[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「民主党」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 6:00 - 8:30 フジテレビ
めざましどようび NEWS

コロンビアのサントス大統領との共同記者会見でトランプ大統領の口から飛び出した魔女狩りの言葉。去年の大統領選挙でトランプ陣営とロシアが共謀した疑惑、いわゆるロシアゲートを捜査する特別検察官に ムラー元FBI長官が任命されたことに苛立ちを隠せない様子だ。ロシアとの不適切な関係を巡って辞任したフリン前大統領補佐官への捜査を打ち切るよう求めた司法妨害疑惑については、まったく答える素振りをみせなかった。今回の特別検察官の任命については、ロシア側と接触していた当事者との非難を受け捜査には関わらないと明言しているセッションズ司法長官に代わり、副長官の・ローゼンスタイン氏が任命するという異例の自体となった。トランプ大統領は19日から9日間の外遊に出発した。
ロシアゲートとは、1974年のアメリカのニクソン大統領が自身に追い込まれた「ウォーターゲート事件」になぞられてネーミングされている。ウォーターゲート事件では、共和党の関係者が民主党関係施設で盗聴をしようとした事件だ。その後、ニクソン政権の捜査妨害が明らかになった。今回はトランプ陣営とロシアが共謀して民主党側へサイバー攻撃を行ったのではとの疑惑が持たれている。その捜査をしていたコミー前FBI長官にトランプ大統領が、フリン前大統領補佐官の捜査を止めるよう要請していたとの疑惑が浮上して批判が高まっている。学習院女子大学の石澤教授によると、ローゼンスタイン副長官が更迭されたり何らかの証拠が出た場合に世論の反発が予想され、弾劾裁判への流れも考えられるという。

URL: http://www.democrats.org/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月20日放送 23:55 - 0:05 NHK総合時論公論トランプ政権 漂流の半年
トランプ大統領就任から半年、公約の柱に掲げた政策は実現のメドが立っていない現状である。最新世論調査では支持率は36%で半年の支持率で戦後最低とした。共和党で支持は82%と多く、今アメリカ景気は拡大し、不満が高まらない限りトランプ支持は底堅いといえる。
今、ロシア疑惑が政権にのしかかっている。弾劾を求める声もあるが、罷免できる上下両院は共和党が多数を占め可能性は低いという。一方、政権・議会から独立したモラー特別検察官が司法の立場から疑惑を捜査し、疑惑は長期化する可能性が指摘されている。
トランプ政権は官僚が不足している。議会から承認が必要がポストは承認済みは49で、承認待ちは138で、働いているのは政権幹部の10%以下である。原因は政権による指名が遅いためである。承認の必要がないホワイトハウスの中枢は身内で固められ、インナーサークルと呼ばれる側近らと、各省庁との意思疎通にも問題が指摘されている。
G20サミットは温暖化対策や自由貿易の推進に向けての協力だが、パリ協定から脱退、TPP離脱を表明したトランプ大統領はアメリカファーストに固執した。パリ協定はG19で推進することを宣言し、自由貿易については保護主義と闘い続けるとし、正当な貿易上の対抗措置を認めるとするトランプ大統領の主張が記された。
トランプ、プーチン、習近平、メルケルを対象にして国際情勢に正しく対応すると信頼するか世界37か国で訪ねた世論調査で、トランプ大統領は他の誰よりも信頼されてなく、突出したリーダーが不在の時代に入ろうとしている。

2017年7月20日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(報道フロアニュース)
アメリカのトランプ政権をめぐるロシア疑惑で、議会上院はトランプ大統領の長男や元選対本部長に来週の公聴会への出席を要請した。トランプ氏の長男・ジュニア氏は去年6月、民主党クリントン候補の不利になる情報を持つロシア人弁護士とトランプタワーで面会、ジュニア氏はその弁護士は有意義な情報を持っていなかったと主張しているが、議会は話し合いを明らかにするよう求めている。また米メディアによると、同会合に出席していたトランプ大統領の娘婿のクシュナー上級顧問も上院の情報委員会から出席要請を受けているという。

2017年7月20日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
二階幹事長は米議会下院のマッカーシー院内総務と会談し、北朝鮮問題などについて日米の連携強化で一致した。このなかでマッカーシー院内総務は「日米はこれ以上強くなりえないような強い関係」「世界を平和にするために協力を続けていきたい」とした。これに先立ち二階幹事長は上院の民主党トップシューマー院内総務と会談し、「中国の協力を引き出しながら日米が緊密に連携して対処すべき」と一致した。独自の議員外交をする二階氏。背後には多層的にチャンネルを築き、政府間の連携強化につなげる狙い。つねづね「長期安定政権であってこそ国際社会で主導権んを発揮できる」とする二階氏。内政外交で安倍総理を支える狙い。

2017年7月19日放送 22:09 - 23:25 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
トランプ大統領が公約で掲げる「オバマケア代替案」。再び身内の議員の反対で法案の成立が絶望的になった。共和党52人のうち4人が反対に回り上院で必要な50票に届かなかった。

2017年7月19日放送 8:15 - 9:55 NHK総合あさイチ(ニュース)
自民党の二階幹事長はアメリカの共和・民主両党の首脳部らと意見を交わすため、18日からワシントンを訪れていて、日本時間のきょう未明、議会上院の事実上のトップ、ハッチ仮議員と会談 した。この中で二階氏は、「日米同盟は北朝鮮問題を前にしてますます重要性が高まっている。両国の良好な関係を維持するため、議員間・政党間の交流促進が重要」と述べた。これに対しハッチ氏は、「北朝鮮の問題は地域だけでなく国際的な問題となっている。北朝鮮に影響力を有する中国との関係を含め、日米が連携して対応できるよう強固な関係を維持したい」と述べ、北朝鮮への圧力強化へ日米がいっそう緊密に連携していく必要があるという認識で一致した。また、TPPを支持する立場をとるハッチ氏は、「TPPをめぐり日本は鍵となる役割を果たしている。トランプ大統領がTPPにより関心を高めることを期待する」と述べた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.