[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「SLBM」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

北朝鮮の創設記念日が25日に迫る中、世界でさらなる懸念と緊張が高まっている。長崎県の佐世保基地では今朝、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」が出港。朝鮮半島周辺地域に向け航行の米空母と合流し共同訓練を検討している。共同訓練の狙いについて元海将は「日米の関係がしっかりしていることを政治的に見せる一つの軍事的手段。」と述べた。北朝鮮は去年軍の創設記念日の2日前にSLBMを1発発射しており、今月16日に撮影された核実験場で、アメリカの研究グループは「バレーボールの試合が行われているようだ。」として核実験場が待機状態に入った可能性を指摘する一方、ピョンヤンからの命令が下ればいつでも6回目の核実験を行える状況に変わりないとしている。政府は今日、都道府県の危機管理担当者に臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際住民が取るべき行動について説明した。内容は、屋外ではできるだけ頑丈な建物や地下街に避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなど。また総務省消防庁の担当者は「弾道ミサイルが飛来するおそれの場合Jアラートを通じ直ちに情報伝達すると説明、その上で弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力し早期に行うよう要請した。
国連の安全保障理事会は16日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を避難する声明を全会一致で発表。当初アメリカが作った草案で「朝鮮半島の非核化と平和的解決目指す」とする部分で「対話を通じて」とする文言が削除され、ロシアが意義を唱えた。その後の調整でアメリカがロシアの主張を受け入れ、「対話を通じて」という文言が加えられた。ヘイリー国連大使は「誰もミサイル発射や核実験を望んていないと明確にした。制裁や他の手段の検討もあり得る。」と述べた。一方トランプ大統領は「習主席を尊敬している、この問題に懸命に取り組むと確信する。」として制裁徹底などで北朝鮮に圧力を強めるよう中国に一層対応を促した 。岸田外務大臣は今日の衆院外務委委員会で韓国側の警戒態勢について「現時点で韓国軍の警戒等のレベルが上げられたということは承知しておらず、 平素の体制が維持されていると説明を受けている。」と述べた。北朝鮮の核ミサイル問題については来週25日に東京で日米韓3か国の政府高官による協議が行われることになった。6か国協議で首席代表を務める3人が、北朝鮮情勢に関する認識共有し連携を確認していく方針。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年7月23日放送 7:00 - 7:45 NHK総合NHKニュース おはよう日本(ニュース)
日本海で北朝鮮の潜水艦が約1週間活動していることをアメリカ政府当局者が明らかにした。潜水艦はディーゼル型のロメオ級で、通常4日程度で活動を終えるが今回は約1週間に及び、これまでで最長となっている。これによりアメリカ軍はこれまでにない特異な行動だとして目的などの分析を進めるということだ。さらにアメリカ軍は今週初めSLBM発射技術の試験実施を確認しており、またアメリカ軍は新たなICBM発射実験の準備とも取れる動きも確認していて、北朝鮮が引き続き活発な活動を続けているとして警戒を強めている。

2017年7月9日放送 7:30 - 8:25 フジテレビ新報道2001(北朝鮮)
金日成国家主席の命日に、ナンバー3のチェ・リョンヘ氏は金正恩のすぐ横にいるべきだが、隅に追いやられていた。金正恩の隣には、核ミサイル開発の担当者たちがいた。リ・ビョンチョル氏もその1人。責任者だ。リ・ビョンチョル氏はいま、注目をあびている。ビッグポテトと呼ばれ、重要人物とされている。北朝鮮指導者の研究者であるマイケル・マッデン氏は、リ・ビョンチョル氏のことを、金正恩氏の親戚だという。世界北朝鮮研究センターのアン・チャンイル氏もそのように言う。リ・ビョンチョル氏は、金正日総書記のロシア訪問に同行している。軍需産業部門を統括する立場となり、その後、SLBMの発射を成功させた。次々にミサイル発射を成功させた。親戚だからこそ失脚を恐れることなく、失敗を報告できるとマッデン氏はいう。そして、リ・ビョンチョル氏は2段式のICBMを発射成功させた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.