[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「永田裕治監督」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 5:25 - 8:00 TBS
あさチャン! あさチャン!スポーツ

今大会で引退予定の報徳学園の永田裕治監督。恩師のために奮起した報徳学園は21度目の出場で21安打21得点をプレゼントした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月24日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタNスタ ニュースワイド
センバツ高校野球で、早稲田実業が延長10回を逆転で制し、5対4で明徳義塾に勝利した。明徳義塾も名門で、1992年の夏に松井秀喜選手を5打席連続敬遠した事が印象的なチームだ。清宮選手はこの試合で、センター前ヒットの後は凡打が続いたが9回にフォアボールで出塁した。負けた明徳義塾の監督は、「9回のピンチ。清宮の前の西田のピッチャーゴロで終わっていたと思っていた」等とコメントした。春香さんは、野球は途中まででは本当に分からない、等とコメントした。飯田さんは、清宮選手へのフォアボールが早稲田実業に逆転のキッカケを与えることになってしまった、等とコメントした。
今回のセンバツで21がキーワードになっている面白い試合があった。大会2日目の第2試合、報徳学園対多治見。21対0の大差で報徳学園が勝利したが、報徳学園は21安打21得点だった。更に、報徳学園は21度目の甲子園で多治見は21世紀枠での出場だった。更に、『多治見』と漢字で書くと合わせて21画だった。更に、報徳学園の監督も甲子園春夏通算21勝目。更に、この試合が始まったのが12時10分、試合が終了したのが午後2時10分と『21』が続いた。

2017年3月20日放送 23:00 - 0:25 TBSNEWS23(NEWS23×センバツ)
ゼンバツ高校野球2日目。多治見vs報徳学園の一戦。報徳学園・永田監督は今大会で勇退が決まっている。3回に報徳学園は打者一巡の猛攻を見せる。試合は21安打21得点で報徳学園が勝利した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.