[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「油揚げ」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:25 - 5:50 テレビ朝日
おかずのクッキング (大人のヘルシー!おいしい!肉料理 魚料理)

「油揚げの詰め込み煮」の作り方を紹介。油揚げ3枚をキッチンペーパーで巻いて油を絞る。油抜きした油揚げを半分に切り袋状に開く。水煮したツナ缶の汁は後ほど使うため捨てずにとっておき、木綿豆腐にツナ缶、塩少々、こしょう少々、溶き卵1/2個分を滑らかになるまで混ぜ、6等分にしたタネを油揚げに詰めて口を楊枝で刺して巾着に。砂糖大さじ2、醤油大さじ1/2、水1と1/2カップ、ツナ缶の汁を混ぜ、一度煮立ってから中火にし、10分煮る。最後にスナップえんどう6本を入れ2分ほど煮たら完成。ポイントをお料理ソングでおさらいした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月15日放送 9:55 - 10:25 TBSおびゴハン!おびゴハン!
家で作れる本格麻婆豆腐を調理。木綿豆腐などの具材を切る。肉味噌にはサラダ油に豚こま切れ肉&ひき肉を両方使う。醤油、甜麺醤を入れて炒めて、肉汁が透明になってきたら肉味噌が完成。鍋にサラダ油を入れ、豆板醤と豆豉醤をよく炒める。香りが立ったら水を入れ、肉味噌を加える。別の鍋ではお湯に塩を入れ、木綿豆腐を茹で型崩れ防止&味の染みUP。油揚げも入れ、その後ザルで水を切り、ソースに入れたら強火で煮込む。長ネギのみじん切りをちらし、火を止めて水溶き片栗粉を入れて強火、ゴマ油で香り付け、青ネギを乗せる。最後は炒めるイメージで火にかける。盛り付け、お好みで山椒やラー油をかけたら完成。

2017年5月14日放送 8:25 - 8:55 NHK総合うまいッ!(コリコリほのかなうまみ 佐渡の伝統食 アラメ~)
共同加工場でアラメのアクをとるために茹でる。アラメを木枠にびっしり詰める。おもしを乗せて固める。1週間かけて乾燥させる。裏表まんべんなく乾燥させる。そして板アラメになる。アラメの加工組合の代表は村田正夫さんだ。アラメはポリフェノールを多く持つ。しかし、ポリフェノールは渋みを持つ上に水に溶けやすい。しかし1週間乾燥させることでポリフェノールが溶けにくくなる。それで渋みが口に広がらなくなる。地元の民宿の伊坂かほるさんが板アラメをつかった料理を紹介。水で戻して、油揚げやしいたけとともに煮込む。アラメ煮を作った。魚のぬか漬けを使ってアラメ巻きも作った。

2017年5月12日放送 19:00 - 19:57 フジテレビその原因、Xにあり!宮澤エマの日本行脚
がんでの死因の内、女性の1位・男性の3位が大腸がん。そんな中大分県は大腸がんでの死亡率の低い県1位というデータがあるということで、宮澤エマが臼杵市で健康長生きの食の秘けつを調査する。100歳の久家源次さんのお昼をご一緒させて頂くとカボスが好きで毎日食べている。
詩吟を披露している89歳の伊崎敏夫さんに長寿の秘けつを伺うと腹式呼吸で腹の底から声を出すことが元気の源で、よく食べるものを聞くとカボスと答えた。
大分県はカボス生産量の98%を占めており、半分以上を大分県内で消費している。自宅にカボスの木がある家も多く旬の8~11月以外も摂れるよう果汁を絞って保存している。伊崎敏夫さんの自宅へお邪魔しどのようにカボスを摂っているかお見せいただくと、味噌汁に絞り入れていた。絞る際は半分ほど包丁を入れ切り口を上にし絞ると種が入らない。カボス味噌汁を頂いた宮澤エマは「味噌汁の中にほんのり酸味があって、味噌の味がまろやか」などとコメントした。
カボスが健康長生きにどのような関係があるのか、済陽高穂さんに話を伺うと「カボスには大腸がんのリスクを下げる効果が期待できます」「カボスなどの柑橘類に含まれるナリンジンには強い抗酸化作用があり、大腸がんのリスクを下げる効果があります」などと話した。ナリンジンは大腸内の活性酸素を減らし細胞のがん化を抑える効果があり、大分県で大腸がんが少ない理由の1つはカボスのナリンジンにあった。
宮澤エマが編み物をしていた亀井政枝さんにお話を伺うとカボスのあるものを使った料理を食べると話す。そのあるものとは?

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.