[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「清水市(静岡)」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:15 - 5:40 NHK総合
小さな旅 富士の港 あたたかく〜静岡県 清水港〜

雄大な富士の姿を間近に臨む静岡市清水港。明治時代に開かれて以来、今は年間8000隻が行き交う国際貿易港だ。この日はオーストラリアからの豪華客船の入港日。豪華客船から最初に降りてきたのは日本人の男性。この男性は中村政一さん、港に出入りする船をサポートする水先人をしている。大型船は小回りがきかないため、入港するとタグボートに補助されて進む。港の状況をよく知る地元の水先人がこのタグボートに指示を出し安全に着岸させる。21歳から、外国航路の航海士や船長として7つの海を股にかけてきたという中村さん、その豊かな経験を買われ57歳で水先人に転身した。港には24時間船が出入りする。中村さんは多いときで1日4隻の船を導くという。清水に馴染みの薄い外国の船長にもひと目で分かるよう、海図に色を塗り船の到着を待つ。次々に入る入港の知らせ。外国の船員に失礼がないよう、中村さんはまず身だしなみを整える。港から4キロ、中村さんを待っていたのは全長200メートルほどのコンテナ船。ボートを寄せて中村さんはコンテナ船へと乗り移った。中村さんが真っ先に向かったのはフィリピン人の船長のもと。船長の隣に立ち、早速タグボートに指示を出す。長い航海を乗り越えてきた外国の船長にとっても、緊張が一気に高まるという着岸の瞬間。中村さんは水先人としてその責任を一手に引き受ける。入港から1時間、着岸を無事成功させた。中村さんは「この人生の最後の仕事になるのは間違いないですね、悔い無しです」と語った。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月4日放送 5:25 - 8:00 TBSあさチャン!最新ニュースアクセス数ランキング
三重県四日市港の霞ヶ浦南ふ頭で、きのう事前に設置していたアリ捕獲用のわな118個が回収された。今のところヒアリと疑われるアリは見つかっていないが、環境省は2、3日かけて捕獲されたアリを詳しく調べるという。静岡市の清水港でも緊急調査が行われ4種類のアリが発見されたが、いずれも害のない在来種のアリだった。また関係省庁によるヒアリの対策会議も行われ、環境省は全国7か所で行われている港の確認調査を14日までに終わらせると報告した。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.