した「我々は正義だ、正義でなければならない。だから私たちは小田原のために働くべき。不正受給を見つけ適切なバツを与えるために彼らを追いかけ不正を罰する。もし彼らが不正受給するために私たちをだまそうとするならば、敢えて言おうカスであると!」と言った意味の英文字が書かれてある。基本的には職員が自費で作成し、問題になるまで28人が着ていたという。第三者から「不適切な表現が記載されたジャンパーを生活保護の担当職員が着ている」との情報を受けて、小田原市は会見を開いた。会見で市は「受給者に対する差別意識はなかった、行き過ぎた表現で受給者を不快な気持ちにさせた」と話し、一昨日ジャンパーの使用中止と部長や担当部署7人を厳重注意した。今回の報道に街の人からは「誰も反対しなかったのが疑問。少し言葉が強すぎるのでは」などの声が聞かれた。八代さんはこの問題について「不正受給というのは憎むべき犯罪だが、これから受付窓口で対応する職員がこれを着ていたら申請する人は萎縮してしまう。社会的弱者であるということに、もう少し優しい眼差しが必要。少し行き過ぎかと思う 」と話した。傾向として、最近の10年間で生活保護の受給額は年々増えているという。結城氏は「不正受給はよくないことだが、日本の福祉事務所、ケースワーカーの人の一部というのは役所の公務員であることが前提。福祉の仕事をやりたくてやっている人だけではない、一部いることはいるが。たまたま福祉課に配属された人間がこういった仕事をするので全国的に福祉事務所のケースワーカーはモチベーションがない方が多い職場。本来は福祉をやりたい人や専門職を雇うべき、構造的に問題がある。不正受給があるのか見抜いて正すのも福祉事務所の仕事。やる気のない人がこれをやってると、これを許してしまっている。ケースワーカーは警察ではないので、不正をする人に指導をすること。そして、きちんと就労に結びつけるのもケースワーカーの仕事。不正に受給者に対するはらいせにこういったジャンパーを作成するというのは、組織として小田原が福祉事務所の在り方を正さないとまた水面下であると思う」と話した。
10年前のある事件がきっかけで、このジャンパーを作成することになったという。その事件は2007年の7月5日、小田原市役所の生活保護窓口で生活保護を打ち切られた男が対応した職員を杖で殴り、止めに入った職員をカッターナイフで切りつけ、職員3人が軽傷を負ったというもの。昨日市の職員は会見で「生活保護の仕事は業務量が多い、事件の影響もあり職員のモチベーションが低下していった。不正受給を許さないという強いメッセージを盛り込みつつ職員の連帯感を高揚させるためにジャンパーを作った」と話した。ジャンパーのSHATはそれぞれ、S=生活、H=保護、A=悪を撲滅、T=チームという意味。作成時の職員は「外に着ていくものではなく、職員同士でしか交流しないような場合で着用することを前提に作った」と話した。そして、小田原市は「異動などの人事により当初の認識が崩れていき書いてある内容も意識せずに外で着用することも増えた」という。これらについて結城教授は「どんな意味があろうと表現が不適切。ストレスの多い職場だとは思うが、モラルが欠如しているとしか言えない」とコメントした。
現在、低所得世帯数における生活保護受給世帯は32.1%。これについて結城教授は「本来は生活保護水準以下で暮らしている人ちが7割位いる。福祉事務所は不正受給を見抜くというものと、ギリギリで生活している人たちの生活をつなげていくという仕事。そのためには、担当職員の数を増やしていかなければならないと思う。孤独死の問題から、就労支援につなげたりする仕事、シングルマザーの子育て支援の仕事もあり、多岐にわたる、プロフェッショナルな仕事だが。長い間で福祉事務所や専門職が改善してきてはいるが、そこから直す必要がある。一つの自治体の1人のひとが悪いというわけではなく、日本の福祉行政をどうしていくか今後みんなで考えていくべきだと思う」と話した。

2017年1月17日放送 23:15 - 0:25 TBSNEWS23(ニュース)
小田原市の生活保護受給者を支援する部署の職員が、「保護なめんな」「悪」など生活保護の不正受給を非難する文言の書かれたジャンパーを作成。このジャンパーを着用して生活保護受給者の家を訪問調査していた。2007年に職員が受給者にカッターで切りつけられる事件があり、担当部署の職員らがモチベーションを上げるためにジャンパーを作成したという。大きく書かれた「SHAT」は、生活、保護、悪撲滅、チームの頭文字だという。1着4400円で64人分が作られた。小田原市はジャンパーの着用を全面禁止し、担当幹部7人を厳重注意した。

2017年1月9日放送 19:00 - 21:48 テレビ朝日人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!
13位はタイガーマスクのミスターXなどを演じた柴田秀勝。デビュー作がタイガーマスクだという。タイガーマスクWの番組宣伝。柴田秀勝はミスターXで出演している。最近では、歌舞伎町で、風紀を正すアナウンスをしている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.