[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「江田代表代行」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

女性問題で経済産業政務官を辞任した中川俊直衆院議員。きょう午後、自民党を離党した。二階幹事長は、記者団からの「野党側は中川議員の議員辞職を求めているが」との質問に対し、「与党として適切な判断をしたと考えている」と述べた。野党側は、追求を強めている。菅官房長官は、「国会議員として自身で判断したのだろうと思う」と話した。
中川議員は、父親に中川秀直元官房長官をもつ。5年前に初当選し、現在は2期目。5年前の選挙で、自民党は300近い議席を獲得して政権に復帰しているが、この時に初当選した議員約100人の中から、問題になる議員が相次いでいる。去年9月、内閣府政務官として台風の被災地を訪問した務台俊介衆院議員は、長靴を持っていなかったため内閣府職員に背負われて水たまりを渡り、批判された。先月のパーティーでは、「長靴業界はだいぶもうかったのではないか」と発言。これにより政務官を辞任した。また去年2月には、女性問題を週刊誌で報じられた男性議員が議員辞職に追い込まれ、一昨年8月には、武藤貴也衆院議員が金銭トラブルを報じられて離党している。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月26日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日スーパーJチャンネル(ニュース)
安倍政権が完全否定している「総理のご意向」なる文書について、当時文部科学省で事務方のトップにいた前川喜平氏が文書は存在すると真っ向反論。これに対し、菅官房長官は改めて文書は存在しないと否定。さらに前川氏は事務次官在職中に出会い系のバーに出入りし、官邸が注意された人物だと反撃。官邸側からは「前川氏はそもそも事務次官にしてはいけない人物だった」という声も漏れてきた。前川氏は文部科学省の天下りあっせん問題で辞任したが、今頃になって出会い系バーの話が出てきたことに野党側も不信感をつのらせている。安倍政権になってから霞が関の幹部の人事は総理官邸主導で決定。人事権を握られた役人が政権の意向に沿うような忖度をする一方、不満の持つものが政権に不都合な情報をリークしているのか。野党側は前川氏の証人喚問を要求したが、自民党は拒否している。証人喚問を拒否している与党側だが、この問題での集中審議には応じる姿勢。

2017年5月12日放送 19:00 - 19:30 NHK総合ニュース7(ニュース)
安倍総理大臣の「憲法を改正し2020年の施行を目指す。」という発言を受けて、自民党内から様々な意見が出てきている。改正項目として、憲法9条に自衛隊に関する条文を追加すること等を例示している。今日は、自民党憲法改正推進本部の保岡本部長と会談し、憲法改正については「国民に丁寧に理解を求める姿勢が重要。」という認識で一致した。その上で、安倍首相は「憲法審査会に出すわが党の案をまとめる努力をして欲しい。」と述べ、憲法審査会に提案できる党としての具体的な改憲案の取りまとめに努めるよう指示した。保岡本部長は「いい提案を憲法審査会に早く出せるよう努力する。」等とコメントした。今日の自民党総務会では、「党として具体的な案を出来るだけ早くまとめるべきだ。」という意見や「党の憲法改正草案がある中で総裁として発言された訳であり、しっかり議論する必要がある。」等、十分な党内論議を求める声も出た。下村幹事長代行は「2020年までに間に合うように党内で対応していく必要がある。」等とコメントした。中谷前防衛相は「自衛隊は憲法違反だと言う憲法学者もいるので、それを憲法で合憲だと認めることは意味のあることではないかと思う。」等とコメントした。
一方で、船田元衆院議員は「国会の議論を一定の期限を切るのは望ましくない。発言において総理には節度を持ってもらいたい。」等と批判している。石破前地方創生相は「『憲法改正草案はなし』ということが総裁の発言ひとつで決まるのだったら憲法の議論を誰もやらなくなる。」等とコメントした。公明党の井上幹事長は、憲法9条に自衛隊に関する条文を追加することに慎重な姿勢を示した。民進党の江田代表代行は「国政の優先課題として順位が低い。」等とコメントした。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.