[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「法務省」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 テレビ朝日
スーパーJチャンネル (ニュース)

金田大臣の代わりに局長が答弁し民進党の議員が猛反発した。テロ等準備罪で答弁が危うい金田大臣に代わり、与党がこの問題の政府参考人として林刑事局長の出席を議決した。これまでに民進党階猛議員は「捜査は実行準備行為の後でないと出来ないというのが、実行準備行為がテロ等準備罪の構成要件要素であることの帰結だと思う」と主張、これに対し金田法務大臣は「実行準備行為が行われておらずテロ等準備罪が成立していない段階においては罪を犯したとは言えない。テロ等準備罪を理由に逮捕や捜索差し押さえといった強制捜査はできない」と答弁。階猛議員は「質問に答えてください。強制捜査だけでなく、捜査全般について聞いている」と繰り返し質問。この質問に、金田法務大臣の代わりに林刑事局長が代わりに答弁しようとしたところ階猛議員は「あなたは関係ない」と大声で怒鳴り、答弁しようとする林刑事局長の机を叩いて抗議。委員長が「私が指名しました」と説明するも、階猛議員は抗議し続けた。局長は抗議の中「嫌疑がなければその捜査が行われることはありません」と答弁した。

URL: http://www.moj.go.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月27日放送 17:30 - 18:50 TBS報道特集(特集)
共謀罪法案が衆院法務委員会で採決された翌日、時の政権や政治家などを揶揄しながら社会の息苦しさや違和感を笑いに変える風刺を武器とする「ザ・ニュースペーパー」による公演が都内で行われた。公演では共謀罪法案が槍玉に上げられた。ザ・ニュースペーパーのリーダーである渡部又兵衛氏は法案について、「法案では組織的犯罪集団の定義が曖昧で、時代が変われば風刺表現も犯罪集団とみなされるかもしれない」と懸念を示し、「自由なことが言えて、笑える社会であって欲しい」と願ってやまない。
ミュージシャンの佐野元春氏はFacebook上でアーティストとしての視座から共謀罪を危惧し、「権力者がダメと判断すればそれでアウト」と綴っている。映画監督の周防正行氏も法案に反対の声をあげ、多くの人が関わる映画製作では扱う題材も慎重にならざるを得ないと懸念した。同氏は過去に刑事司法の問題点を描いた「それでもボクはやってない」を手がけ、11年~14年まで法務省の法制審議会特別部会の委員として刑事司法の改革に携わった。今回の法案では取り調べの録音・録画を検討すると付則に盛り込み、維新の会はこの付則が法の運用のブレーキになると主張。だが、周防氏は計画段階で処罰する共謀罪の前では効果薄と指摘している。政府は共謀罪で通信傍受の対象としないとしているが、同氏は懐疑的で、「法律は解釈と運用でどうにでもなってしまう」と話す。

2017年5月27日放送 6:15 - 6:30 TBSJNNニュースJNN NEWS
老朽化された国の重要文化祭にも指定されている、奈良少年刑務所をソラーレホテルズアンドリゾーツが施設を活用する事業者募集を募ったところ優先交渉権を獲得し、ホテルへ改造する。いわゆる刑務所ホテルは日本では初。宿泊費は1泊1万2000円から1万5000円ほどになるという。

2017年5月26日放送 23:00 - 23:58 テレビ東京ワールドビジネスサテライト(ニュース)
重要文化財になっている旧奈良少年刑務所について法務省は、この建物の運営権を民間企業に売却してホテルなどの複合施設に改修すると発表した。そこで実際に内部が紹介された。中は扇状になっておりそれぞれ独居房がある。監獄をホテルとして使用し、さらに敷地内にもホテルを新設する。宿泊施設を運営するソラーレグループを主体に8社が参画して2020年の開業を目指している。

2017年5月25日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ24h
東アジア反日武装戦線の三菱重工ビルなど連続起業爆破事件で殺人などの罪に問われた死刑囚が病死した。1974年に起きた三菱重工ビル爆破事件では戦後最悪の爆弾テロ事件で、1987年に最高裁で死刑が確定していた。法務省によると2010年に多発性脊髄腫と診断され治療を受けていたが、昨日東京拘置所で死亡した。

2017年5月24日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!あさトク
日本を訪れる観光客の数が年々増えているが、一方で日本で暮らす外国人は約238万人と過去最多。そこで今日は日本にたった1人の外国人を調査。
モハメド・シャミ・ムクボイさんは来日して16年の日本でたった1人のコモロ人。コモロ連合はアフリカ大陸とマダガスカル共和国の間にある国で、面積は東京都とほぼ同じ、人口は東京都の17分の1という小さな島国。シャミさんにコモロの紙幣を見せてもらうとシーラカンスが印刷されていた。シーラカンスはコモロのシンボルなのだという。
シャミさんに日本に来て一番驚いたことを伺うと、「結婚式は全然違いますね」と話した。コモロ連合では一般的に新郎新婦別々に結婚の儀式を行なう上に、挙式期間が長く、中には1週間以上・600万円以上かける人もいるという。
シャミさんに日本に来た理由について伺った。コモロには日本車がたくさんあることから、性能の高い技術を持つ日本で最高の教育を受けに来たのだと話した。シャミさんは大学で5年間経営学を学びその後6年かけて大学院を卒業した。夢は日本で学んだ知識を活かし祖国で起業することだという。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.