[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「民進党」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 2:54 - 3:30 TBS
時事放談 (ゲスト:増田寛也、片山善博)

スタジオでは安倍政権の原発政策の取組について話題になった。増田寛也は法律は40年廃炉の原則があるので、制度がつぎはぎな印象だと語った。また電力の金額や送電線の整備など不確定要素が多いので、深くツッコミたくないのではと語った。片山善博は原発に不安を感じている人も多く、中枢部でもそう考えている人が多いと語った。また民進党は重要な問題になると政党でまとまれないと指摘した。そのためこれだと旗頭になれないと語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月27日放送 20:45 - 21:00 NHK総合首都圏ニュース845(ニュース)
都議会予算特別委員会が開かれ、東村邦浩議員は「もっとスピード感を持って進めてもらいた」と述べ、田中朝子議員は「消費者の声に耳を傾け判断すべきと思うが見解を聞かせて」などと述べ、小池都知事は豊洲市場への移転について「新たに設けられる市場のあり方戦略本部で幅広い声を直接伺って総合的に判断したい」などと述べた。

2017年3月27日放送 19:00 - 19:30 NHK総合NHKニュース7(ニュース)
森友学園の問題で、昭恵夫人が小学校の名誉校長などを知らず、安倍首相は「国有地売却が忖度が働く余地は全くなかった」と強調した。一方、一般会計の総額が、過去最大の97兆4547億円余りとなる、新年度平成29年度予算が参院予算委で可決され、衆院本会議に緊急上程された。自由民主党、公明党などの賛成多数で可決が成立した。

2017年3月27日放送 17:00 - 18:10 NHK総合ニュース シブ5時(ニュース)
森友学園問題はよくも悪くも盛り上がっているが、国会への影響はどうなっていくのか。森友学園理事長の証人喚問で、問題解決に向けて進展したのか、それぞれに受け止め方が違うようだ。与党は「これで一定の区切りをつけられる、理事長の証言は矛盾あり信憑性は低い」し、一方で野党は「疑惑は深まった、真相の解明には程遠い、まだまだ続くだろう」という感想で真逆だった。そもそも森友学園の問題の焦点は何だったのか?ひとつに国有地が鑑定価格より8億円余低く売却。そして、大阪府の私学審議会が条件付きで認可適当と判断したこと。そこに政治家の関与があったのかという問題だった。そこに、理事長の発言などで浮上してきたのが昭恵夫人の関わりについてだ。寄付金を受け取ったのか?総理大臣夫人付からの回答について。安倍首相は寄付金の件は「事実に反する」とし、総理大臣夫人付の回答については「職員が事務的な問い合わせをした結果を知らせたものにすぎない」とした。首相側と森友学園理事長側は互いに反対のことを話しているため、どちらかがウソをついていると野党は色めき立っている。そのため、民進党・共産党は昭恵夫人の証人喚問を求めているが与党はこれを拒否している。
これらの問題が決着がつかないとなるとこれからの後半国会はどうなるのか。重要な法案の審議が含まれている。ひとつはテロ準備罪の法案、そして、天皇陛下の退位をめぐる法案。専門家はとくにテロ準備罪の法案をあげている。この法案は「組織的犯罪集団が重大な犯罪を計画し準備行為を行った場合処罰対象になる」というもの。安倍首相は2020年の東京オリンピック・パラリンピックを成功させるために今国会で成立させたいとしているが、野党は人権侵害につながるとして反対している。

2017年3月27日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
安倍昭恵夫人はきょう、全国高校生未来会議に出席するはずだったが迷惑をかけてはいけないという強い思いから急遽欠席した。また昭恵夫人はこれまでに勢力的に近況報告していたフェイスブックの更新を途絶えるなど証人喚問以降口を閉ざしている。国有地については会計検査院の調査が進んでいるがより詳細な説明を求める国民の声に政府がどう答えるのかが注目される。

2017年3月27日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
第二回高校生未来会議では安倍昭恵が「自分が参加することで高校生たちが未来を考えるということに集中できなくなってしまったら本末転倒」だとして欠席。後日主催者から会議の内容は伝えられる。福岡で先週金曜日に行われた講演会では「すみません、今も堂々としていると言っていただいたけれど本当に多くの方にお騒がせするような事態になってしまった。自分の甘さもあったのかなと反省している」と話している。予算委員会では野党の厳しい追求が続く。安倍首相は真っ向から対峙し批判した。副園長は「園長はブタ箱に行くかもしれない」とコメントしたという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.