[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「牧之原市(静岡)」 に関するテレビ情報

2017年1月12日放送 2:30 - 2:55 NHK総合
所さん!大変ですよ あの“恐怖の鬼”が消えた!? in秋田

東京・小金井市の寺では除夜の鐘を辞めてしまった。その理由は、寺の工事の際に鐘の場所を住宅に近い所に移した結果、付近の住人から苦情が来たからだという。工事の後、あまりに住宅に近い場所に出来た鐘に付近の住民は懸念を抱いていた。そしてある日、夜中に住職が不在の時に、何者かが勝手に鐘を鳴らした結果、その音に驚いた住民が皆、家から飛び出した。結果、住民は「鐘をつかないでほしい」と寺に申し入れた。裁判所でも調停の結果、鐘を鳴らす場合は防音パネルを設置することで住民は合意した。
調べてみると、除夜の鐘対する批判が各地で寄せられていることが分かった。結果として富山・高岡市の鐘メーカーには、最近は「あまり鳴らないで欲しい」という依頼が舞い込むようになったという。これまで依頼は全て断ってきたというが、それでも静かな鐘を求める鐘の気持ちも分かるという。
静岡県牧之原市の寺では、かつては苦情により一旦は除夜の鐘を取りやめたが、1年前の大晦日に昼間に鐘を108回突いた所、苦情は皆無であり、今年は大勢の住民が「除夕の鐘」を突きに来ていた。住職は「もちろん苦肉の策。でもお寺の方も変化しないと」と語った。除夜の鐘の変更・中止をしたケースは去年だけで15か所以上存在したことが取材で判明した。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年5月15日放送 22:00 - 22:54 フジテレビもしかしてズレてる?恋愛より和の趣味優先?ズレ女調査
梅宮万紗子は茶道歴10年で腕前は師範クラス。そして今、若い女性を中心にお茶が最注目されはじめている。日本茶専門店の東京茶寮はモダンな店内で、厳選した高級茶葉をリーズナブルな価格で提供し、世界初のハンドドリップスタイルが話題に。日本茶専門レストランGREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZUでは、抹茶のアレンジメニューが女性客に人気。
梅宮万紗子のズレコミを紹介。告発者は映画監督の飯田譲治で、自分で茶畑に行ってお茶を選ぶという。老舗日本茶園の土橋園で梅宮万紗子は、茶葉は匂いと食べてチェック。煎茶・玉露・ウーロン茶・紅茶は同じ茶葉からできており、製法が異なるだけ。新茶を求め静岡・牧之原市へ。生憎の雨で収穫が難しいのでビニールハウスへ。通常、お茶は1年で4度収穫し、中でも4、5月収穫は一番茶と呼ばれ、品質も良く、栄養分&旨味成分が豊富。茶摘みをしに中国に行ったこともあるという。収穫を終え、隣接するレストランへ。梅宮流の摘み立て茶葉の味わい方を紹介。持参したMY茶器で採れたての一番茶を味わった。

2017年5月8日放送 13:45 - 15:50 フジテレビ直撃LIVE グッディ!カッツミーのピカッとNEWSボード
今月4日、北京では黄砂に覆われていた。道行くひとはスカーフで顔全体を覆うなどしている。この黄砂がGWの日本に襲来。前橋市など今年始めて関東で観測された。今後の黄砂の行方は。今日午後2時頃の福岡市では、黄砂で街が黄色がかっている。気象庁によると、今日は西日本を中心に黄砂が飛びやすく、見通しが悪くなる。また静岡で4年ぶりに観測されるなど、東日本への影響も。明日にはこの黄砂は太平洋側へ抜けていく予報。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.