[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「民進党」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:30 - 8:00 日本テレビ
ズームイン!!サタデー (ニュース)

組織犯罪処罰法改正案が衆議院法務委員会で可決されたと報じた。法案は与党と日本維新の会の賛成多数で可決されたが、民進党と共産党は採決無効と強く反発していると伝えた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月23日放送 4:00 - 5:50 日本テレビOha!4 NEWS LIVE(ニュース)
自民党の豊田真由子衆議院議員が、きのう自民党に離党届を提出した。きっかけは週刊新潮が入手した、車内で録音された音声。音声を録音したのは豊田議員の元政策秘書の男性。豊田議員は、東大法学部卒業後に厚労省に入省、ハーバード大学にも留学し、2012年の総選挙で衆院議員に初当選した。第3次安倍内閣では文科大臣政務官などを務めた。これまでも暴言や暴行はあったのか、元事務所スタッフは車の中で手が出たり、事務所の中で書類が飛んできたりしたという。
当選2回生の豊田議員、実は2回生による不祥事が相次いでおり、4月には不倫問題で中川俊直議員が離党、去年9月には、務台議員が台風の被災地で職員におんぶをされて水たまりを渡り、去年2月に妻の出産直前で不倫した宮崎元衆議院議員も2回生だった。豊田議員の元秘書は警察に被害届を出すことも検討しているという。自民党の下村幹事長代行は、退院されてから本人からもしっかり説明してほしいと述べた。

2017年6月22日放送 23:30 - 0:25 フジテレビユアタイム〜あなたの時間〜(ニュース)
都議選の歴史を遡ると09年に民主党が大勝すると直後に政権交代し、13年には自民党・公明党が全員当選して安倍一強体制が出来上がった。都議選の結果はその後の国政を左右するのではという見方があるなか、時事通信社の田崎史郎氏は「現在、都民ファーストが大きな風を吹かせている」と述べた。維新の会を立ち上げた橋下徹元市長は市長の椅子に座り続けた一方で維新の会は国政進出を図ったように、小池知事も同様のことをする可能性があるという。
都議選に向けた主要6党の公約の概要を紹介。「多摩格差解消」、「受動喫煙防止条例制定」など共通点がある。都政では都民ファーストと公明党が友好関係にある中、田崎氏は大阪府議会、市議会では維新の会と公明党が組んでいると話す。今回の都議選では築地移転問題も焦点とされ、自・公は推進、民進党は条件付きの推進、共産と性活者ネットは反対、そして都民ファーストは築地・豊洲の併存という立場。ロバートソン氏は国政、都議会における小池知事の自民党に対する姿勢について尋ねると、田崎氏は「小池知事の認識は都議会の自民党と戦っている」と語った。東京五輪、法人税減税を考えると知事は安倍首相とは手を携えていきたいとしていて、首相にとっても知事との争いにはメリットがないという。
田崎氏の獲得議席予測を発表。定数127のうち、都民ファースト、都議会自民党は40人台、公明党は23人程度、共産党都議団は10人前後という見立て。民進党系の東京改革都議団は最も議席を減らすとみられるという。今日発覚した豊田真由子議員の問題について、田崎氏は自民党のイメージダウンになるとみられ、早めに離党する運びとなったと見ている。

2017年6月22日放送 23:00 - 23:56 TBSNEWS23(ニュース)
あすに迫った都議選の告示。元民主党代表・海江田万里氏の姿もあった。野党4党は閉会中審査の要求をしたが自民党は拒否した。過去37回の召集要求で臨時国会が見送られたのは3回。直近は2015年で安倍内閣は外交日程などを理由に応じなかった。自民党は早期の臨時国会には応じない構え。公明党・山口代表は「必要であれば閉会中審査を開くなど適切な措置を国対として検討していただきたい」と話した。当事者不在のまま続く追及。真相究明の場となる国会は開かれるのか。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.