[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「民進党」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 15:50 - 19:00 TBS
Nスタ トクする!3コマニュース

中川俊直議員が自民党を離党することが決まった。今回の不祥事は今月18日にFacebookで経済産業政務官の辞任を公表。その翌日の週刊誌では中川氏と妻ではないウェディングドレスを着た女性の写真が掲載。「重婚疑惑」「ストーカー疑惑」など報じるも中川氏はきのうFacebookで疑惑を否定。きょう代理人を通じて自民党執行部に離党届を提出。中川氏は祖父・父も政治家で、父は元官房長官の中川秀直氏。趣味は走ることと富士登山。元々はテレビ東京政治部記者だったが衆院議員秘書を経て12年12月に広島4区から初当選。現在は2回生。ただこの2回生は不祥事が多く、中川郁子議員と門博文議員は不倫・路上キス報道、大西英男議員は報道圧力発言や女性軽視発言などの不祥事がみられた。
不祥事のけじめについて、未公開株の購入を持ち掛け金銭トラブルで週刊誌に掲載の武藤貴也議員は週刊誌発売当日に自民党を離党。一週間後の会見では辞職につながる法的な問題はない。現時点で議員辞職は考えていないとしており、武藤氏は現在も無所属の衆院議員。宮崎謙介議員は妻の出産6日前に不倫し週刊誌に掲載。週刊誌発売3日後の会見では「妻からけじめをつけてこいと言われた。不適切な行為によりご迷惑をおかけしてお詫び申し上げます」など述べ、一週間後に議員辞職。その後の補選では自民党候補者がたてず民進党候補の圧勝に。務台俊介議員は台風被害の被災地を視察も長靴を持参せずおんぶされるということがあった。9日後の取材で大変申し訳なく猛省しているとしていたが、今年3月の政治資金パーティーで務台議員はたぶん長靴業界はもうかったんじゃないのと発言。パーティー翌日に政務官の辞表を提出。2回生の不祥事の多さについて岸井成格は「ここの所大臣のスキャンダル・暴言が相次いでいる。安倍一強と言われる自民党のもとでみんな驕りと緩みたるみが起きている」など述べた。また、問題発言・不祥事が辞任に繋がらなかった議員について紹介。今村復興相は自主避難者について自己責任と発言し3日後に発言を撤回し謝罪。山本地方創生担当相は講演で一番のがんは学芸員などと発言し、翌日に発言撤回し謝罪した。さらに山本大臣はきょう同じ講演内で大英博物館も学芸員をクビにしたとの発言を記憶違いとして訂正。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月26日放送 4:00 - 4:25 フジテレビめざましテレビ アクアニュースアクア400
安倍首相の友人が理事長を務める、加計学園獣医学部新設計画をめぐり、文科省前事務次官が会見。民進党が提示した文書は本物だとした。菅官房長官は出どころ不明で信ぴょう性が定かでないと指摘。民進党は証人喚問と首相の集中を進める方針。

2017年5月26日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
きのう午後4時に都内で文科省の前川前事務次官が異例の会見を行い。与党が語る文書は確認できなかったというコメントに「これらの文書については在職中に共有し、文書は存在していたもの。あったものをなかったことにはできない。クロをシロといわれているようなもの」と反論。
去年11月に加計学園の獣医学部は国家戦略特区で新設が認められた経緯がある。これについて前川前事務次官は「極めて薄弱な根拠のもとで行われたもの。政権の中枢からの意向といったものに逆らえない風潮がある」と語った。また、菅官房長官は前川前事務次官の、「地位に恋々としがみついていたついていた」という発言に文科省を止めた経緯については「お手盛りでやったわけではない。ジタバタしたなどはない」など、記者からの様々な質問に応じていたが、直接、官邸なり政権のプレッシャーを感じたことはあるかとの質問には「その点については現時点では理由も含めお答えできないと」濁した。証人喚問を求められたらという質問には「証人喚問があれば参ります」とコメントした。その後首相官邸で松野文部科学大臣に前川前事務次官について記者が質問すると、「自分が把握していない内容に関して無責任にコメントすることはできない」と語り、義家文科副大臣は「それ(文科省の文書)が本当だというならば本当だということを証明していただきたい。私は本物ではないと思っている。辞めてから文科省ではなく特定のマスコミに言うのは国家公務員法でどうなのか」と語った。一方で民進党や野党4党は前川前事務次官の証人喚問を求めるている。民進党の山井国対委員長は「政府が一体となって真実を隠蔽しているということが明確になったのではないか。与党は前川前事務次官の証人喚問を拒む理由はないと思う」とコメント。自民党は「森友学園の籠池前理事長を超える爆弾になり得る」など危機感が広がっているとして、証人喚問の要求も拒否する構えだ。

2017年5月25日放送 23:00 - 23:56 TBSNEWS23(ニュース)
前川喜平文部科学省前事務次官は、今年1月まで事務方のトップを務めていた。前川氏が提示したのは箇条書きにされた8枚の文書。菅官房長官が怪文書と言った文書。前川氏は私にとっては怪文書ではない、あるものをないと言ったり、知ってることを知らないと言ったりするのはこれ以上やるべきではないと語った。
愛媛・今治市の国家戦略特区、加計学園が経営する岡山理科大学の獣医学部の建設が急ピッチで進んでいる。開学は来年春の予定。理事長の加計孝太郎理事長は安倍総理が腹心の友と慕う人物。昭恵夫人も加計学園運営の認可外保育園の名誉園長を務めるなど家族ぐるみの付き合いがある。野党側は、安倍総理の意向で特別な便宜が図られたのではと追及。そんな中浮上した8枚の文書は、内閣府は総理のご意向などの言葉で獣医学部の早期開学をせまり、各部認可を担当する文科省は手続きは踏むべきと懸念を表明している。関係する大臣たちは文書の信憑性に疑問を呈した。
しかし、前川氏はインタビューでその存在をハッキリと認めた。文書には日付も作成者も明記されていない、前川氏は自身の手帖と照らし合わせ、文書を受け取った具体的な日付をあげた。部下が上司に説明するために使うレク資料で作成者本人が説明に立ち会うため名前・日付がいらないという。安倍総理は前川氏の証言に触れることなくサミットに向かい、菅官房長官は改めて文書の内容を否定した。
松野博一文科相は、文書は文科省内で作られていないと結論づけたが、仮に覆った場合はどう責任をとるのかという質問に、新たな事実が出て必要があれば調べる、辞任の考えはないとコメント。前川氏が文書に関わったと指摘した文科省担当職員は何も言えないと答えた。松野文科相には野党からの追及も相次ぎ、行政文書としては存在しないと述べた。野党側は前川氏の証人喚問を要求している。前川氏は調査された職員に記憶がないはずはない、彼らにとって不本意な振る舞いをさせられているし、大臣も含め気の毒だと思う、「総理のご意向」などの言葉は内閣府の藤原審議官だと認識していると語った。しかし藤原豊審議官は、総理の意向などと言ったことはないとしている。
前川氏は総理の意向などの言葉を文科省では政治的配慮が必要だと聞こえる。判断するのは大臣や副大臣だが、それなりに意識はしたと思うと述べた。これまで、獣医学部新設は獣医師は足りているとの認識から50年以上認められていなかった。今治市などは2007年から15回に渡り新設を申請したが認められなかったが、2015年に国家戦略特区に申請すると急転。結局内閣府に押し切られたという前川氏、行政の筋がおかしいと説明する責任があると語った。前川氏は、文科省が天下りを組織的にあっせん・隠蔽したと事務次官を引責辞任している。再就職規制違反の問題は事務方の最高ポストにいた自分に責任があり、今回の告発は個人的な恨みでは毛頭ないと話した。菅官房長官は前川氏を批判した。
きょう午後4時、前川氏は記者会見を開き、当時、計画は加計学園ありきで動いていたと証言した。菅官房長官が事務次官の地位にしがみついていたと述べたことについては、自分から辞職を承認してもらいたいと大臣に申し上げたと否定。一方、前川氏が出会い系バーに通っていたと読売新聞が報じたことについて、「女性の貧困の実態を実際に会って話を聞いた。極めて個人的な行動で、どうして読売新聞が報じたのかわからない」などと述べた。今回単独インタビューに応じた前川氏、証言に至った思いを、国民が知ることは民主主義の基本、文部科学省が心ならずも、裏づけのない仕事をせざるを得なくなっていると知ってもらいたいという。

2017年5月25日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日報道ステーション(ニュース)
加計学園学部開設をめぐり前川喜平前事務次官が会見を行った。内部文書について「8枚の文書は存在する」と認めた。メモの内容からは加計学園が獣医学部の新設に文科省が反対していたと見られる文言が多くある。前川前次官は加計学園に対して「4条件に合致していない」と懸念を持っていたことを明かした。菅官房長官は「文書については文科省が行った調査結果では存在は確認できなかった」と述べた。また、天下り問題を受けて引責辞任という形で文科省を去った経緯について説明した。民進党による調査チームでも文科省と内閣府はメモの再調査はしないと繰り返した。安倍総理はG7サミット出席のため羽田空港を出発、週末に帰国する予定。与党は安倍総理出席のもと集中審議を行う方向で調整を始めた。多くの官僚や政治家が口を噤む中、当時のことを話した前川前次官。現役が置かれており状況を「国家戦略特区に関わっている職員の人たちは気の毒だと思っている」と見ている。

2017年5月25日放送 21:00 - 22:00 NHK総合ニュースウオッチ9(ニュース)
加計学園の獣医学部の新設を巡り「総理の意向」などと記された文書をめぐり、前文部科学次官が会見を開き「確実に存在していた」と述べた。前川前事務次官は「証人喚問があれば参ります」と国会でも一連の経緯を証言する意向を示した。菅官房長官は会見で「文章について文部科学省が行った調査では存在は確認できなかった」と述べた。前川氏の会見に先立って行われた自民・民進参院国対委員長の会談では民進党が予算委員会の集中審議と党首討論を求めたのに対し、自民党は前向きに検討する考えを伝えた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.