[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「海上保安庁」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 16:50 - 19:00 フジテレビ
みんなのニュース (ニュース)

海面からあがる大きな水しぶき、そして大きな黒い物体。いま東京湾で目撃情報が相次いでいるクジラ。今週月曜日の午前7時ごろ千葉・富津沖で水しぶきとともに海面を跳ね上げる大きな尾びれが撮影された。さらに先月12日には横浜ベイサイドマリーナ沖で海面に水しぶきが2度ほどあがる様子。富津港へ向かった。取材に協力してくれたのは釣り船の小幡哲也船長。バードウォッチングが趣味という永尾キャスターも気合十分。今朝8時半頃海上保安庁はクジラらしき物の目撃情報で注意を呼びかけた。目撃情報があった第二海堡へ。第二海堡は東京を守る要塞として造られた人口の島。現在は一般の出入りが禁止されている無人島。付近の海面には波もなく、クジラ探しには絶好のコンディション。するとそこには海上保安庁の船も停まっていた。到着から1時間、クジラが姿を現した。その後も何度も水しぶきが見れた。クジラの体長は約5~6メートルというところ。船のすぐそばまで大接近していた。このクジラはコククジラ、明治時代以降個体数が減っていたが現在は回復が進んでいる。本来の回遊ルートだった東京湾に入るケースが増えているという。

住所: 東京都千代田区霞が関2-1-3

URL: http://www.kaiho.mlit.go.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年6月23日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
海上保安庁は21日、噴火で大きくなった小笠原諸島・西之島の新しい海図が完成したと発表した。今月30日に発行予定だったが、実際の島はさらに拡大を続けているため十分な役割を果たせない事態に。「さらに新たな海図をつくる」と表明した西之島は東京の約1000km南にあり、2013年11月に噴火。もとの海図は昨年6月に削除され、白紙になっている。昨年10月に現地調査し、このほど完成させた。しかし今年4月の再噴火で海岸線が調査時点から変わっている。1991年の航空写真に基づいて作った現在の地形図と比べると、面積は約9.4倍になっている。島の拡大で広がる領海と排他的経済水域は、海図が発行されて始めて認められる。新しくできた島が国際的に島と認められる条件は、人工ではなく自然にできたこと、周囲を水に囲まれていること、高潮時でも水面上にあること、が国連海洋法条約で定められている。まずは海上保安庁が測量し、船の安全な航行に必要な海図に干潮時の海岸線などを書き入れる。さらに国土地理院が現地入りし、陸側の等高線などを詳細に調べた陸図を作成する。陸海の両地図に島の存在を示した上で、どの自治体に編入するのかを総務省が決定し、地元自治体の意向を聞きながら島の名前を決めるという流れ。(朝日新聞/毎日小学生新聞/産経新聞)

2017年6月23日放送 0:12 - 1:00 テレビ東京じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜(元○○SP!辞めた今だから話せる…)
1999年3月に発生した北朝鮮不審船について海上自衛隊の護衛艦に乗り不審船を追跡した伊藤祐靖さん。特殊部隊を作るきっかけとなったのがこの事件であることを暴露した。偶然すれ違った1隻の漁船に目を留め、漁船の後ろにつけるよう隊員に指示をした。後部から工作船が出て来る構造となっていたため偽装船と確信した。警察権を持っていないため海上保安庁に連絡をし応援を頼んだ。海上保安庁が不審船に乗り込む瞬間に不審船は速度を上げ逃亡をした。しかし燃料不足を理由に海上保安庁の船は帰還、日本初の「海上警備行動」が発令された。不審船に対し後方50mに警告射撃を行っても止まらなかった。

2017年6月22日放送 12:00 - 12:20 NHK総合ニュース(関東のニュース)
小笠原諸島・西之島について、国土地理院は去年の現地調査に基づき26年ぶりに新地図を作成した。西之島では、平成25年11月から活発な噴火活動が続き流れ出した溶岩などで島の面積が拡大した。島の面積は約2.7平方キロメートルと元の島の約9倍に拡大し、火口付近の標高は143メートルと以前の6倍近くなっている。海上保安庁も新しい海図を完成させ、日本の領海が約70平方キロメートル拡大し、排他的経済水域が西に約50平方キロメートル拡大した。西之島の新しい地図と海図は今月30日に発行予定。

2017年6月22日放送 11:05 - 11:54 NHK総合ひるまえほっと(首都圏のニュース・気象情報)
活発な噴火活動で面積が拡大した小笠原諸島の西之島について、国土地理院は現地調査にもとづいて新しい地図を作成した。島の面積はおよそ9倍に拡大している。小笠原諸島の父島の西、およそ130キロにある西之島では、4年前の平成25年11月から活発な噴火活動が続き、流れ出した溶岩などで島の面積が拡大した。国土地理院は去年10~12月の現地調査に基づき、26年ぶりに島の地図を新しく作成した。島の面積はおよそ2.7平方キロメートルと元の島の約9倍に拡大し、河口付近の標高は143メートルと、以前の6倍近くの高さになっている。西之島については海上保安庁も今回新しい海図を完成させ、日本の領海がおよそ70平方キロメートル拡大、排他的経済水域が西に約50平方キロメートル拡大した。西之島の新しい地図と海図は今月30日に発行予定。

2017年6月22日放送 5:25 - 8:00 フジテレビめざましテレビNEWS
海上保安庁は噴火で拡大した西之島の海図が完成し、日本の管轄地域が50平方キロメートル拡大したと発表。海図は今月30日発行される。海上保安庁は去年10月から11月に調査団を派遣し、上陸調査や水深調査を行っていた。海上保安庁は今後改めて測量し、海図を更新する方針。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.