[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「民進党」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:30 - 8:00 日本テレビ
ズームイン!!サタデー (ニュース)

組織犯罪処罰法改正案が衆議院法務委員会で可決されたと報じた。法案は与党と日本維新の会の賛成多数で可決されたが、民進党と共産党は採決無効と強く反発していると伝えた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月22日放送 20:45 - 21:00 NHK総合ニュース・気象情報(ニュース)
民進党・蓮舫代表は記者団に対しPKO部隊の日報を陸上自衛隊が保管していた問題を巡り、稲田大臣の関与の有無などを追求する考えを示した。また蓮舫氏は「特別防衛観察では大臣に協力はするが調査や処罰の対象ではない。第三者の外部による調査に切り替えるべきだ」と指摘した。

2017年7月22日放送 16:30 - 18:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
週明けの集中審議で一体どんなことが明らかになるのか。そんな中民進党・蓮舫代表は森友だ加計だのこんな政治終わりにしようと演説をした。安倍首相も出席する集中審議は7人の参考人が出席する。与党が招致したのは長年加計学園の誘致を進めてきた加戸守行前愛媛県知事ら3人。野党は4人を招致。和泉洋人総理補佐官は加計問題の中心人物と呼ばれている。藤原豊前内閣府審議官は官邸の最高レベルが言っているという部分の発言者とされている。前川喜平前文部科学事務次官は総理のご意向文書の存在などを証言した。さらに野党は加計孝太郎理事と安倍昭恵総理夫人らの参考人招致を求めていたが与党が拒否した。集中審議で質問に立つ議員は週末準備に追われている。民進党・今井雅人議員は何かごまかしているなどとコメントした。共産党の宮本徹議員は関係者に対し証人喚問に応じるよう話を勧めたいと考えている。与党で質問に立つ自民党・小野寺五典議員と公明党・上田勇議員。小野寺議員はこれまで国民が疑問に思っていることをしっかり解決していきたいと考えているとコメントした。上田議員は今回の件を単なる政治問題として扱ってはいけないと考えている。

2017年7月22日放送 8:15 - 9:30 NHK総合週刊 ニュース深読み(ニュース)
この問題などめぐり週明けに安倍首相にも出席を求めて衆参の予算委員会の閉会中審査が行われる。衆院予算委は24日。和泉首相補佐官、前川前文部科学省事務次官、加戸前愛媛県知事、日本獣医師会関係者が参考人招致で合意。安倍昭恵氏、加計孝太郎理事長は民進党など招致求めるも与党側応じず。

2017年7月22日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
2012年1月南スーダンPKO発足式の映像。2012年以降、南スーダンでPKO国連平和維持活動を続けてきた自衛隊。去年7月、治安が急速に悪化し、首都周辺でも多くの死傷者が出た。PKOの派遣条件は、「停戦合意」の成立が原則となっており、戦闘行為が行われている場所でPKOを行うことは出来ない。南スーダン情勢は国会でも大きな問題となった。去年9月30日の衆院予算委員会での質問には、南スーダンでの活動中に衝突があったが戦闘ではなかったと述べた。去年10月3日、PKO部隊の「日報」について情報開示請求が行われたが、12月2日、日報は陸上自衛隊内で廃棄したとして不開示を決定した。12月26日、統合幕僚監部で電子データが発見され、報告されたのは1カ月後だった。2月に公開された日報には、戦闘と言う文字が記載されていた。2月8日の衆院予算委での映像。3月15日、陸上自衛隊内で「日報」が残っていた事が判明した。翌日の衆院安全保障委員会では、日報の保管の事実について報告はなかったと述べた稲田防衛相。

2017年7月22日放送 6:00 - 8:30 フジテレビめざましどようびNEWS
南スーダンPKOでの陸上自衛隊の活動を記録する日報問題について、稲田防衛大臣はこれまでも陸自から報告されなかったと一貫して主張していたが、問題発覚の1か月前に報告を受け、隠ぺいを了承していた疑惑がもたれている。2月13日、大臣室で陸自ナンバー2の湯浅陸幕副長から日報のデータがあったことを告げられ、2日後の防衛相の幹部が集まった会議でも陸自トップが日報データが残っていた事を報告した。稲田防衛相は、昨日特別防衛監察の聴取を受け、調査報告書は月末までに報告される方針となっている。来月3日には内閣改造を控えているが、稲田防衛相の更迭の可能性はあるのか?フジテレビ政治部西垣壮一郎は、内閣改造前に更迭することはないというのが今の見通しだと話した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.