[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「清水港」 に関するテレビ情報

2017年5月20日放送 5:15 - 5:40 NHK総合
小さな旅 富士の港 あたたかく〜静岡県 清水港〜

古くはお茶の輸出で栄えた清水港。港の近くのお茶屋で、沢山の箱をトラックに詰めている人たちに出会った。小原加代子さんは夫・直行さんとともに港に来る船に、食べ物や日用品を売りに行くという。夜7時前、2人が向かったの入港したばかりのアメリカとの定期航路船。2ヶ月に1度やって来るにじみの船だ。小原さん夫婦は停泊している船に商品を売る、”沖売り”を続けて40年近くになる。船員の多くはフィリピンやインドの人たち、加代子さんは船員からママさんと呼ばれている。早速店開きにかかる。一番売れるのはお菓子・おつまみといった食料品。他にも靴下や石けんなど200種類以上を取り揃えている。仕事で船から降りられない船員たちにとって買い物は貴重な気分転換。船員の一人は「ママがそばにいてくれるので、必要なものが手に入ります」と話した。夫・直行さんの家がお茶の沖売りを始めたのは戦後間もなくの頃。かつては食料品からクリーニング、古物商まで10軒ほどの沖売りが出ていた。しかし今残るのは1軒だけ。この日加代子さんは40種類ものチョコレートを仕入れて待っていた。14年前からこの船に乗っているインド人の機関士、休暇で国に帰る前は必ず家族のためにチョコレートを買っていく。船の中で夜を明かすこともあるという加代子さん、70をこえ体力的な厳しさを感じることもあるというが、船員たちの喜ぶ顔が何よりの励みとなっている。

住所: 静岡県静岡市清水区

URL: http://www.portofshimizu.com/

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月21日放送 15:55 - 18:01 NHK総合大相撲名古屋場所(ニュース)
イオンとサッポロホールディングスは大分港と清水港を結ぶ貨物船を24日から週2往復共同で運航する。大分港からはイオンが福岡県内で製造した清涼飲料を関東地方に輸送し、清水港からはサッポロが静岡県内で委託先で製造した清涼飲料を九州地方に運ぶ。これまでトラックで輸送してきたが貨物船で大量輸送することでイオンは約15%サッポロは約6%コスト削減できる。トラックドライバー不足で物流コスト上昇は流通企業・食品メーカー共通の課題となっていて、会社の垣根を越えた共同輸送の動きが広がりを見せている。

2017年7月21日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ6:45NEWS
イオンはサッポロホールディングスと共同で船を使った輸送を始めると発表した。両者は今月24日から、静岡・清水港と大分港を結ぶ貨物船の定期便を共同利用する。九州で製造したイオンのプライベートブランドの飲料を静岡まで輸送し、同じ船で静岡で製造したサッポロの清涼飲料を大分まで輸送する。物流業界の人手不足が深刻化する中、一度に大量の物資を運べる海上輸送を共同利用することで、イオンでは従来比の約15% サッポロでは約6%の物流コスト削減できるという。

2017年7月10日放送 12:20 - 12:38 NHK総合ひるブラひるブラ
脂が乗った静岡・清水自慢のマグロを紹介。切りたての「背トロ」を磯山さんが試食し、「食感がいい」とコメント。背中の部分は脂が細かく、独特な食感が特徴で、マグロの中でも取れたり取れなかったりするため貴重な部分だという。静岡の人はマグロが大好きだといい、静岡市の年間購入量は”日本一”で、1世帯あたり6.4kg。切り身で6.4kgを再現し紹介し、全国平均の3倍だという。マグロの「かま」を売っている店を紹介。店の主人によると、”南まぐろ”と”本まぐろ”は冷たい海を泳いでいるため脂が乗っていておいしく、”目鉢まぐろ”は食べやすい中トロくらいの魚だという。一番脂が乗っているのは”本まぐろ”で、マグロの王様ともいわれていて、先程煮付けを食べたという磯山さんは「脂が乗っていておいしかった」とコメント。清水港には魚屋が多くあるという。

2017年7月8日放送 5:15 - 5:40 NHK総合小さな旅(オープニング)
オープニング映像。きょうは「富士の港 あたたかく 〜静岡県 清水港〜」。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.