[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「流通経済大」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:30 - 6:15 TBS
上田晋也のサタデージャーナル (第7号 狙いは?背景は? 急速に進む「働き方改革」)

この春に発表された「働き方革命実行計画」について、龍崎孝は、政治記者はなのでこういうものが出てくると、嘘が書いてあるなどと思って読んでしまうといい、最初に気付くのは「我が国の経済成長の隘路の根本」というところに隘路という言葉を使っていると指摘し、日本の厳しい状況を難し言葉でわかりづらく、正直に書いている、などとコメントした。そして、この計画は社会問題、経済問題をクリアにしていくもので、同時に解決していかなければ日本の未来はないよ、深刻な未来を描いているとも受け取れると分析した。

住所: 茨城県龍ケ崎市平畑120

URL: http://www.rku.ac.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月5日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!けさの関心事
加計学園の問題を巡って今月10日に閉会中審査が行われることになったが、この日、安倍総理は外遊中で不在。龍崎教授は、5日安倍総理はG20に出席するためにヨーロッパに行き、戻ってくるのが12日。そのまさに総理がいない10日に閉会中審査の参考人招致を行うと説明。前川氏はいろいろな証言をしているが国会の場で証言することから国会の審査がスタートする。ここで、様々な人の名前が出るだろうと予測。藤原審議官や和泉補佐官の名前も出るだろう。そしたら、その人達の話を聞こうという意見も出るだろうが、その必要がないとして審査を閉会するようでは安倍政権全く反省がないということになりかねない。前川氏の参考人招致の後もきちんと対応していくことが求められると解説した。自民党幹部からはメディアを攻撃する発言があった。二階幹事長は「我々は金を払って(新聞などを)買っている。落とすなら落としてみろ」と発言。麻生財務相は{マスコミは責任は何もとらない。しかも情報が間違っている」などと発言。こうした発言に対し龍崎氏は自分たちの危機感の現れと受け取っていいと解説。また、有権者は全てを見て判断すると言い、都議選もその結果の現れと解説した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.