[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「武藤貴也議員」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 15:50 - 19:00 TBS
Nスタ トクする!3コマニュース

中川俊直議員が自民党を離党することが決まった。今回の不祥事は今月18日にFacebookで経済産業政務官の辞任を公表。その翌日の週刊誌では中川氏と妻ではないウェディングドレスを着た女性の写真が掲載。「重婚疑惑」「ストーカー疑惑」など報じるも中川氏はきのうFacebookで疑惑を否定。きょう代理人を通じて自民党執行部に離党届を提出。中川氏は祖父・父も政治家で、父は元官房長官の中川秀直氏。趣味は走ることと富士登山。元々はテレビ東京政治部記者だったが衆院議員秘書を経て12年12月に広島4区から初当選。現在は2回生。ただこの2回生は不祥事が多く、中川郁子議員と門博文議員は不倫・路上キス報道、大西英男議員は報道圧力発言や女性軽視発言などの不祥事がみられた。
不祥事のけじめについて、未公開株の購入を持ち掛け金銭トラブルで週刊誌に掲載の武藤貴也議員は週刊誌発売当日に自民党を離党。一週間後の会見では辞職につながる法的な問題はない。現時点で議員辞職は考えていないとしており、武藤氏は現在も無所属の衆院議員。宮崎謙介議員は妻の出産6日前に不倫し週刊誌に掲載。週刊誌発売3日後の会見では「妻からけじめをつけてこいと言われた。不適切な行為によりご迷惑をおかけしてお詫び申し上げます」など述べ、一週間後に議員辞職。その後の補選では自民党候補者がたてず民進党候補の圧勝に。務台俊介議員は台風被害の被災地を視察も長靴を持参せずおんぶされるということがあった。9日後の取材で大変申し訳なく猛省しているとしていたが、今年3月の政治資金パーティーで務台議員はたぶん長靴業界はもうかったんじゃないのと発言。パーティー翌日に政務官の辞表を提出。2回生の不祥事の多さについて岸井成格は「ここの所大臣のスキャンダル・暴言が相次いでいる。安倍一強と言われる自民党のもとでみんな驕りと緩みたるみが起きている」など述べた。また、問題発言・不祥事が辞任に繋がらなかった議員について紹介。今村復興相は自主避難者について自己責任と発言し3日後に発言を撤回し謝罪。山本地方創生担当相は講演で一番のがんは学芸員などと発言し、翌日に発言撤回し謝罪した。さらに山本大臣はきょう同じ講演内で大英博物館も学芸員をクビにしたとの発言を記憶違いとして訂正。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月22日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
週刊新潮に政策秘書を務めていた男性に対して殴ったり暴言を浴びせたなどと報じられた自民党の豊田真由子衆院議員が離党届を提出した。厚生労働省の元官僚で文部科学政務官などを務めた。東京都議選への影響について下村幹事長代行は「マイナスにならないようしっかりカバーしていきたいと思う」と述べた。民進党蓮舫代表は「「また自民党の魔の2回生」と思った」と述べた。豊田議員と同じ2期目の自民党はおよそ100人いて、これまで武藤貴也議員など問題となる議員が相次いでいる。

2017年6月22日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
自民党、豊田真由子衆院議員についてスタジオトーク。秘書の娘に対する酷い暴言について話が及ぶと、解説者は「人格的な問題がある」と述べた上で、「そもそも離党させれば良いという問題ではない、この人を選挙区で候補として公認したのは自民党だ」と批判。そして、一番の問題は豊田議員が公募の人物だという事だという。金銭トラブルで離党した武藤貴也議員なども同じ公募の議員だという。公募での制度は本当に良いのか、もう一度話し合うべきだと言い、良い候補がいなければ出さないほうが、まだ良いと解説した。

2017年6月22日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショー(ニュース)
秘書に対して暴言を吐いたなどとして報道された豊田議員の支援者に取材をしたところ、豊田議員と秘書の二人と会話をしたが音声を録音されていることを信じておらず、一昨日夜に事実だと気付いたことが分かった。秘書に暴行を加えたことは認めているが、暴言の一部に関しては否定している。豊田議員は東京大学法学部を卒業し、ハーバード大学大学院も修了。衆議院選挙埼玉第四区の二期目に当選し文部科学大臣政務官や復興大臣政務官などを務めているという経歴を持つ。髙木氏は、輝かしい経歴の中で学べなかったことがあり、また安倍チルドレン二期ということで有権者らから掛けられた言葉や焦りなどが原因となったのではないかと分析。
自民党の二回生議員は不倫騒動や未公開株を巡る金銭トラブルなど多くの不祥事を起こしている。玉川氏はストレス発散の目的もあったのではないかと分析し、「国会議員としてあってはならない。暴行の事実があれば刑事事件として罪に問われる」などとコメント。豊田議員の支援者によると、週刊新潮の記事を確認してから今日以降に対応を考えるとのこと。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.