[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「総務省消防庁」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

北朝鮮の創設記念日が25日に迫る中、世界でさらなる懸念と緊張が高まっている。長崎県の佐世保基地では今朝、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」が出港。朝鮮半島周辺地域に向け航行の米空母と合流し共同訓練を検討している。共同訓練の狙いについて元海将は「日米の関係がしっかりしていることを政治的に見せる一つの軍事的手段。」と述べた。北朝鮮は去年軍の創設記念日の2日前にSLBMを1発発射しており、今月16日に撮影された核実験場で、アメリカの研究グループは「バレーボールの試合が行われているようだ。」として核実験場が待機状態に入った可能性を指摘する一方、ピョンヤンからの命令が下ればいつでも6回目の核実験を行える状況に変わりないとしている。政府は今日、都道府県の危機管理担当者に臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際住民が取るべき行動について説明した。内容は、屋外ではできるだけ頑丈な建物や地下街に避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなど。また総務省消防庁の担当者は「弾道ミサイルが飛来するおそれの場合Jアラートを通じ直ちに情報伝達すると説明、その上で弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力し早期に行うよう要請した。
国連の安全保障理事会は16日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を避難する声明を全会一致で発表。当初アメリカが作った草案で「朝鮮半島の非核化と平和的解決目指す」とする部分で「対話を通じて」とする文言が削除され、ロシアが意義を唱えた。その後の調整でアメリカがロシアの主張を受け入れ、「対話を通じて」という文言が加えられた。ヘイリー国連大使は「誰もミサイル発射や核実験を望んていないと明確にした。制裁や他の手段の検討もあり得る。」と述べた。一方トランプ大統領は「習主席を尊敬している、この問題に懸命に取り組むと確信する。」として制裁徹底などで北朝鮮に圧力を強めるよう中国に一層対応を促した 。岸田外務大臣は今日の衆院外務委委員会で韓国側の警戒態勢について「現時点で韓国軍の警戒等のレベルが上げられたということは承知しておらず、 平素の体制が維持されていると説明を受けている。」と述べた。北朝鮮の核ミサイル問題については来週25日に東京で日米韓3か国の政府高官による協議が行われることになった。6か国協議で首席代表を務める3人が、北朝鮮情勢に関する認識共有し連携を確認していく方針。

住所: 東京都千代田区霞が関2-1-2

URL: http://www.fdma.go.jp/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月22日放送 8:15 - 9:30 NHK総合週刊 ニュース深読み(ニュース)
各地で厳しい暑さが続く。きのうも日中の最高気温は兵庫・豊岡で37.3℃。全国の4分の1でことし最も高い気温を観測。きのうの東京都心では17日連続で真夏日に。九州北部豪雨の被災地でも熱中症に注意しながらの復旧作業が行われている。今月10~16日に熱中症で搬送されたのは全国で7680人(総務省消防庁まとめ)。前週比3000人余増。都内では先週熱中症で4人が死亡。室内で亡くなったのはこのうち3人でエアコンを使用せず。杉並区の80代女性は13日に親族が住宅訪ね遺体見つかる。近所の親族が頻繁に訪れる。エアコンは設置も使用せず。足立区60代女性は14日に同居家族の帰宅で遺体見つかる。死亡は14日当日か。エアコンが嫌いで設置も使用せず。練馬区1人ぐらしの女性80代は15日に近所の人が訪ね見つかる。前日の電話で調子悪いと訴える。エアコン設置も使用せず。日本医科大学付属病院・高度救命救急センターの横田裕行センター長は熱中症対策にエアコン使用は欠かせないという。熱中症は対策すれば100%防げる病気。救急隊から第一報があるが、熱中症患者の部屋は閉め切っており換気不十分とセンター長は語る。病院に来てみると高齢で熱中症が非常に多い。脳卒中の後遺症の方は自律神経の機能が低下している場合がある。糖尿病の方は末梢神経の障害で気温を感じにくい。エアコン使用で湿度が下がる点にも注目。湿度高いままだと体温調節が難しい。
環境要因の中では気温・室温も大切だが、湿度も非常に重要な要素。室温調整と湿度を下げる、この2つの効果でエアコンを使うと熱中症を防ぐことにつながる。環境省が熱中症を予防するための指標として発表したのは「暑さ指数」。暑さ指数は気温・湿度・直射日光や照り返しの光などがどのくらい当たるかなどのデータで算出。環境省のホームページでは指数を算出する比率が掲載。暑さ指数=気温の効果1:湿度の効果7:輻射熱の効果2と湿度が暑さにかなり影響する。

2017年7月21日放送 4:00 - 4:25 フジテレビめざましテレビ アクアニュースアクア400
東京の都心では32.3℃の最高気温を記録し、16日連続の真夏日となった。そうした中で東京ビックサイトで第3回猛暑対策展が行われ、最新技術でミストを細かく発生する「クールミストLine」や熱中症に効果的な「ORS経口補水塩タブレット」や熱を伝えにくい素材が使われた傘「サマーシールド 素材傘」等の様々な商品があることが紹介された。
総務省消防庁は熱中症救急搬送者数は去年5万と発表し、消費者へより一層対策を呼び掛けた。

2017年7月20日放送 15:50 - 19:00 日本テレビnews every.(ニュース)
都内では1391の公立小中学校が終業式を迎え、夏休みが始まる。1年生には初めての通知表が渡された。としまえんでは幼稚園や小学校が終わった子どもたちがプールに訪れた。東京都心は最高気温32.3℃と16日連続の真夏日となった。きょう山口県を含む九州北部で梅雨明けが発表され、福岡市ではセミの鳴き声が響いた。きょうも真夏日となった山形県の天童市では、きょう5万本のひまわりの「ひまわり迷路」が開園した。京都府宮津市では最高気温36.1℃の今年一番の猛暑日を記録した。東映太秦映画村では忍者が水をかけてくれるイベントが行われていて、忍者が熱中症に注意を呼びかけた。
きのう広島県東広島市では、屋根の修理をしていた21歳の男性が熱中症の疑いで死亡した。今年、熱中症の救急搬送者数は6月下旬から急増している。熱中症は例年、梅雨明けからお盆にかけてピークを迎える。今後は、朝も気温が下がらないため注意が必要である。関東地方の水不足は深刻で、東京や埼玉の水源である荒川水系の4つのダムでは、貯水率が平年の約6割と過去最低となっている。荒川を管理する関東地方整備局などが参加した荒川水系渇水調整会議では、荒川水系の取水制限を明日 10%から20%に引き上げると決定した。埼玉県などは、一般市民の生活に影響はないと説明しているが、このまま雨が降らなければ一般家庭や学校のプールへ影響が出る可能性もあるとのこと。

2017年7月20日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
熱中症により救急搬送された人は前週より3000人増え、全国で7680人。去年の同時期に比べ約2倍となっている。家の中や夜でも気温が下がらず熱中症になりやすいという。夜中でもクーラを使うなど対策をするよう呼びかけた。

2017年7月20日放送 6:10 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ24h
気象庁はきのう、中国から関東甲信までの梅雨明けを発表。各地ともほぼ平年並みの梅雨明け。関東でも平年に比べ雨が少なかったため、荒川水系ではダムの貯水率が6割ほどで取水制限が行われている。消防庁によると先週の熱中症で救急搬送された人は7680人にのぼった。今年最大ですでに6人が死亡している。消防庁は適切に冷房を使いこまめに水分をとるよう呼びかけている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.