[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「SLBM」 に関するテレビ情報

2017年4月21日放送 19:00 - 19:30 NHK総合
NHKニュース7 (ニュース)

北朝鮮の創設記念日が25日に迫る中、世界でさらなる懸念と緊張が高まっている。長崎県の佐世保基地では今朝、海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」が出港。朝鮮半島周辺地域に向け航行の米空母と合流し共同訓練を検討している。共同訓練の狙いについて元海将は「日米の関係がしっかりしていることを政治的に見せる一つの軍事的手段。」と述べた。北朝鮮は去年軍の創設記念日の2日前にSLBMを1発発射しており、今月16日に撮影された核実験場で、アメリカの研究グループは「バレーボールの試合が行われているようだ。」として核実験場が待機状態に入った可能性を指摘する一方、ピョンヤンからの命令が下ればいつでも6回目の核実験を行える状況に変わりないとしている。政府は今日、都道府県の危機管理担当者に臨時の説明会を開き、弾道ミサイルが落下した際住民が取るべき行動について説明した。内容は、屋外ではできるだけ頑丈な建物や地下街に避難するか物陰に身を隠すこと、屋内では窓から離れるか窓のない部屋へ移動することなど。また総務省消防庁の担当者は「弾道ミサイルが飛来するおそれの場合Jアラートを通じ直ちに情報伝達すると説明、その上で弾道ミサイルを想定した住民の避難訓練を政府と協力し早期に行うよう要請した。
国連の安全保障理事会は16日の弾道ミサイル発射を受け、北朝鮮を避難する声明を全会一致で発表。当初アメリカが作った草案で「朝鮮半島の非核化と平和的解決目指す」とする部分で「対話を通じて」とする文言が削除され、ロシアが意義を唱えた。その後の調整でアメリカがロシアの主張を受け入れ、「対話を通じて」という文言が加えられた。ヘイリー国連大使は「誰もミサイル発射や核実験を望んていないと明確にした。制裁や他の手段の検討もあり得る。」と述べた。一方トランプ大統領は「習主席を尊敬している、この問題に懸命に取り組むと確信する。」として制裁徹底などで北朝鮮に圧力を強めるよう中国に一層対応を促した 。岸田外務大臣は今日の衆院外務委委員会で韓国側の警戒態勢について「現時点で韓国軍の警戒等のレベルが上げられたということは承知しておらず、 平素の体制が維持されていると説明を受けている。」と述べた。北朝鮮の核ミサイル問題については来週25日に東京で日米韓3か国の政府高官による協議が行われることになった。6か国協議で首席代表を務める3人が、北朝鮮情勢に関する認識共有し連携を確認していく方針。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月29日放送 6:00 - 7:00 NHK総合NHKニュース おはよう日本(速報)
けさ北朝鮮からミサイルが発射され、日本政府はEEZ内に着水する可能性があると発表。韓国通信社は北朝鮮が何らかの飛しょう体を発射したとして、情報収集を急いでいる。防衛省は飛行コースなど詳しい分析を進めている。
北朝鮮のミサイル発射について、ここまでの情報を解説。これまで北朝鮮は11発のミサイルを発射しており、これで12発目。韓国・聯合ニュースも北朝鮮が何らかの飛しょう体を発射したと発表、情報収集を急いでいる。北朝鮮は今月21日にも弾道ミサイルを発射しており、SLBMを地上配備型に改良した北極星2型で、金正恩が量産を指示したと発表していた。また火星12型については、ハワイとアラスカを射程圏内に収めていると発表している。今回日本のEEZ内に落下したとすればこれで4回目、最近では3月6日にも落下している。政府は今後の対応を協議中。海上保安庁はけさ航行警報を発令、落下物を発見した場合は近づかず海上保安庁に通報するよう呼びかけている。今のところ被害情報はなし。防衛省はこのあと関係閣僚による会議を行う。外務省は事実関係の確認と、外交ルートを通じて北朝鮮に抗議する構え。韓国の文在寅大統領は国家安全保障会議の開催を指示。北朝鮮は今回のミサイル発射についてまだ言及せず。菅官房長官がこのあと6時40分ごろから首相官邸で会見を行う。27日までG7サミットが行われており、北朝鮮への圧力強化で各国が一致したところなので、今後日本政府も何らかの独自制裁をとることも考えられる。
海上保安庁はけさ航行警報を出し、船舶に対し注意して通行することと、落下物発見の際には近づかず海上保安庁に通報するよう呼びかけている。今回はEEZ内への落下可能性があるということで、船舶などへ危害が及ばないように注意して対策を考える必要がある。政府はこのあと国家安全保障会議の閣僚会合を開き、情報集約と分析、今後の対策を協議する。国土交通省も航空機に注意を呼びかけており、今のところ被害情報はなし。韓国の文在寅大統領もNSCの開催を指示している。北朝鮮は今月21日にも弾道ミサイルを発射しており、SLBMを地上配備型に改良した北極星2型で、金正恩が量産を指示したと発表していた。
菅官房長官による会見。現時点で船舶や航空機への被害報告はなし。総理からは迅速な情報提供、安全確認の徹底、万全の体制をとること、の3点の指示があったと明かした。北朝鮮への強い抗議を行うことも明かした。引き続き情報収集や分析をし、何かあればすみやかに発表すると述べた。日本のEEZ内へのミサイル落下は今年3月につづいて4回目。

2017年5月25日放送 8:00 - 9:55 TBSビビットワイドショーニュース
今週日曜日「北極星2型」が発射し、技術力を誇示するような「ミサイルからの映像」を公開した。国連安全保障理事会は23日、2週連続となる緊急会合を行い日本やアメリカなどが北朝鮮の規制強化を強調した。発射は「プクチャン」付近と思われたが、約22km離れたヨンプン湖のほとりで行われたという。レーダーで察知されにく場所とされているが、党委員長が視察した場所近くであり、金正恩氏は「科学者のための保養所」と話したという。科学者の中にいると指摘する元韓国防衛省分析官・高永氏は「党軍需工業部・副部長というミサイル技術の天才的な能力と技術力を持つ人がと言われている」などコメントした。ロケット・ミサイル開発の総責任者で、天才科学者と呼ばれており、光明星4号の総指揮でもある。6日のミサイル発射の祝賀会では、金正恩の夫人の隣にうつし出されていた。たばこを持つ姿もあり、今月14日には火星12型が高度約2000キロ飛んだ時も一緒にいる姿がうつしだされていた。

2017年5月24日放送 15:50 - 19:00 TBSNスタ630関心事
ミサイル発射を繰り返す北朝鮮では急速な技術の進歩が新たな脅威となっている。開発の立役者は天才科学者・金正植氏だ。正植氏はミサイル関連ニュースに頻繁に登場しており、「光明星4号」発射成功の祝賀会では金正恩夫妻の間に笑顔で映っている。正恩体制の核・ミサイル活動は先の政権と比べ圧倒的に増加しているが、正植氏が注目されるのと比例して去年の実験回数も急増した。正恩氏は「失敗の責任は問わない どんどん実験せよ」というスタイルで、実験が成功する「未来科学者通り」の住居を無償提供するなどのアメも与えている。
今月21日に発射された「北極星2型」はプクチャンではなくヨンプン湖だとみられる。周辺を山々に囲まれたこの場所はレーダーで察知されにくいという。また科学者のため「ヨンプン湖科学者保養所」も設置されている。施設内には託児所なども設けられており、金正恩党委員長が科学技術者を大切にしていることが伺える。そして技術の進歩は市民レベルでもみられるようになった。

2017年5月23日放送 10:25 - 13:55 TBSひるおび!(ニュース)
北朝鮮によるミサイル発射についてトークを展開した。恵俊彰が「結局はアメリカもやってこないだろう、だったら自分達のペースでどんどんやっちゃおうかと、いわゆる北極星2型に関しては完成したと言ったようなもんですからね」など話し、立川志らくが「これだけ挑発してるってことは水面下では5カ国が徹底的に考えて、一旦無視するのはどうですか。でも黒幕がいる可能性もあるからね」など話し、福本容子が「戦うのが目的だったら自分の戦力、技術力は最高の機密情報だが、進歩を見せているというのは自分達を立派な核保有国と認めて同じ対等な立場で交渉しようとアピールしていると思う」など話した。(読売新聞 / 日本経済新聞)

2017年5月23日放送 4:55 - 8:00 テレビ朝日グッド!モーニングニュースまとめ24h
北朝鮮がおととい発射した中距離弾道ミサイル「北極星2」の打ち上げ映像が公開された。移動式発射台が垂直に立てられ、ミサイルを発射。「北極星2」は潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を地上配備型に改造したもので、発射の時間や場所などの特定が困難となる。発射実験に立ち会ったという金正恩委員長は「百点満点で完璧だ。完全に成功した戦略兵器だ」と述べた。また、ミサイルに搭載されたカメラで宇宙から地球を撮影したとする映像も公開され、 金委員長は「渡したちが打ち上げたロケットで地球を撮影したものを見ると、本当に気分がいい。世界がすべて美しく見える」と述べたという。(朝鮮中央テレビより)北朝鮮のミサイル開発は最終段階にあるとされ、各国は警戒感を強めている。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.