[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「法人税」 に関するテレビ情報

2017年1月11日放送 23:55 - 0:25 NHK総合
時論公論 (時論公論スペシャル)

解説員トーク。税制改正について今井解説委員は「全体的に小粒。女性の活躍を応援するのであれば、働きたいと思う人が社会保障の壁を意識して働く時間を調整するような制度はなくしていく方向で考えていかなければならない」と話した。関口解説委員は法人税の引き下げを公約にしているアメリカとお互いを考えずに税の引き下げ競争が行われる危険性を指摘。今後の日本経済の課題について竹田解説委員は「働き方改革ができるか」、今井解説委員は「企業の現金預金は成長分野に投資し、賃金にもまわすこと」、関口解説委員は「グローバル化への批判と日本がどう向き合うか。恩恵を受ける人と取り残される人がでてくる」とした。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年2月16日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(マーケット)
影山秀伸氏は米国・トランプ大統領は衣料販売大手・GAPなど小売業界幹部との会談の中で、大幅な減税を断行することによって米国経済を活性化する考えを強調したと伝えた。所得税減税の他、雇用を少しでも増やすために法人税も引き下げ、企業の拠点を呼び込みたい考えで、法人税は現行の35%から15~20%程度まで引き下げるとの観測もある。法人税の引き下げに期待する声は広がっているが、今回の税制改正で減税と並び大きな焦点となっている国境税の扱いを巡って、トランプ大統領と小売企業との間にはすきま風が吹いている。国境税については不明確な点も多いが、構想の内容は輸入品の課税強化と輸出品の税優遇は明らかといえる。コストが安い輸入品に対する依存度が高い小売業界にとって、国境税は大きな痛手になりかねず、小売事業者経営者協会は政権に対し、「税制改正に慎重に取り組むよう」に要請。国境税を巡っては、米国製造大手が支持団体を設立する一方、カナダやヨーロッパ諸国などは大きく反発している。

2017年2月16日放送 16:50 - 18:10 NHK総合ニュース シブ5時(ニュース)
トランプ大統領から労働長官に指名されていた実業家のパズダー氏が指名を辞退した。閣僚候補が指名を辞退したのはトランプ政権では初めてとなる。パズダー氏は不法移民の自宅での雇用や元妻への虐待が報じられ、共和党無いからも反対意見があり議会上院の承認を得る見通しが立たなくなっていた。一方、トランプ大統領は15日、小売大手の幹部との会合で起業支援の税制改革を実行する考えを強調した。小売業界側からは共和党提案の法人税の仕組みの見直しでは輸入商品を値上げせざるを得なくなるとして慎重な対応を求める意見が出た。法人税の仕組みの見直しをめぐっては企業からの反発などを受けて共和党内でも慎重な意見が出ている。

2017年2月11日放送 8:00 - 9:25 日本テレビウェークアップ!ぷらす(ニュース)
熊谷亮丸は「大型減税や公共投資で短期的には景気が良くなる。法人税はアメリカは35%でこれを15%に下げ具体策も出していくということで、ニューヨークや日本株が急騰している」と話した。法人税を下げることの問題について「短期的に見ればいいことだが、トランプ大統領が言っている政策を全部やれば、10年間で6兆円以上財政赤字になる。そうなるとアメリカはドル安カードを切ってきる。そうなると円高になるので製造業は壊滅的なダメージを受ける可能性がある」と話した。

2017年2月10日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニング池上彰のニュース大辞典
安倍首相がトランプ大統領と初めての首脳会談に臨む。そこで今日のキーワードは「予算教書」。トランプ大統領の経済政策はトランポノミクスと呼ばれている。予算教書とは大統領が考える政策・予算を連邦議会に提出する報告書のことで、トランプ大統領がインフラ投資や減税にどう言及するか、成長戦略が盛りこれるかが注目される。トランプ大統領は米GDPを毎年0.5%引き上げる規模の法人税の減税、インフラ投資を行う計画で、実現すれば世界経済への成長にも直結し、日本企業にも追い風となる。しかし予算案を提出するのは連邦議会であり、議会の多数派である共和党主流派と折り合いをつけられるかに注目。

2017年2月7日放送 5:45 - 6:40 テレビ東京Newsモーニングサテライト(NY証券取引所中継)
株価の動きについては大統領選挙が終わり、この時期は一服期間に入るのが自然な流れである。大統領選出後の株価は政策実行待ちで、反動高は期待が薄い。2~3月の株式相場は年間で最も材料の乏しい時期が理由に挙げられる。今後の注目法人税減税のタイミングである。株式相場の懸念材料は法人税と個人所得減税の成立の早さ次第で経済活動に影響が出る。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.