[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「海上保安庁」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 フジテレビ
みんなのニュース (ニュース)

海面からあがる大きな水しぶき、そして大きな黒い物体。いま東京湾で目撃情報が相次いでいるクジラ。今週月曜日の午前7時ごろ千葉・富津沖で水しぶきとともに海面を跳ね上げる大きな尾びれが撮影された。さらに先月12日には横浜ベイサイドマリーナ沖で海面に水しぶきが2度ほどあがる様子。富津港へ向かった。取材に協力してくれたのは釣り船の小幡哲也船長。バードウォッチングが趣味という永尾キャスターも気合十分。今朝8時半頃海上保安庁はクジラらしき物の目撃情報で注意を呼びかけた。目撃情報があった第二海堡へ。第二海堡は東京を守る要塞として造られた人口の島。現在は一般の出入りが禁止されている無人島。付近の海面には波もなく、クジラ探しには絶好のコンディション。するとそこには海上保安庁の船も停まっていた。到着から1時間、クジラが姿を現した。その後も何度も水しぶきが見れた。クジラの体長は約5~6メートルというところ。船のすぐそばまで大接近していた。このクジラはコククジラ、明治時代以降個体数が減っていたが現在は回復が進んでいる。本来の回遊ルートだった東京湾に入るケースが増えているという。

住所: 東京都千代田区霞が関2-1-3

URL: http://www.kaiho.mlit.go.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年8月20日放送 18:00 - 18:30 TBS世界遺産火山が生んだ!小笠原諸島
できたばかりの西之島には生命は存在しない。父島も昔は同様であり、生命がどうやってたどり着いたかのポイントとして「3つのW」が挙げられた。Wの一つとして波が挙げられ、流木に乗ってきたオガサワラネブトクワガタが父島へとやってきた。

2017年8月20日放送 6:00 - 6:15 日本テレビ皇室日記(シリーズ平成)
前の侍従長、川島裕さんから話を聞く。パラオ、サイパン訪問に関わったという。陛下の慰霊の旅への思いは、戦争を知らない世代への危機感があったという。なぜサイパンだったのか。戦争の記憶を知らない世代に対し、戦争の理解を深めることが大切だと感じていた。犠牲者に心を寄せたいと感じたのだろうと語った。かつてパラオには多くの日本人が移住していた。飛行場のあったペリリュー島は激戦の地になった。日本兵はほぼ全滅した。今でも、2500人の遺骨が眠ったままだ。おととし、両陛下はパラオを訪れた。大勢の市民が2人を歓迎した。両陛下は訪問を願ってきたが、課題が多かった。ペリリュー島までの移動手段が難しかったという。本島から遠い場所だ。ご負担を心配した川島さんは、海上保安庁の巡視船「あきつしま」のヘリコプターを活用した。そして平成27年、ついにペリリュー島へ両陛下は降り立った。かつて日本軍の飛行場だった場所だ。

2017年8月18日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
山田さんは対策として大和堆の周辺海域に海上保安庁と水産庁の警備船などを投入し、海上自衛隊の艦船も導入し走り回り北朝鮮が漁業しづらい海域に入れない環境にするのが有効だとコメントした。拿捕に関しては連れてきても罰金を支払う能力もなく送還も難しく問題がのこるという。

2017年8月16日放送 16:50 - 19:00 フジテレビみんなのニュース(ニュース)
沖縄の尖閣諸島に向けて出港する中国の大漁船団には、武装した漁師が乗っている可能性もあり緊迫している。日本時間のきょう午後1時、中国政府は東シナ海での漁を解禁した。そのため祥芝漁港では多くの漁船が出港した。漁船600隻のうち半分が尖閣諸島周辺に向かうという。漁に出る人たちへの無事を願いセレモニーが行われた。尖閣諸島周辺は日本の領海の外なら中国漁船による操業が認められている。去年200~300隻の中国漁船が押し寄せ、中国海警局の船も領海侵犯を繰り返した。当時の岸田外相が駐日中国大使に抗議した。

2017年8月16日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!あさチャンNEWS
中国政府は、東シナ海の沖縄・尖閣諸島周辺海域での漁業を解禁を予定している。中国の漁船などが、日本の領海に進入を繰り返すケースが相次いでいるため、海上保安庁が尖閣諸島周辺での漁船や中国の公船の動向について警戒を強めるとともに、首相官邸では情報連絡室で情報収集や分析にあたることにしている。

refills リフィルズ

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.