[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「清水港」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:15 - 5:40 NHK総合
小さな旅 富士の港 あたたかく〜静岡県 清水港〜

雄大な富士の姿を間近に臨む静岡市清水港。明治時代に開かれて以来、今は年間8000隻が行き交う国際貿易港だ。この日はオーストラリアからの豪華客船の入港日。豪華客船から最初に降りてきたのは日本人の男性。この男性は中村政一さん、港に出入りする船をサポートする水先人をしている。大型船は小回りがきかないため、入港するとタグボートに補助されて進む。港の状況をよく知る地元の水先人がこのタグボートに指示を出し安全に着岸させる。21歳から、外国航路の航海士や船長として7つの海を股にかけてきたという中村さん、その豊かな経験を買われ57歳で水先人に転身した。港には24時間船が出入りする。中村さんは多いときで1日4隻の船を導くという。清水に馴染みの薄い外国の船長にもひと目で分かるよう、海図に色を塗り船の到着を待つ。次々に入る入港の知らせ。外国の船員に失礼がないよう、中村さんはまず身だしなみを整える。港から4キロ、中村さんを待っていたのは全長200メートルほどのコンテナ船。ボートを寄せて中村さんはコンテナ船へと乗り移った。中村さんが真っ先に向かったのはフィリピン人の船長のもと。船長の隣に立ち、早速タグボートに指示を出す。長い航海を乗り越えてきた外国の船長にとっても、緊張が一気に高まるという着岸の瞬間。中村さんは水先人としてその責任を一手に引き受ける。入港から1時間、着岸を無事成功させた。中村さんは「この人生の最後の仕事になるのは間違いないですね、悔い無しです」と語った。

住所: 静岡県静岡市清水区

URL: http://www.portofshimizu.com/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月21日放送 15:55 - 18:01 NHK総合大相撲名古屋場所(ニュース)
イオンとサッポロホールディングスは大分港と清水港を結ぶ貨物船を24日から週2往復共同で運航する。大分港からはイオンが福岡県内で製造した清涼飲料を関東地方に輸送し、清水港からはサッポロが静岡県内で委託先で製造した清涼飲料を九州地方に運ぶ。これまでトラックで輸送してきたが貨物船で大量輸送することでイオンは約15%サッポロは約6%コスト削減できる。トラックドライバー不足で物流コスト上昇は流通企業・食品メーカー共通の課題となっていて、会社の垣根を越えた共同輸送の動きが広がりを見せている。

2017年7月21日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ6:45NEWS
イオンはサッポロホールディングスと共同で船を使った輸送を始めると発表した。両者は今月24日から、静岡・清水港と大分港を結ぶ貨物船の定期便を共同利用する。九州で製造したイオンのプライベートブランドの飲料を静岡まで輸送し、同じ船で静岡で製造したサッポロの清涼飲料を大分まで輸送する。物流業界の人手不足が深刻化する中、一度に大量の物資を運べる海上輸送を共同利用することで、イオンでは従来比の約15% サッポロでは約6%の物流コスト削減できるという。

2017年7月10日放送 12:20 - 12:38 NHK総合ひるブラひるブラ
脂が乗った静岡・清水自慢のマグロを紹介。切りたての「背トロ」を磯山さんが試食し、「食感がいい」とコメント。背中の部分は脂が細かく、独特な食感が特徴で、マグロの中でも取れたり取れなかったりするため貴重な部分だという。静岡の人はマグロが大好きだといい、静岡市の年間購入量は”日本一”で、1世帯あたり6.4kg。切り身で6.4kgを再現し紹介し、全国平均の3倍だという。マグロの「かま」を売っている店を紹介。店の主人によると、”南まぐろ”と”本まぐろ”は冷たい海を泳いでいるため脂が乗っていておいしく、”目鉢まぐろ”は食べやすい中トロくらいの魚だという。一番脂が乗っているのは”本まぐろ”で、マグロの王様ともいわれていて、先程煮付けを食べたという磯山さんは「脂が乗っていておいしかった」とコメント。清水港には魚屋が多くあるという。

2017年7月8日放送 5:15 - 5:40 NHK総合小さな旅(オープニング)
オープニング映像。きょうは「富士の港 あたたかく 〜静岡県 清水港〜」。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.