[お知らせ] 検索機能をつけました。どうぞご利用ください。
TVでた蔵トップ >> キーワード

「琴奨菊」 に関するテレビ情報

2017年3月21日放送 6:30 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本 (おはスポ)

大相撲春場所、稀勢の里は琴奨菊と63回目の対戦。通算成績は琴奨菊が勝ち越している。稀勢の里は立合いを意識していた。土俵際まで交代するも堪え、左からの突き落としで稀勢の里が勝利、9連勝となる。ぎりぎりのところだったと相手の圧力を認めた。

他にもこんな番組で紹介されています…

2017年3月27日放送 21:00 - 22:54 日本テレビ深イイ話&しゃべくり007東大卒の女性は本当に幸せなのか?
R-1ぐらんぷり当日。ゆりやんレトリィバァは、ブルゾンちえみや石出奈々子を意識していた。嫌な予感は的中し、ゆりやんは石出に敗北。ファイナルステージ進出はできなかった。石出は10年前は深イイ話の制作会社のADをしていたという。ゆりやんのもとには励ましのメールが100通以上届いていた。優勝したのは、アキラ100%。その密着の様子は4月17日の2時間SPで放送される。数日後、ゆりやんはショックを引きずりながらも野田市文化会館でライブに出演。ゆりやんはブルゾンちえみにメールを送り、感謝や尊敬をつづった長文の返信をもらった。

2017年3月27日放送 17:00 - 18:10 NHK総合ニュース シブ5時シブ5時相撲部
稀勢の里グッズの人気を紹介。両国国技館のグッズ売り場には人が詰めかけ、Tシャツやバスタオルなどのグッズが売れていた。特に人気なのはアクリルホルダーやストラップなどの小物。親子揃って稀勢の里のファンだという親子のお目当てはスモードーム。スモードームは力士のスノードームで、親子は10回回して稀勢の里のスモードームを入手。他にも番付表などが完売し、この売れ行きは若鷹以来。
稀勢の里グッズの制作風景を紹介。琴剣は元力士で現在は相撲漫画家。氏が手がけた稀勢の里の学習帳は人気で、行列に並ばないと買えないという。白鵬や琴奨菊などとも親交がある。最近は毎日稀勢の里グッズ用の絵を描いており、稀勢の里とラーメン屋で会ったときには「いっぱい描いてください」と言われたとか。昔は稀勢の里グッズの人気は無かったが、優勝を契機に人気が爆発。稀勢の里の絵を描くポイントは眉毛で、横綱に近づくにつれ眉毛が太くなっていったという。
稀勢の里人気を専門家が司会者で解説。稀勢の里がパッケージを飾るカップラーメンは発売から2週間で100万食を完売。追加販売するも凄まじい売れ行きだとか。このラーメンの経済効果は10億円以上だという。また、稀勢の里郷土後援会の会員は二ヶ月で二倍以上に増加。父親が稀勢の里のファンだという小山稀勢くんは、名前が稀勢の里と同じで有名人になり地元ラジオの取材も受けた。自身はプロレスラーで、夢は横綱だという。

2017年3月27日放送 13:55 - 15:50 日本テレビ情報ライブ ミヤネ屋(ニュース)
13日の金曜日に、稀勢の里は日馬富士の寄り切りで左肩を負傷した。舞の海はこの取り組みについて「日馬富士の強さと稀勢の里の課題が出た」とあげ、「高さと脇の甘さが見えた」などと話す。けがの状況は、日刊スポーツによると上腕二頭筋の損傷で、全治3か月などと報道している。萩原貞彦は、「骨折しない限りは、いい先生がいるから必ず出ると確信していた。」などと話し、アドバイスについて「隊長に関して、食事面などをアドバイスしている。今の課題は太り気味、目標としては日馬富士に対応できる技術・体。」などと語る。
14日目の稀勢の里と鶴竜との取り組みについて舞の海は、「思いと動きがバラバラ」とあげ、「14日目の相撲があったから千秋楽での奇跡があった。稀勢の里は左手が使えないと学び、千秋楽での考える時間ができた。」などと話す。また萩原貞彦は「気の弱さが出た」などと語る。
千秋楽の稀勢の里と照ノ富士の本割について舞の海は、「臨機応変の作戦力」とあげ、照ノ富士について「照ノ富士は序盤は調子良かったが終盤になって持病の膝が緩みだしたのではないか。」などと話す。萩原貞彦は「稀勢の里は高い位置で腰が割れる。本割・決定戦で腰が割れていたから対応できた。」などと話す。また萩原貞彦は、優勝後に話す機会がなくいつも落ち着いて何日か経ったら連絡がくるとのこと。

2017年3月27日放送 10:25 - 12:00 テレビ朝日ワイド!スクランブル(ニュース)
春場所で優勝した稀勢の里ついてトークを展開。山根千佳が「館内の声援が悲鳴に変わりました。今場所に関しては希望がすごくあったのにそれが絶望に変わって一気に突き落とされたような気分になりましたね」など話し、萩谷麻衣子が「横綱昇進の時に昇進の基準が甘いとかなり批判もあったので、稀勢の里としてはここは負けられないと横綱としての自負もあったんじゃないかと思いますね」など話した。

2017年3月27日放送 8:00 - 9:55 テレビ朝日羽鳥慎一モーニングショー(ニュース)
稀勢の里が大相撲春場所でけがを乗り越え奇跡の大逆転優勝を果たした。稀勢の里は照ノ富士と対戦。この3日間は試練の連続。優勝を果たし、稀勢の里も思わず涙を流した。三月場所から順調に勝ち進んできたが、日馬富士との対戦でより倒しで敗れ、土俵下に落ちてしまい負傷。緊急搬送された。誰もが休場と思った矢先、強行出場を行った。その日は横綱鶴竜に負け二敗。千秋楽を迎え、父である貞彦さんも姿を見せた。千秋楽と優勝決定戦で照ノ富士を2回破らなければならない中、見事優勝決定戦を決めた。決定戦では小手投げで逆転優勝を果たした。稀勢の里は「苦しかった分、嬉しい」と語った。何がしたいかと聞かれると「稽古ですかね」と笑みを浮かべた。

© 2009-2017 WireAction, Inc. All Rights Reserved.Powered by FUJISOFT Inc.